「僕たちがやりました」第1話 あらすじ・ネタバレと感想!

僕たちがやりました

若者たちの青春逃亡サスペンス!

『僕たちがやりました』

主演:窪田正孝

2017年7月18日(火)スタート

そこそこでよかったはずの日常が!
向かいのヤンキー高校が……

「僕たちがやりました」第1話 のあらすじ・ネタバレを書いていきます。
画像出典:https://www.ktv.jp

スポンサードリンク

「僕たちがやりました」第1話 あらすじ

凡下(ぼけ)高校2年生の増渕トビオ(窪田正孝)は、大それた夢は持たず“そこそこで生きられればいい”と考えるイマドキの高校生。

新しい彼女・新里今宵(川栄李奈)ができて浮かれている同級生の伊佐美翔(間宮祥太朗)や、

“マル”こと丸山友貴(葉山奨之)、“パイセン”こと凡下高OBの小坂秀郎(今野浩喜)と、ボウリングやカラオケに興じる、そこそこ楽しい日々を送っていた。

そんななか、ヤンキーの巣窟として知られる矢波(やば)高の市橋哲人(新田真剣佑)が仲間に指示し、凡下高の生徒を暴行する事件が頻発。

警察も傷害事件として捜査に乗り出し、刑事の飯室成男(三浦翔平)らが動き出す深刻な事態に。

トビオたちの担任教師・立花菜摘(水川あさみ)は気をもんでいた。

ある日、トビオとマルは、矢波高のヤンキーたちが暴力を振るう現場に遭遇。

マルが小声で「矢波高全員死ねー!!」と毒づいたのを市橋に聞かれてしまって怒りを買い、目をつけられてしまう。

一方トビオは、幼なじみの蒼川蓮子(永野芽郁)が、市橋と一緒に朝帰りする姿を目撃し、2人の仲が気になり…。

そしてある日、事件が起こった。

マルが市橋のグループに捕まり、ボコボコにされてしまったのだ。

血まみれの痛々しいマルにうろたえるトビオ、伊佐美、パイセンの3人。

これをあざ笑う市橋たちに怒りがこみ上げたトビオは、「アイツら殺そう、俺たちで」と復讐を誓う。

翌日、トビオ達はイタズラ半分で矢波高への復讐計画を思いつき…。

「僕たちがやりました」第1話 ネタバレ

矢波高とは

凡下(ボケ)高と道路ひとつ挟んだヤンキーの巣窟高校で、ボスの市橋哲人(新田真剣佑)が仕切っている。

なにかといえば、凡下高の生徒に絡んで拉致しボコボコにしてしまう。

ある日、凡下(ぼけ)高校2年生の増渕トビオ(窪田正孝)は、

遊び仲間の伊佐美翔(間宮祥太朗)とマルこと丸山友貴(葉山奨之)らと、橋の上から凡下高校の生徒が絡まれているのを目撃する。

僕たちがやりました
出典:https://www.ktv.jp

だが、助けようともせず見て見ぬ振り。

「あんなの、絡まれる方が悪いんだよー!」

「草食動物はライオンに食われる運命なんだよー」

アイツらとは生態系が違うんだ~俺たちは食われないように身を潜めて生きていくしかない~トビオはそう考えている。

警察も傷害事件として扱うほど、矢波高の生徒狩りはエスカレートしていく。

刑事の飯室成男(三浦翔平)らも、捜査に動き出す深刻な事態。

そんな中、トビオたちの担任教師・立花菜摘(水川あさみ)は、絶対に一人で帰らないように生徒たちに告げる。

パイセンは何者?

パイセンは、トビオが通っている凡下高OBの小坂秀郎(今野浩喜)。

親が金持ちで、無職で彼女なしの友達なし。

何かあるとすぐ金で解決してしまい、トビオらは先輩のパイセンが可哀想なので、仕方なく付き合ってます。

毎日のように、トビオらがいるフットサル部の部室にやってきます。

ある日、トビオとマルは、矢波高のヤンキーたちが暴力を振るう現場を、向かいの道路から目撃する。

見るなよ~いくよ~とトビオは言うが。

マルは小声で、「矢波高全員死ねー!!」と毒づいたのを、後ろにいたヤンキーに聞かれてしまう。

ヤンキーはボスの市橋のグループで、二人はその場で硬直状態!!

「おまえら今、おれらに喧嘩売ったよな~」

「服、今ここで全部脱げよーー!!」

もう最悪だ~マルのせいだよ~と心の中で毒づきなからも、トビオはどうしようか考えていた。

しかし、マルは言われた通りに服を脱いでいくではないか~

そこへ、高級車に乗ったパイセンが通りかかる。

「やめときやーー!!」

「うちの若いもんが何したのか知らんが、怒りは人間の最も愚かな感情でっせ~」

パイセンは車から降りてきて、ヒーロー気取りで言い放す。


出典:https://www.ktv.jp

「おまえ誰だよ~てめーふざけてんじゃねーぞ」市橋の子分がすかさず絡みつく。

「ゴチャゴチャ言わんと、えーんとちゃいまっかー!!」

パイセンはそう言って、子分に5000円札を握らせる。

「おまえこんなんで済むと思ってんのかよ~」子分が不服そうに言う。

「ハイ~ハイ~ハイ~ハイ、ほなこれでどうでっかーー!!」

パイセンはさらに一万円札を握らせる。

市橋が一言「いくぞーー!」と呟き、ヤンキーたちは引き上げていく。

伊佐美翔の彼女

伊佐美の年下の彼女・新里今宵(川栄李奈)は、巨乳で小動物系のエロかわ女子。

トビオとマルがいるフットサル部に挨拶にきます。

僕たちがやりました
出典:https://www.ktv.jp

マルは巨乳の彼女を見て「ねーなにカップ?」

「最近測ってないので、触ってみます?」

「エッーーいいの!!」

マルはニヤニヤしながら触ろうとするが、パイセンがトランプやろうぜ~と部室に入ってくる。

帰ろうとする今宵にマルが一言。

「今宵ちゃん、今度オッパイ触らせてねー!!」

「いいですよ~」今宵はニコニコしながら出て行く。

「なんかちょっと、あの子、バカだねーー!」

トビオが呆れて言うと、そこがいんですよ~と伊佐美はいう。

蓮子の朝帰り

トビオは、幼なじみの蒼川蓮子(永野芽郁)が、市橋と一緒に朝帰りする姿を、通学途中に目撃する。

蓮子は市橋と朝までクラブで踊りまくり、送ってもらったところだった。

「おまえ、昨日の奴じゃんー!」

バイクの市橋がトビオに気づいてヘルメットを脱ぐ。

ヤバイどうしよう~トビオがオロオロしていると、バイクの後ろに乗れと、市橋はいう。

市橋は、今から一人連れていくからと、仲間に携帯で連絡を取る。


出典:https://www.ktv.jp

「何してんだよー遊びいくぞー!」

市橋は、トビオの胸ぐらを掴んで離さない。

市橋が睨み付ける中、蓮子が市橋に抱きついて止める。

「やめときなよ市橋ー!トビオとは幼なじみだけど、つまらない男だよ~童貞だしねー?!」

(市橋は蓮子には頭が上がらず、彼女のいう事はよく聞く感じです。)

蓮子は「今さ~家に誰もいないから、来なよー」と市橋を誘い、二人はその場を去っていく。

(実は蓮子は、密かにトビオに想いを寄せているんです~1話ではまだその恋は進行しませんけど)

マルが拉致される

パイセンとトビオらがアミューズメント施設で遊んでいると、トイレに行ったマルが市橋の仲間に拉致される。

マルが廃工場のアジトに連れていかれると、そこには、拉致された凡下高の生徒(加藤諒)の姿が!!

マルは市橋らに毒付いた罪で、もう一人の生徒は市橋にガンを飛ばした罪。

市橋は生き残りゲームを命令する。

「僕たちがやりました」第1話
出典:https://www.ktv.jp

「殺した方が勝ちだー!3分以内に決着つけなければ、俺がおまえらを殺すーー!!」

市橋の掛け声とともに、二人は殴り合いをはじめていく。

そんな時、仲間が危機的な状況なのに、パイセンらはマルがいなくなってもローラースケートに夢中です。

マルがもう一人の生徒をボコボコにして、勝ち名乗りを上げるが。

「まだ、生きてんだろー!ちゃんと絞め殺せよーー!!」

マルは自分の身が大事なので、生徒の首を絞めていくと、その生徒は白目を剥いて完全にダウンします。

(このシーンでは、絶命したのかどうかは分かりません)

これで帰れるかと思っていたマルだったが、奥からボクサースタイルの男が姿を現す。

「ボーナスステージスタート!」

「こいつに勝ったら、帰っていいよー!」

市橋は暗い目でそう告げる。

その後、マルは一人で帰ったんだろ~と思っていたトビオらは、帰ろうとして駐車場に来る。

パイセンの車の前に、大きな箱が置かれている。

「誰だーーこんなしょうもない事するんわーー!」

箱を開けると、ボコボコにされたマルの姿が!!

すると「お届け物ですよーー!受け取って下さいー!」その光景をあざ笑いながら市橋らが見ていた。

怒りが爆発したトビオは~「アイツら殺そう、俺たちでー!」と復讐を誓う。

復讐計画

マルは元気になり、パイセンは爆弾を作って市橋らに復讐を企てる。

その夜、動物の覆面をしてパイセンとトビオらは、爆弾をセットするために矢波高に潜り込む。

爆弾といっても殺傷能力を低くして作ってあるので、奴らを驚かす程度のものだ。

彼らは、たくさんの爆弾を窓の上にセットしていく。途中、矢波高の教師に見つかるが、予定通りにセットは完了する。

門から逃げる姿を、たまたま通りかかったトビオたちの担任教師・立花が目撃する。

サングラスの男

裏社会を仕切っている謎の人物・輪島宗十郎(古田新太)がクラブで飲んでいる所へ、刑事の飯室は乗り込んでいく。

輪島の周りで不自然に人が消えており、それらはみんな輪島から金を借りていた連中だった。

「心当たりありますよね~?」

飯室は輪島を見つめるが、裏社会に通じる輪島の顧問弁護士・西塚(板尾創路)が立ちはだかる。

決行日

授業が終わったお昼休み、トビオらは屋上に向かう。やがてパイセンも来て、準備万端だった。

双眼鏡で見ると、矢波高の生徒たちはセットした爆弾には気づいていない。


出典:https://www.ktv.jp

爆弾には送信機がセットされており、パイセンは起爆スイッチを取り出す。

マルが最初にスイッチを押すと、爆弾が爆発して、校舎の窓ガラスが砕け散る。

「アホどもーーー!ざまーみろ~~!」

トビオらは大声で笑いながら、次々にスイッチを押していく。

何事かとヤンキーたちが次々に外に出てくるが、分けがわからなくてオロオロしている。

仲間と一緒にたまり場にいた市橋は、何処からか襲撃されていると報告を受ける。

ヤンキーたちが逃げ惑う中、パイセンが顎でスイッチを押した。

その時だった。

大音響が響いて爆弾が大爆発し、矢波高の校舎は火の海に包まれていく。

先ほどとは桁違いの爆弾の威力に、バイセンらは驚いて呆然とする。

矢波高はパニックとなり、爆風で吹き飛ばされたり、火に包まれた生徒たちがのたうち回る。

そんな中に、ボスの市橋も爆風を浴びて倒れていた。

 

スポンサードリンク


「僕たちがやりました」第1話 感想

どんなドラマなのか興味があったのですが、面白い~~!!!

キャラの設定が強烈で、しかも演じている俳優さんもいいです。

特に、パイセンのキャラは最高です。今野浩喜さん演技がお上手だわ~

千葉真一さんの息子・新田真剣佑さんも演技が渋くていいわね~しかも超イケメンです。

みなさん役柄に合っていて、とてもよかったです。

最後に大爆発が起きましたが、謎ですね。

誰かが仕掛けたのかな~

それとも、パイセンが仕掛けた中に混じっていたんでしょうか?

次回が注目ですね~\(^^)/

「僕たちがやりました」第1話 あらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です