「民衆の敵」第8話 あらすじ・ネタバレ!市議会のドンの逆襲!孤立する市長は….

民衆の敵

月9ドラマ
「民衆の敵」第8話 
世の中、おかしくないですか!?

主演:篠原涼子

フジ系 毎週月曜 よる9:00~9:54

智子のクーデターは成功したかに思えたが、
市役所職員の仕事放棄がはじまり…

「民衆の敵」第8話の
あらすじ・ネタバレを紹介します。

スポンサードリンク

「民衆の敵」第8話 あらすじ

佐藤智子(篠原涼子)が犬崎和久(古田新太)に対しておこなったクーデターは大成功をおさめたかに思えた。

智子への市民の人気も高まったからだ。

智子は平田和美(石田ゆり子)協力のもと、自ら秘書選定などを進める。しかし、犬崎の壁は厚かった…。

それは市役所職員の仕事放棄から始まる。窓口業務以外の職員が仕事をボイコット。

犬崎派の前田康(大澄賢也)は、智子が精神的に不安定だという風評を記者に流して人気失墜を企てる。

犬崎は派閥の幹部らを事務所に集め、智子を落とすためにはもう一押しだと、げきを飛ばした。

そんな犬崎に、藤堂誠(高橋一生)が智子から副市長就任の打診があったと明かす。

誠は自分が副市長になれば今の市政の混乱を解決できると犬崎に突きつける。

「民衆の敵」第8話 あらすじ・ネタバレ

第7話はこちら↑

不倫騒動

事務所を出た藤堂を、犬崎派の小出未亜(前田敦子)が追いかけてきた。

藤堂は副市長になる気はないが、智子から打診があったといえばこの状況を考え直すのではないかと思っていた。

市長の味方なのか?との未亜の質問に、藤堂は民衆の味方だという。

「政治家は常に、民衆の味方であるべきじゃないですか~」

そんな中、役所職員のボイコットに手詰まりを覚えた智子は新人研修室へ行って一休み。

民衆の敵
出典:http://www.fujitv.co.jp

こうなったら、役所の人に土下座してみるとか?園田龍太郎(斎藤司)は冗談半分いう。

智子の政策「みんなが幸せになりましょう~」

思えばいい政策だが、ざっくりで何しても何しなくてもあまり変わらない感じで、よく分からないと未亜はいう。

犬崎たちがやってくれたことを、自分が出来るようにするしかないと、智子は改めて思う。

そんな時、スキャンダル記事が報道される。

【寝取られ美人市長、理想のイクメン夫の裏切り】

智子の夫・公平(田中圭)の不倫疑惑の記事で、なんと不倫相手は和美だった。

地元の副産物展でPRイベントに出席していた智子の元へ、マスコミが殺到する。

智子はニュースを見ていなかったので、何のことだがわからず….

一方、記事を見て公平の母親がすっ飛んでくる。

公平はあり得ないと否定するが「火のないところに煙は立たない~」世間はそうは見ませんよと、母親は激怒する。

さらに、公平が家事をしているのを見て、いつもこんな事しているのかとオロオロする。

「嫁に養ってもらって、子守させられている~」

こんな事してるからあんな記事書かれるのよと、母親は嘆き悲しむ。

大の男が仕事もしないで、家で家事してるなんて…そんな揉めている最中に和美が訪れる。

和美は、夫が専業主夫することは別におかしなことではないと言うが、

「智子さんが子供の面倒を見ればいいじゃないの~これじゃまるでヒモだわー!」母親は納得出来ない。

しかし、和美はそんな母親を見て言い放す。

家族の形は一つではない~色んな形があってもいいはずだ~同性愛者の結婚や家事に専念する男性がいてもいい~

「その多様性が認められれば、人はもっと自由になれます~」

「世の中はもっと幸せになると思います~」元新聞記者の視野の広い目線で和美は語る。

犬崎の土下座

一方その頃、智子の元へ犬崎から電話が入る。

「俺たち、子供の喧嘩をしているわけじゃないよな~」話し合いたいからすぐに来いといわれる。

犬崎は和解したいと言ってくる。

その条件は、智子が会見で発言した事の撤回で、当然の如く彼女は断る。

すると犬崎は、住民投票で過半数を取って智子をリコールに追い込むと言い捨てる。

すでに、3日間で10万人の署名が集まっており、和解かリコールか明日までに選べと犬崎は告げる。

和解する位だったら、リコールされて辞職した方がマシだと、智子はそう思っていた。

そんな頃、公平の不倫疑惑で団地の周りにマスコミが居座っているのを見て、ある行動に出る….

外で張っていたマスコミを引き連れて、公平は市長室に乗り込んでくる。

民衆の敵
出典:http://www.fujitv.co.jp

公平は智子を横に従えて、カメラの前で緊急釈明会見を開き「不倫などは一切していない~」と真実を訴える。

「俺、智ちゃんが好きなんです~だから、外で頑張って働いているのを応援したいんですー!」

世間ではそれじゃだめなんですか?公平は自分がしている事に自信を持って告げる。

一方、犬崎は「あおば市を語る会」と名目を打ち、後援会の人たちや付き合いのある議員を招いていた。

その中に、ニューポート港開発に於ける反対住民も招集していた。

反対住民やそのリーダー・井上は、市長に呼ばれたから来たが、壇上に犬崎が現れて激怒する。

「話が違う~」一行が帰ろうとすると、犬崎が突然土下座する。

「先日は、手荒な真似をして申し訳なかった~一度だけ、こちらの話を聞いてくださいー!」

すると会派の人間も全員が土下座して、お願いしますと頭を下げる。

取り敢えず話だけでも聞くかと反対住民らは席に着くと、犬崎はニューポートについて語りだす。

ニューポート港を作るとあおば市の財源が潤うが、人がおいてけぼりになるのがよくないと反対住民に共感する。

「みんな、故郷を奪うってことを忘れてしまう~」犬崎は、さらに自分の故郷を語りだす。

祖父は北海道の小さな町で漁師をやっている。大人になったら自分も漁師になるもんだと思っていた。

「だから、井上さんたちの気持ちは痛いほどわかるんです~」

すると、犬崎は何を思ったのか、漁師の歌をみんなの前で歌い始める。

それを見ていたリーダーの井上は、テーブルを叩くと「泣き落しなんかには乗らねーぞー!」と言い捨てる。

「民衆の敵」第8話
出典:http://www.fujitv.co.jp

犬崎は自分にも子供や孫がいて、

「俺の故郷は、あの小さな漁師町なんかじゃない~この町なんだー」

「この町をもっと豊かに、もっと幸せにする~その為のニューポートです~」

海を奪ってしまうが、あおば市の未来のためなんだよと、まさしく泣き落し戦術を徹底する。

リーダーの井上はバカらしくて帰ってしまうが、他の反対住民は残って犬崎の話に耳を傾ける。

最後は、惜しみない拍手が犬崎を賞賛し、語る会はお開きとなる。

打ち上げの席でなにも知らない未亜が、犬崎に語りかける。

「犬崎さんのおじいさんが漁師だったなんて、知りませんでした~」

「俺だって、知らねーよー!会った事ねーよー!」

犬崎の話は全部デタラメで、反対住民はまんまと泣き落し戦術に落ちた~ゲスは何処までもゲスだった。

市民のために

未亜は、みんなで寄って高って智子をイジメテいる見たいで、それが許せなかった。

彼女は高校の時、物凄く太っていてイジメられたが、ダイエットしたらそうされなくなった。

可愛いは正義だと思っているが、いつまでもそれでは続かない。

その代わりとなる権力を手に入れる為に、未亜は政治家になった。政治家は力、すなわち権力だと彼女は思っている。

未亜は、至急会議室に来てくださいと智子にメールする。

会議室に行くと、そこで待っていたのは若い職員たちだった。未亜が智子の為に集めてくれたのだ。

民衆の敵
出典:http://www.fujitv.co.jp

「なんか突っ走ちゃってすいません~」智子は頭を下げるが、

「分かっていますよ~我々は、市長のやり方に賛同しているからここに来ているんです~」

一人の若い職員がそう告げると、次々に市長のやりたい事を聞かせてください~とみんな智子に共感していた。

「私はもう、政治のための政治なんかもうしません~」

「市民の生活を見つめ、市民の声に耳を傾ける、ただそれだけを頑張っていきます~」

みなさんも一緒に頑張りましょうと告げると、智子は大きな拍手で迎えられる。

その様子を未亜と藤堂が見つめていた。

未亜は智子が復活しそうなので彼女に付いていく事にし、犬崎派を辞める決意をする。

市長室に戻った智子は、犬崎がリコールしようがどうでもいいと腹を括っていた。

そんな時藤堂が現れて、議員バッチを返上する。

「副市長、お引き受けしますー!」

あなたには僕が必要見たいだと聞かされると、智子は藤堂を抱きしめて大喜びするのであった。

【第8話 完】

スポンサードリンク


スポンサードリンク


「民衆の敵」第8話の感想

不倫騒動でマスコミは大騒ぎしましたが、公平がカメラの前で訴えてくれました。

旦那さんが味方になってくれて、智子はよかったですよね~

それにしても、犬崎はどこまでえげつないんでしょうね~

漁師のおじいさんの話は、すべてデタラメだったとは呆れますね。

ほんと、徹底した泣き落し戦術です~反対住民を丸め込むとは…

でも、リーダーの井上さんは相手にしなかったけど、この先どうなるんでしょうね

藤堂は副市長を了解しましたが、彼の真意は何処にあるのか?

前回、国政に行けとお兄さんから言われていたけど、今後の展開に注目です。

犬崎に反旗を翻した智子の運命はどうなってしまうのか?

ドラマはあと2回で終わりだと思います。大注目のクライマックスですね\(^^)/

「民衆の敵」第8話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です