「僕たちがやりました」第9話 あらすじ・ネタバレ!前代未聞の自首作戦決行!

「僕たちがやりました」第9話

『僕たちがやりました』第9話 あらすじ・ネタバレ!

主演:窪田正孝

フジ系 毎週火曜 よる9:00~9:54

若者たちの青春逃亡サスペンス!

トビオら4人は自首する事に決める。
前代未聞の自首作戦とは….

「僕たちがやりました」第9話の
あらすじ・ネタバレを書いていきます。
画像出典:https://www.ktv.jp

スポンサードリンク

「僕たちがやりました」第9話 あらすじ

市橋(新田真剣佑)が自ら命を絶ち、がく然とするトビオ(窪田正孝)。

飯室(三浦翔平)は、爆破事件で人生が一変し、生きることに不自由を覚えるようになった市橋が、自由を求めて自殺を選んだのではないかと指摘。

結局、事件の真相を市橋に隠し通したままのトビオに「こんなこと言ってもわからないか。君は今“自由”だもんね」と追い打ちをかける。

市橋への罪悪感があふれ出したトビオは「俺が殺した」と錯乱状態に。

その姿に蓮子(永野芽郁)は、トビオがただならぬ秘密を抱えていることを察する。

同じ頃、父・輪島(古田新太)に愛されていないことを思い知らされたパイセン(今野浩喜)は、

輪島への復しゅうに失敗した菜摘(水川あさみ)に「後は俺に任せて」とある決意を告げ…。

一方、飯室の言葉が頭から離れないトビオは、本当の“自由”を手に入れるための道は自首しかないと考え、決意を固める。

翌日、学校に集まった伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセンも時を同じくして、それぞれの思いから自首する覚悟を決めていた。

しかし警察に出頭しても、また輪島にもみ消されてしまうと考えた4人は、パイセンの全財産を注ぎ込み“世の中がひっくり返る最高の自首”をしようと計画。

それぞれの逃亡生活を送ってきた4人が、再び心を一つにする。そこでトビオが思いついた作戦とは…。

決行の日を前に、蓮子をデートに誘うトビオ。すべてを打ち明けようとするも言い出せず、言葉少ないトビオに蓮子は胸騒ぎを覚えるが…。

「僕たちがやりました」第9話 あらすじ・ネタバレ

第8話はこちら↑

自首する4人の想い

フットサル部の部室に4人は久しぶりに集まり、それぞれが自首する気持ちになったことを伝えていく。

マルは今まで裏切り続けた事を謝り、結局自分が好きなのはこの4人で遊ぶ時間だと気付き、みんなと一緒にいる事が一番嬉しい。

伊佐美は、今宵(川栄李奈)に子供が出来たので、彼女と子供のためにも罪を償って綺麗な身体になりたいと思った。

パイセンは、父親である闇社会のドン・輪島に会ったが、オヤジからは愛されていなく、自分はこの世にいなくてもいい人間だと分かった。

そんな自分が情けなくなり、自首してすべてをバラし、自分が生きていることをオヤジに認めさせる事だと気づいた。

トビオは、刑事の飯室に言われた言葉「一生苦しめ~」が気になってしまい、自首することが自分の生きる道だと告げる。

「じゃ~いつ自首するの?」

「え~これから?」

「たら腹食って遊んでからだよ~!」

みんな、それぞれ思惑があるが、

「警察なんかにはいかない~警察に行ってもオヤジに揉み消されるだけやん、世の中ちゃいまっかー!」

「僕たちがやりました」第9話
出典:https://www.ktv.jp

パイセンはそう言うと、ナップサックから全財産の札束を出して拡げてみせる。

「これで、世の中がひっくり返る最高の自首をしようやー!」

どうやって世の中に、自分たちの自首をアピールしたらいいのか?

いろんな案がでる中、トビオが考えた案に決定し、決行日は4日後の日曜日に決まる。

作戦決行前夜

自首作戦決行まであと3日!4人はその準備に取り掛かっていく。

フットサル部の部室で準備していると、いきなり担任の菜摘が入ってきてバレてしまう。

「絶対に危険よー!輪島に楯突いたら、みんな殺されるよー!」

菜摘は両親が輪島に命を奪われた話をし、その復讐のためにパイセンと輪島に会った事も話す。

俺たちも命懸けなんですよ~みんなはそう言うが…..

その後、決行まであと12時間と迫る中、すべての準備が完了する。

最後に旨いものでも食いに行くかとパイセンは提案するが、伊佐美は今宵の所へ、トビオは家族と過ごすからとパスする。

残ったマルとパイセンは夜の街へ繰り出していく。

伊佐美は、この3日間、毎日朝まで今宵の部屋の前で彼女が出てきてくれるのを待っていた。

「いい加減にしてよ~3日間も夜中に居座られたら、キモくて寝れないわー!」

ついに今宵が部屋から出てくるが、伊佐美に毒づく。

今宵が警察を呼ぼうとすると「お腹の子供を触らしてくれ~」伊佐美は土下座してお願いする。

「触ったらすぐ帰ってね~」今宵は受け入れると、お腹の子供を触りながら伊佐美はオイオイ泣きじゃくる。

一つだけ言いたい事があると告げ、この子の名前を考えたという。

「僕たちがやりました」第9話
出典:https://www.ktv.jp

「おまえの名前は今宵で、英語にしたら「tonight」、この子の名前は「明日男で、tomorrow」はどうかな~」

伊佐美は涙を流して今宵に告げるが想いは伝わらず、彼女は部屋に入ってしまう。

「ばっかじゃないのー!女の子だったらどうすんのよ….」

その頃、風俗に行ったマルとパイセンは満足していた。

「リトルパイセン、火~吹いたよー!」

「俺、おかわり2回しちゃいましたー!」

もう1軒いきましょう~マルはその気満々だったが、パイセンは用事があると言い出す。

ポケットからお金を出して、これで遊んでこい~彼はそういうと去っていく。

そんな時、マル君と声を掛けられると、熱海のキャバクラ嬢・ウララ(おのののか)だった。

熱海から東京に出てきたウララは「積もる話はお店でしようね~」カモを逃がさない彼女は、マルを店に連れていく。

マルは早速、ピンクのドンペリを入れて言い放す。

「会えてよかったよ~これが俺のラストピンドンだー!」

一方、パイセンは最後に菜摘と会っていた。

「もっと早く決断しとけばよかった~そしたら先生があんな事にはならずに…..」

「ほんまにゴメンなさい~」

パイセンは、もう二度と菜摘に会う事もないので、それだけを最後に言いたかった。

菜摘は、私の出来る事をするからと言い残して、去っていく。

トビオは家族ではなく、蓮子とデートして最後の夜を楽しんでいた。

デートが終わり蓮子の自宅近くまで来て、彼は言い放す。

「蓮子、別れよう~ゴメン、もう一緒にいたくないんだー!」

蓮子はショックを受けるが涙ぐんで受け入れ、二人は別れていく。

決行日

「僕たちがやりました」第9話
出典:https://www.ktv.jp

4人は、渋谷繁華街を見下ろすビルの屋上にいた。そして、日曜日の朝9時キッカリに作戦は決行された。

まずは、パイセンが操縦するドローンが屋上から飛び立ち、他の3人は手作りバズーカを構えて待機。

ドローンが渋谷のスクランブル交差点上空でホバーリングすると、バズーカから3つの弾が発射される。

同時に、ドローンから大量のチラシが投下され、3つの弾がチラシを拡散していく。

そこいら中に大量のチラシがバラ撒かれ、通行人は何なのかと、それを見る。

チラシの内容は、

「自首します~自由の森、野外音楽堂にて~輪島宗十郎、矢波高爆破事件を揉み消した闇社会の首領!謎の事件の影にこの男!」

4人の姿と特設サイトのQRコード、輪島の顔写真も載っていた。

4人はビルから街中に飛び出していき、自首しま~すと大声で叫びながらチラシをバラ撒いていく。

チラシの裏には、すぐに処分されない様に1万円札が貼り付けてある。

さらに、4人が動き回る様子を、マルが被っているヘルメットに装着したライブカメラが、ネットに生配信していく。

メインはチラシに載っている「自由の森~野外音楽堂」で、彼らはそこに向かって走り出す。

QRコードにアクセスすると、特設サイトが現れて、パイセンが事件の経緯と真相を暴露している。

そんな中、蓮子や今宵らも特設サイトを見て衝撃を受ける。

特設サイトのアクセスはグングンと上昇し、やがて4人は野外音楽堂に到着する。

ステージでは、DISH//が、このドラマの主題歌「僕たちがやりました」を歌っているライブの真っ只中だった。

4人はステージに上がると、

「僕たちに少しだけ時間を下さい~伝えたい事があるんです~お願いしますー!」

頭を下げて訴える4人に根負けして、DISH//のメンバーは彼らにステージを譲ることに。

「僕たちは、人を殺しましたー!」

マイクを持ってトビオが叫び、他の3人も叫んでいく。

「僕たちがやりました」第9話
出典:https://www.ktv.jp

「QRコードにアクセスして、揉み消された事件の真相を知ってください~」

最後にパイセンが、

「人は間違える生き物です~間違えた後にどうするかが、その人間の生きる姿や~」

「僕たちは間違えました~捕まえて下さい~」4人は手を取って観衆にアピールする。

ステージで自分たちの想いを訴える4人に、観衆は魅了されて静まり返る。

俺はこの瞬間を待っていたのかも知れない~これが俺にとっての自由なんだ~

トビオがそう思って涙ぐんでいた時だった。

「キャッアーーー!!」

悲鳴が上がると、動物のマスクを被った謎のグループが突然姿を現す。

手には大きな木槌を持って、観衆を威嚇しながらステージに上がってくる。

「おまえら、何なんだよー!」

観衆がパニックに陥る中、4人は木槌で殴られ、その場に倒れて意識を失っていく。

【第9話 完】~次回の最終回へ続く~

スポンサードリンク


スポンサードリンク


「僕たちがやりました」第9話 感想

見ごたえがあって面白かったです~

ドローンを使って、渋谷の上空でチラシをバラまく発想は凄かったです。

しかも、暴露サイトまで作って、ライブ配信も準備して、至れり尽くせりって感じで最高でした。

最後に現れた謎のグループは、輪島の手下だと思います。

輪島は秘密を暴露されたら困るので、阻止しようとしたんでしょうね。

その後、4人は謎の集団に連れ去られていくのですが、どうなってしまうのか?

次回はいよいよ最終回です~

なんか、原作を超える衝撃なラストが待っている見たいです。大注目ですね\(^^)/

「僕たちがやりました」第9話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です