「悦ちゃん」 NHKドラマのあらすじ・キャスト!主演はユースケ・サンタマリア

「悦ちゃん」

NHK土曜時代ドラマ第2弾!

『悦ちゃん』
主演:ユースケ・サンタマリア

2017年7月15日(土)スタート
毎週土曜日 午後6:05~6:43分【連続8話】

笑って泣ける極彩色あふれるラブコメディ~

「悦ちゃん」のドラマあらすじ・キャストを紹介します。
画像出典:http://www.nhk.or.jp

スポンサードリンク

「悦ちゃん」 ドラマ基本情報

【放送日】2017年 7月15日(土) スタート<連続8回>
【時間】毎週土曜 午後6時5分~6時43分

【放送局】NHK総合
【主演】ユースケ・サンタマリア

【原作】獅子文六「悦ちゃん」
【脚本】櫻井剛:(『マルモのおきて』『表参道高校合唱部!』)

【音楽】橋本由香利:(『アニメおそ松さん』『アニメ3月のライオン』)
【演出】大原拓:(『梅ちゃん先生』『とと姉ちゃん』) 清水拓哉:(『八重の桜』『真田丸』)

【プロデューサー】家富未央:『真田丸』
【制作統括】落合将:(『鼠、江戸を疾る』『とと姉ちゃん』)

「悦ちゃん」 ドラマの見どころ

物語は、昭和10年の東京・銀座が舞台の、笑って泣ける極彩色あふれるラブコメディーです。

10歳の娘・悦子が、やもめの父・碌太郎のために、嫁探しに奔走し、候補の女性たちと恋のさや当てをする物語です。

「悦ちゃん」の主演は、NHK連続ドラマ初主演となるユースケ・サンタマリアさん。その娘・悦子役に今注目の子役・平尾菜々花さん、候補となるデパートガールに門脇麦さん。

恋のバトルを繰り広げる美人令嬢・カオル役には、NHKドラマ初出演の石田ニコルさんが演じます。

人生最大の「モテ期」がきた碌太郎を、ユースケさんがどんな風に演じるのかが、見所のひとつです。

脇役のキャストは、西村まさ彦さんや堀内敬子さん、そして真田丸で抜群の演技をした峯村リエさんなど、個性派揃いなので、物語にどんなスパイスを投じてくれるのか注目です。

ドラマで登場する華やかな昭和ファッションも見どころのひとつといえます。

「悦ちゃん」 ドラマあらすじ

昭和10年東京。

柳悦子(平尾菜々花)は歌が好きなおしゃまな10歳の女の子。

その父で、売れない作詞家の碌さん(ユースケ・サンタマリア)は、いまだに死別した妻を忘れられず、荒れた生活を送っていた。

そんな父を見て悦子は、新しい碌さんのパートナーにして、自分のママとなる、「碌さんの第2の嫁さがし」を開始する。

最初のターゲットは、自分の担任教師・村岡。

悦子は村岡をたきつけて、碌さんとのデートにこぎつけるが、なかなかうまくいかない。

次に目をつけたのが、デパートで出会った売り子の池辺鏡子(門脇麦)

鏡子は大人しい女性だが、地味で飾り気のないその人柄に悦子はひかれ、徐々に自分の母にと心を寄せていく。

だが、その頃、碌太郎の実姉・鶴代は、夫の会社の株主である銀行の令嬢で絶世の美女・カオル(石田ニコル)との見合い話を進めていた。

華やかな昭和ファッションも見どころのひとつ!

公式サイトより

「悦ちゃん」 ドラマキャスト(登場人物)

柳 碌太郎 役・・・ユースケ・サンタマリア


出典:http://www.nhk.or.jp

物語の主人公で、うだつのあがらない作詞家

3年前に妻を亡くし、娘の悦子と女中のウメとともに暮している。

妻が亡くなった後荒れた生活をしていたが、悦子のおかげで一年発起し再婚相手を探し始める。

【ユースケ・サンタマリア・略歴】
1971年大分県生まれ(46歳)

1990年代、九州時代の仲間「Z-BACK」を頼って上京し、ラテンロックバンド「BINGO BONGO」のヴォーカル・司会として加入しデビュー。

その後、音楽専門チャンネルのスペースシャワーTVでの司会、CMでの篠原ともえとの音楽ユニット「カロゴンズ」やビートたけし・トータス松本との音楽ユニット「ぢ・大黒堂」でも知名度を上げていく。

1997年、ドラマ『踊る大捜査線』の真下正義役で知名度が一気に上昇し、役者・タレントしてブレークする。

その後、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』が大ヒットし、その後のシリーズも話題になり不動の地位を築く。

踊るシリーズのスピンオフ映画『交渉人 真下正義』では、映画初主演を果たす。

【その他の主な出演】
『花村大介』『今週、妻が浮気します』『探偵の探偵』『ST 赤と白の捜査ファイル』『火の粉』ほか

柳 悦子 役・・・平尾菜々花


出典:http://www.nhk.or.jp

碌太郎の娘で、10歳のおしゃまな女の子

母・秋子が亡くなった後、元気のない父に再婚相手を探し始める。

【平尾菜々花・略歴】
2006年大阪府生まれ(11歳)

タレント養成所「テアトルアカデミー」の特待生として所属し、今注目の子役タレントです。

【主な出演】
『アンフェア』『ボーダーライン』『ぼんくら2』『五つ星ツーリスト 〜最高の旅』、CMでは『マクドナルド』『共栄ホーム』に出演しています。

婆や(ウメ) 役・・・大島蓉子


出典:http://www.nhk.or.jp

柳家の通いの女中

亡き妻・秋子がいた時から柳家で女中として働く。

【大島蓉子・略歴】
1955年宮城県生まれ (62歳)

青年座研究所を得て、昼ドラや2時間ドラマなどにも多数出演している。『トリック』シリーズでの大家・池田ハル役がハマり、知名度が上がる。

【主な出演】
『トリック劇場版シリーズ』『京都地検の女』『梅ちゃん先生』『最高の離婚』『火の粉』ほか

大林鶴代 役・・・峯村リエ


出典:http://www.nhk.or.jp

碌太郎の実姉、東邦商事の社長・大林信吾の妻

碌太郎に後添えをと思っているが、悦子とはそりが合わない。

【峯村リエ・略歴】
1964年東京都生まれ (53歳)

劇団「ナイロン100℃」のメンバーで、堤幸彦作品には多く起用されている。

大河ドラマ『真田丸』大蔵卿局 (おおくらきょうのつぼね)役で、豊臣家を守るため真田信繁によく絡んでいたのは記憶に新しいですね。

【主な出演】
『映画 ビリギャル』『HERO』『鼠、江戸を疾る2』『民王』『営業部長 吉良奈津子』ほか

大林信吾 役・・・相島一之


出典:http://www.nhk.or.jp

鶴代の夫で、東邦商事社長

株主である日下部銀行の令嬢・カオルと碌太郎との縁談を成立させ、

ビジネスのパイプにしたいと願っている。

【相島一之・略歴】
1961年埼玉県生まれ (55歳)

大学在学中に『劇団テアトルジュンヌ』に入団し、演劇を始める。

1987年、三谷幸喜が旗揚げした『東京サンシャインボーイズ』に入団し、三谷幸喜作品には常連出演している。

【主な出演】
『ショムニシリーズ』テレビ小説『花子とアン』大河『花燃ゆ』『JIN-仁-』『スペシャリスト』ほか

池辺鏡子 役・・・門脇 麦


出典:http://www.nhk.or.jp

性格の地味なデパートガール

銀座の大松の紳士服売り場に勤めている。

外国の恋愛映画に憧れて恋をしたいと内心では思っているが、父久蔵の決めた縁談を断れずにいる。

【門脇 麦・略歴】
1992年東京都生まれ (24歳)

2011年、ドラマ『美咲ナンバーワン!!』でデビューし、2013年、エーザイの「チョコラBB 」のCMで注目を浴びる。

2014年、R18+指定映画『愛の渦』ではヒロインに選ばれ、濡れ場シーンでフルヌードを披露して話題になる。

その後、日本テレビ系列の深夜ドラマ『セーラー服と宇宙人』でドラマ初主演。

門脇麦は「底知れぬポテンシャルを感じさせる女優」と、高評価するメディア評論家もいるほど、個性的でもある。

【主な出演】
大河『八重の桜』テレビ小説『まれ』『お迎えデス。』映画『愛の渦』『オオカミ少女と黒王子』ほか

池辺久蔵 役・・・西村まさ彦


出典:http://www.nhk.or.jp

小石川の貧乏長屋に暮らす指物職人

酒好きで頑固な性格の典型的な江戸っ子。

娘は自分の決めた理想的な相手と結婚することが、最大の幸福だと思い込んでいる。

【西村まさ彦・略歴】
1960年富山県生まれ (56歳)

「劇団文化座」を経て、三谷幸喜が旗揚げした「東京サンシャインボーイズ」に入団する。

三谷幸喜・脚本『古畑任三郎』シリーズでの今泉慎太郎役が当たり役となり、知名度が上がりブレークする。それ以後、テレビドラマを中心に活躍。

『古畑任三郎』ではドジ・コミカルな役を演じていたが、本来はシリアスな演技を得意としている。

『古畑』以後はシリアスな役や敵役が多くなり、最近では渋みのある演技派俳優としても人気がある。

【主な出演】
『王様のレストラン』『TEAM』『華麗なる一族』『遺留捜査 3』大河『真田丸』映画『家族はつらいよ』ほか

池辺藤子 役・・・堀内敬子


出典:http://www.nhk.or.jp

久蔵の妻

後妻で、鏡子とは血のつながりはない。

【堀内敬子・略歴】
1971年東京都生まれ(46歳)

1990年「劇団四季」附属研究所に入所し、翌年『ミュージカル李香蘭』で初舞台を踏む。

在籍中『キャッツ』『美女と野獣』『ウエストサイド物語』など数々のミュージカル作品でヒロインをつとめた。

1999年、劇団四季退団後も『レ・ミゼラブル』などの舞台に立つが、映画やテレビドラマにも出演していく。

その役に完全に成りきる演技力の高さは三谷幸喜も絶賛しており、多数の三谷作品の舞台や映画に出演している。

【主な出演】
『THE 有頂天ホテル』『CHANGE』『夜行観覧車』『ショムニ2013』『ようこそ、わが家へ』『砂の塔』ほか

日下部カオル 役・・・石田ニコル


出典:http://www.nhk.or.jp

日下部銀行頭取の娘

結婚相手に理想が高い令嬢で、すでに数十回見合いの話を断っている。

真実の愛を求めるなかで、碌太郎と出会う。

【石田ニコル・略歴】
1990年山口県生まれ (27歳)

父親がロシア系アメリカ人で母親が日本人。中学生のとき大手芸能事務所・アミューズにスカウトされる。

2010年「神コレモデルオーディション2010」でグランプリを受賞し、本格的にモデルデビューする。

【主な出演】
『ファースト・クラス』『サムライせんせい』『模倣犯』映画『CUTIE HONEY -TEARS-』ほか

日下部 絹 役・・・紺野美沙子


出典:http://www.nhk.or.jp

カオルの母

何十回も見合いを断る娘の身を案じている。夫は他界している。

【紺野美沙子・略歴】
1960年東京都生まれ (56歳)

1980年、NHK連続テレビ小説『虹を織る』のヒロインに選ばれ、お茶の間で人気が出て知名度が上がる。

その後は、多数のテレビドラマや舞台・映画、司会やナレーションなどでも活動していく。

【主な出演】
大河ドラマ『武田信玄』『HOTEL』テレビ小説『あすか』『アイム ホーム』『僕らのワンダフルデイズ』ほか

日下部一郎 役・・・矢野聖人


出典:http://www.nhk.or.jp

カオルの弟

日下部銀行の跡取り。

【矢野聖人・略歴】
1991年東京都生まれ(25歳)

2008年頃「ジャニーズ事務所」に所属していたが、目立った活動は無かった。

2010年、蜷川幸雄演出の舞台「身毒丸」主演オーディションでグランプリを受賞、テレビドラマ『GOLD』で俳優デビュー。

【主な出演】
『リーガル・ハイ』『GTO』『アイムホーム』映画『エイプリルフールズ』テレビ小説 『とと姉ちゃん』ほか

細野夢月 役・・・岡本健一


出典:http://www.nhk.or.jp

碌太郎の出入りするレコード会社(スイートレコード)専属作曲家

多数のヒット曲を持ち、大松のデパートガール鏡子にちょっかいを出す。

【岡本健一・略歴】
1969年東京都生まれ(48歳)

ジャニーズ事務所所属で、元ロックバンド「男闘呼組」のメンバー。「Hey! Say! JUMP」岡本圭人は一人息子。

「男闘呼組」の解散後は、俳優として舞台やTV等で活躍している。

大河ドラマ『真田丸』では 毛利勝永を演じて、徳川の本陣目指して敵中突破していくシーンは見ごたえがありました。

【主な出演】
大河ドラマ『秀吉』『真田丸』『不機嫌な果実』映画『ぼくのおばあちゃん』『仔犬のワルツ』『ラギッド!』ほか

春奴 役・・・安藤玉恵


出典:http://www.nhk.or.jp

スイートレコードに出入りする芸者及び歌手のうぐいす芸者

人気はいまひとつで、夢月や碌太郎とつきあいが長い。

【安藤玉恵・略歴】
1976年東京都生まれ(40歳)

早大在学中は演劇サークルにて活動し、大学卒業後は劇団「ポツドール」に所属して、看板女優として活躍する。

2003年『ヴァイブレータ』で映画デビューし、『劇団演技者』でテレビドラマ初出演。

【主な出演】
映画『夢売るふたり』『深夜食堂』『都市伝説の女』テレビ小説『あまちゃん』『64(ロクヨン)』『逃げる女』ほか

その他の人々

村岡政子 役・・村川絵梨、次作 役・・橋本淳、語り・・片岡愛之助

スポンサードリンク


まとめ

ドラマは、大衆小説家・獅子文六さんの原作をリメイクして、大胆にアレンジしています。

昭和のモダンあふれるお洒落なドラマで、なおかつ笑って泣けるラブコメディ。

恋のバトルも面白そうですが、私が注目したいのは華やかな昭和ファッションですね~

土曜時代ドラマ「悦ちゃん」のあらすじ・見所、キャストを紹介しました。

ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です