『セシルのもくろみ』ドラマ あらすじ・キャスト~真木よう子が読者モデルに!

「セシルのもくろみ」ドラマ

専業主婦がある日突然、読者モデルへ!!
木曜劇場『セシルのもくろみ』

2017年7月13日(木)スタート
フジ系 毎週木曜 よる10:00~

主演:真木よう子

舞台は、嫉妬や野心の人間関係が渦巻くファッション雑誌業界!
~オトナのオンナたちのリアルドラマ~

「セシルのもくろみ」ドラマ のあらすじ・キャストを紹介します。
画像出典:http://www.fujitv.co.jp

スポンサードリンク

「セシルのもくろみ」ドラマ基本情報

【放送日】2017年7月13日(木)
【時 間】毎週木曜日 よる10:00~10:54
【放送局】フジテレビ系

【タイトル】「セシルのもくろみ」
【主 演】真木よう子

【原 作】唯川 恵「セシルのもくろみ」(光文社文庫刊)
【脚 本】 ひかわかよ(『救命病棟24時・第5期』『医龍4』『GTO・第2期』『嫌われる勇気』)

【プロデュース】 太田 大(『名前をなくした女神』『ファースト・クラス』『OUR HOUSE』) 金城綾香(『5時から9時まで』『営業部長 吉良奈津子』『俺のセンセイ』)

浅野澄美(『最後から二番目の恋』『最高の離婚』『感情8号線』)

【演 出】 澤田鎌作(『ガリレオ』『CHANGE』『不毛地帯』) 並木道子(『最高の離婚』『問題のあるレストラン』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』)

高野 舞(『救命病棟24時・第5期』『昼顔』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』)

【制 作】 フジテレビ 第一制作センター

「セシルのもくろみ」ドラマ あらすじ

主人公・宮地奈央(真木よう子)は、自分を着飾ることに興味がなく、金型仕上げ工の夫と中学1年生の息子との3人暮らしで、平凡ながら幸せな毎日を送っていた。

だが、ある日、奈央はひょんなことから人気女性ファッション誌「ヴァニティ」の編集デスク・黒沢洵子(板谷由夏)に読者モデルとしてスカウトされる。

初めは、自分とは縁のない世界に戸惑う奈央だったが、カリスマカバーモデルの浜口由華子(吉瀬美智子)や、ファッションライターの沖田江里(伊藤 歩)らと出会い、気持ちが変化していく。

徐々に、新たな世界の扉が開いていき、それまで感じたことがなかった価値観を見つけていくことに…….

「セシルのもくろみ」ドラマ 見どころ

「セシルのもくろみ」の原作は、30代から50代の主婦層に人気を誇るファッション誌「STORY」で、2008年から2010年にかけて連載され、多くの共感を呼んだ唯川恵さんの同名小説。

ドラマはファッション雑誌業界を舞台に、専業主婦・シングルマザー、独身や共働きなど、様々な立場の女性たちがいます。

彼女らの、野心や嫉妬・見栄など泥沼の人間関係がぶつかり合い、その先にある大人の女性同士の友情の熱さも注目です。

運命のいたずらで読者モデルとなった女性が、新しい世界に殴り込み、成功の階段を駆け上っていくサクセスストーリー。

「セシルのもくろみ」はファッション業界が舞台なので、モデルさんの衣装とか、業界の裏側とかも見れると思うので女性にとってはすごい興味ありますよね。

出演する女優さんは、真木よう子さんを初め美しい方ばかりですので、これもまた見どころの一つといえます。

ドラマのテーマは「女性としての生き方」女性の本当の幸せとはなんだろ?

視聴者に問いかけたり、共感させたり、心の奥底に訴えかけてくるような、そんなドラマを私は期待しています。

セシルの意味は

タイトルにある「セシル」とは、フランスの小説家・フランソワーズ・サガンの名作 『悲しみよこんにちは』の主人公・セシルが由来みたいです。

「セシルのもくろみ」ドラマ キャスト(登場人物)

宮地奈央 役・・・真木よう子


出典:http://pinky-media.jp

専業主婦

金型仕上げ工の夫と、中学1年生の息子との3人暮らし。

惣菜屋でパートしていて、日々の小さな幸せが自分の幸せだと満足している母親。

人気ファッション誌『ヴァニティ』の読者モデルとしてスカウトされ、生活が一変する。

【真木よう子・略歴】
1982年千葉県生まれ (34歳)

1998年、応募者約1000人の中からわずか5人の合格者の内に選ばれ、俳優養成所「無名塾」に入塾する。

入塾二年目にして無名塾公演『どん底』でナターシャ役に大抜擢され、半年間の旅公演に回る。

2006年『ゆれる』で「山路ふみ子映画賞」新人女優賞受賞。

2013年の主演映画『さよなら渓谷』では「ヨコハマ映画祭」「キネマ旬報ベスト・テン」などで主演女優賞を獲得。

さらに「日本アカデミー賞」で最優秀主演女優賞、『そして父になる』では最優秀助演女優賞を獲得する。

『さよなら渓谷』での演技が話題となり、注目されて一気に人気が上昇する。

【主な出演】
大河『龍馬伝』『SP』『運命の人』『最高の離婚』『MOZU』『問題のあるレストラン』映画『脳内ポイズンベリー』ほか

浜口由華子 役・・・吉瀬美智子


出典:http://matome.naver.jp

『ヴァニティ』のカバーモデル

女性のすべての要素を兼ね備えたパーフェクトな女性。

モデル業界の象徴とも言える存在で、カリスマモデル。

【吉瀬美智子・略歴】
1975年福岡県生まれ (42歳)

高校卒業後、喫茶店でのアルバイト中にスカウトされて、地元でモデルの仕事を開始する。

その後、20歳で上京し芸能事務所に所属後、ファッション雑誌『Domani』にて専属モデルをしながら、多数のCMに出演する。

30代に入ってから事務所移籍を機に、モデル業を一切辞め本格的に女優活動をはじめる。

2007年『LIAR GAME』や『ブラッディ・マンデイ』での演技をきっかけにブレークし、注目されるようになる。

【その他の主な出演】
『BOSS』『LIAR GAME 第2期』『ハガネの女』映画『神様のカルテ』『昼顔』『Dr.倫太郎』『オトナ女子』ほか

沖田江里 役・・・伊藤 歩


出典:http://topicstrendy.com

『ヴァニティ』のファッションライター

読者モデルの奈央とタッグを組むことになる。

元々はファッションブランドのPRとして働いていたが、ファッションライターに転身。

【伊藤 歩・略歴】
1980年東京都生まれ(37歳)

6才のころから雑誌のモデル等の仕事を始め、1993年、大林宣彦監督の映画『水の旅人-侍KIDS-』でデビューする。

1996年、映画『スワロウテイル』に出演したときの演技が高く評価され、日本アカデミー賞・新人俳優賞&優秀助演女優賞を受賞。

2014年の連続ドラマ『昼顔』で、主役である夫役・斉藤工の妻役で注目を集め、ブレークする。

【その他の主な出演】
映画『カーテンコール』『GANTZ』テレビ小説『おひさま』『わたしを離さないで』『営業部長 吉良奈津子』ほか

黒沢洵子 役・・・板谷由夏


出典:http://jun-imajo.com

『ヴァニティ』編集部デスク

奈央をスカウトし、ファッション業界へと引き込む。

常に冷静沈着で、策略的に物事を考える。

【板谷由夏・略歴】
1975年福岡県生まれ(41歳)

1994年から『PeeWee』の専属モデルとして活躍し、1999年『avec mon mari』で女優として映画デビューする。

『パーフェクトラブ!』でテレビドラマ初出演し、その後数多くのドラマ・映画に出演して知名度が上がっていく。

【主な出演】
『ホタルノヒカリ』大河ドラマ『篤姫』『流れ星』『ファースト・クラス』『医師たちの恋愛事情』『遺産争族』ほか

安永舞子 役・・・長谷川京子


出典:http://actresspress.com

『ヴァニティ』元No.2モデル

現在はテレビコメンテーターとして活躍する。

個性が強く自分なりの正義と仁義を持ち、バイタリティに溢れる。

【長谷川京子・略歴】
1978年千葉県生まれ(38歳)

高校3年生のときに、女性ファッション雑誌『CanCam』の専属モデルオーディションに合格。

2000年、モデル活動しながら、ドラマ『らぶ・ちゃっと』で女優デビュー。

『CanCam』を卒業後は、NTTドコモやコーセーなど10社のCMに出演し、露出量が1位となり「CMの女王」と呼ばれる。

【主な出演】
『おいしいプロポーズ』『華麗なる一族』大河『八重の桜』『ペテロの葬列』『マザー・ゲーム』映画『後妻業の女』ほか

スポンサードリンク


まとめ

ドラマ「セシルのもくろみ」は、ファッション雑誌業界の裏側が描かれていきますので、どんな世界なのか楽しみですね。

モデルさんの衣装とか、華やかな映像美も興味が湧きます。

そうした中で、女性達の嫉妬や葛藤なんかも、どんな風に演出されているのか、共感できるものはあるのか?

そんな感じでドラマを見ていくと、面白いかな~と思います。

主題歌はまだ決まっていませんので、わかりしだい追記していきます。

「セシルのもくろみ」のあらすじ・キャストを紹介しました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です