「僕たちがやりました」第4話 あらすじ・ネタバレ!やっぱり俺らだ~決定的な証拠が!

僕たちがやりました

若者たちの青春逃亡サスペンス!

『僕たちがやりました』

主演:窪田正孝

フジ系 毎週火曜 よる9:00~9:54

トビオと伊佐美は辛うじて市橋らから逃げ出す。
熊野のアパートである映像を見て驚愕する……

「僕たちがやりました」第4話の
あらすじ・ネタバレを書いていきます。
画像出典:https://www.ktv.jp

スポンサードリンク

「僕たちがやりました」第4話 あらすじ

今宵(川栄李奈)のアパートに伊佐美(間宮祥太朗)と身を隠すも、市橋(新田真剣佑)と仲間たちに捕まってしまったトビオ(窪田正孝)。

爆破事件で負った大ケガがもとで体の自由を奪われた市橋は、その恨みを晴らすため、仲間にトビオを襲わせようとするが、トビオは隙を突いて逃げ出す。

そんな中、蓮子(永野芽郁)からの『今から会えない?』というメッセージに気付くトビオ。

菜摘(水川あさみ)の話をヒントにつかんだ、「矢波高の教師・熊野(森田甘路)こそが爆破の真犯人だ」という疑惑を蓮子に全て話そうと、

指定された待ち合わせ場所に向かうが、そこには刑事の飯室(三浦翔平)と話す蓮子の姿が…。

同じ頃、トビオの金を奪って姿を消したマル(葉山奨之)は熱海に逃れていた。

大金を手にしたのをいいことに夜の街で豪遊するマルは、店で知り合った女性に入れあげ、湯水のように金を使っていた…。

また事件の直後から行方をくらましているトビオ、伊佐美、マルを刑事の飯室は共犯者だと確信、パイセン(今野浩喜)への追及を強めていた。

そんななか、弁護士の西塚智広(板尾創路)がパイセンのもとに現れて…。

一方、はぐれていた伊佐美と再会したトビオは、熊野への疑惑を話す。

自分たちの無実を証明するためには、熊野の犯行の証拠をつかむしかない!と息巻く2人は、留守を狙って熊野の家に侵入。

そこで、とんでもないものを見つけて…!?

公式サイトより

「僕たちがやりました」第4話 あらすじ・ネタバレ

第3話はこちら↑

その後の状況①

トビオは隙を突いて市橋らから逃げ出す中、蓮子からの「今から会えない?」というメッセージに気付く。

蓮子は、刑事・飯室の命令で「駅前広間で待ってるね!」とトビオにメールする。

待ち合わせ場所でトビオを待つ蓮子だったが、飯室らが近くで見張っていた。

「やっぱり、こういうの出来ませんー!」

蓮子は飯室らの元へいきそう告げた時、トビオが刑事と一緒にいる蓮子を見て逃げ出す。

一方、伊佐美は今宵を逃がして市橋の仲間に拳銃で立ち向かうが、中身は水鉄砲!それでもなんとか逃げおおせて、トビオと合流する。

そんな頃、トビオの金を奪って姿を消したマル(葉山奨之)は熱海に逃れて、キャバクラで豪遊していた。

クラブ「祇園」のホステス・ウララ(おのののか)にゾッコンで、湯水のように金を使っていた….。

「僕たちがやりました」第4話
出典:https://www.ktv.jp

矢波高の教師・熊野こそが爆破の真犯人だと、トビオは伊佐美に言い切る。あの時、パイセンの散れ~という号令でトビオらは逃げた。

トビオらがセットした爆弾を見つけて、プロパンガスの所に再セットしたのが熊野だと、トビオは推理する。

「だいだい、なんであんな遅い時間に学校にいたのか、ありえないー!」

「犯人はあいつだー!俺たちは絶対に無実を証明するぞー!」

トビオと伊佐美は士気を上げて、雄叫びを上げるのである。

その頃、飯室たちは全力でトビオを追っていた。

トビオの自宅にもいき、

「空港で爆破事件の犯人が逮捕された時、お宅の息子さんがいたんです~」

飯室はそう言うと、空港でのトビオの写真を突きつける。

母親がトビオに電話するが出ないので、息子さんから連絡が来たら知らせて下さいといい去っていく。

そんな中、弁護士の西塚智広がパイセンのもとに接見に現れる。

「私は過去に何度も、警察による不当な捜査から人権を守ってきました~」

警察はまだ、決定的な証拠を何一つ掴んでいないと西塚はいう。

「彼らが今一番欲しいのは、あの爆破は自分がやりましたという、あなたの自白です~」

自白しなければ無罪放免で釈放になると、西塚は伝える。

熊野の自宅に侵入

トビオと伊佐美は熊野が犯人だという証拠を掴むため、彼を尾行をしてそのアパートを突き止める。

熊野が学校に行っている間にアパートに忍び込んだトビオらは、パソコンの中にあった映像を見て唖然とする。

そんな頃、飯室らは熊野に事件の事を聞きにいくが、彼の手に暴行されたような痣を見つけて飯室は言い放す。

「あなたは、暴力を振るった生徒たちを憎んでいた~だから爆弾を仕掛けたー!」

熊野は化学の教師でもあり、爆弾を作るのは容易だと飯室が迫ると、自分がやりましたと熊野は自供する。

自分がやった事はすべてパソコン内に記録してあると熊野はいい、飯室らはアパートに急行する。

トビオがパソコン内のデータを開くと、そこには盗撮映像が映っていた。

男子生徒の着替えや、水着姿で遊んでいる姿などの動画があったが、その中にある動画を発見する。

それは事件の前日、トビオたちが矢波高に忍び込んだ映像で、パイセンの姿が映っている。

熊野に見つかったパイセンが慌てて走って逃げる映像をよく見ると~

パイセンは小型爆弾を落としてしまい、それをプロパンガスの方へ蹴ってしまう映像だった。


出典:https://www.ktv.jp

「エッーーー!!なにこれ~~」

映像を見て、トビオと伊佐美に衝撃が走る。

その時、玄関から飯室らと共に熊野が帰って来たので、二人は慌てて窓から逃げ出す。

「やっぱ、俺たちだったんだー!」

伊佐美は、犯人は俺たちじゃない~とトビオから聞いていたので、話が違うだろ~とトビオに食ってかかる。

二人が揉み合っていると、それを見ていた警察官に職務質問され、トビオらはダッシュで逃げていく。

トビオがフェンスを乗り越えようとした所を、警官はズボンを掴んで引きずり下ろそうとする。

だが、ズボンが脱げて靴も何処かに飛んでいきながらも、トビオは逃げていく。

市橋からの呼び出し

車椅子生活を余儀なくされている市橋は、仲間の一人が蓮子の友達の由佳と付き合っているのを利用し、蓮子を誘い出す。

市橋は仲間を帰らせると、蓮子も友達を帰して二人きりになる。

爆破事件で10人が亡くなり、俺の身体がこうなったのも、全部あいつらのせいだと市橋はいう。

あいつらを全員殺したいので、居場所を教えろと市橋は迫るが、蓮子は知らないと言って帰ろうとする。


出典:https://www.ktv.jp

「知ってても、あんたには絶対言わないからー!」

蓮子が言い捨てると、車椅子から立ち上がろうとした市橋はその場に倒れてしまう。

「なんで俺なんだよーー!!他にもクソみたい奴がいっぱいいるのに…」

市橋は悔し涙を浮かべながらそう言い放し、もうバイクにも二度と乗れないんだよ~と悔しがる。

「もうこの身体は一生満足に動かせないんだ~あいつらに何もかも潰されたーー!!」

自分がこんな姿なのに、あいつらがのうのうと生きているのが許せないと、市橋は泣きながらいう。

そんな哀れんだ市橋を見て、ほんとにあいつらが何処にいるのか知らないんだよ~と告げる。

「私も言いたい事や聞きたい事があるんだ~トビオ達を一緒に探そう~」

「あんたはあいつらに復讐するため、私はこくるため~あたし、トビオの事が好きみたいなのよー!」

蓮子はそう言いながら、市橋を車椅子に乗せてあげる。

その後の状況②

下半身はパンツ一丁、しかも裸足で警官から逃げ延びたトビオは、ビルの隙間で休んでいた。

俺らがやったんだとショックを受けて、生きる希望を失いつつあった。

ゴミ箱を漁って捨てられたパンを食べている姿は、まるでホームレスそのもの。

そんな時、ほんとうのホームレスが現れて、トビオはズボンと靴を貰う事に。

トビオはホームレスの男・ヤング(桐山漣)についていく事にする。

「食いたい時食って、寝たい時寝る~」

そんな自由な事をいうヤングに感化されてしまい、トビオはかっこいい~と思うようになる。

「やりたい時に、やりたい事をやるだけ~」

「じゃ~やるかー!ケツ貸せーー!!」

そう言うと、ヤングはいきなりトビオに覆いかぶさってくる。

「ちょっと~まって~なに~なにー?誰か助けてー!」

ヤングはそっち系の人間で、トビオはズボンを脱がされてパンツに魔の手が迫り、絶対絶命の窮地に!!

一方、飯室に取り調べを受けていたパイセンは、ある映像を見せられていた。

「それ、おまえだろ~?」

その映像は、熊野のパソコン内にあったデータを押収したもので、パイソンが小型爆弾を蹴りつけて逃げている映像だった。


出典:https://www.ktv.jp

パイソンは映像を見て顔色が変わる。

「これ、小型爆弾だろ~?」

パイソンは今まさに、罪を認めて自白しようとしていた。

その頃、マルはウララの店でいつもの様に豪遊していた。

だが、50万の請求をされて払おうとしたが、すでに残りの金は5万しかなく店を叩き出される。

ウララは店の外に出てきて、マルの事は好きだがお金がないともう二度と会えないのよ~と、彼女は言い捨てる。

ウララのカモとなったマルだったが、お金がなくなったらまた盗めばいんだと、マルは泥沼にハマっていく。

それぞれがピンチになっていた時、ある派出所に矢波高の爆破事件の犯人はオラです~と言って、男が出頭してくる。

その男はパイセンによく似ており、似顔絵とそっくりだった。
【第4話 完】

スポンサードリンク


スポンサードリンク


「僕たちがやりました」第4話 感想

物語はだんだん複雑化してきました。

熊野はなんで自供したのか?

パイセンが爆弾を蹴飛ばした映像だけを見ると、犯人はパイセンらで確定ですが~

最後に、オラがやりました~と真犯人が出頭してきました。

あれは、裏社会に通じる弁護士・西塚の差金のような気がします。

次回がどうなるのか?

注目の第5話ですね~\(^^)/

「僕たちがやりました」第4話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です