「神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~」 あらすじ・キャストは?

「神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~」

小出恵介さんは不祥事を起こし「無期限活動停止」となりました。同ドラマは放送中止となり「幕末グルメ ブシメシ!」に変更するそうです。

NHK土曜ドラマ
痛快クレーム対応型 サラリーマン物語!

『神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~』

主演:小出恵介

2017年6月10日(土)スタート
毎週土曜日 よる8:15~8:43分
NHK総合<全6回>

「神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~」のあらすじ・キャストを紹介します。
画像出典:nhk公式サイト

スポンサードリンク

「神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~」ドラマ基本情報

【放送日】2017年6月10日(土)スタート
【時間】毎週土曜日 夜 8時15分~8時43分
【放送局】NHK総合<連続6回>

【主演】小出恵介
【原作】『神様からひと言』荻原浩(「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞 )

【脚本】羽原大介(連続テレビ小説『マッサン』『誤断 』)
【音楽】中川幸太郎(『仮面ライダーシリーズ』『新・牡丹と薔薇』)

【演出】佐々木善春・中野亮平・泉並敬眞
(『マッサン』『あさが来た』『べっぴんさん』『インディゴの恋人』)

【プロデューサー】尾崎裕和(『軍師官兵衛』『マッサン』『あさが来た』)
【制作統括】真鍋斎(『ぼんくら』『コピーフェイス ~消された私~』)

「神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~」 ドラマの見所

原作は直木賞作家・荻原浩さんの『神様からひと言』で、その脚本を連続テレビ小説『マッサン』の脚本を担当した、羽原大介さんが手がけています。

食品メーカーの「お客様相談室」に望まず配属された会社員が、個性あふれる仲間たちとクレーム処理に奮闘する中で、自分の人生を見直していきます。

神様からひと言
出典:http://www.nhk.or.jp

主人公・佐倉凉平を演技派の小出恵介さんが演じ、主人公を取り巻く配役では、『あさが来た』など個性ある役が光る三宅弘城さん。

「下町ロケット」で、悪役を熱演して高評価を得た小泉孝太郎さんや、ベテラン俳優の市毛良枝さん、草笛光子さん、段田安則さんが脇を固めます。

昔と違って、最近ではちょっとした事ですぐにクレームになる世の中です。

ドラマでは食品メーカーが舞台なので、どんなモンスタークレーマーが出てくるのか~!

どんなクレーム処理をして対応するのか、そのスキルなども大いに役に立ち、見所の一つといえます。

「神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~」 ドラマのあらすじ

主人公・佐倉凉平(小出恵介)は、曲がったことが大嫌いな熱血漢。それがあだになり、正義感があふれすぎて上司と衝突してしまうこともしばしば。

大手広告会社から『珠山食品』に転職してきたのは、そのことが原因だった。またしても、着任早々の大きな会議の席で、上司とケンカをしてしまう。

失敗続きの凉平が新たに配属されたのは「お客様相談室」。昨今、話題の「モンスタークレーマー」たちに対応する、社内では最前線の部署だ。

「なんで俺がこんなところにと」始めはふてくされていた凉平だった。

そんな中「相談室」には、癖はあるけれど面白おかしい面々を発見する。遅刻魔でだらしない先輩が、実はクレーム処理の達人だったり…..!

凉平は「自分は、会社組織には合わないのではないか…..」と感じていた。

だがやがて「相談室」で個性豊かな面々に囲まれ「クレーム処理」のスキルや精神を身につけ、人間的にも成長していくのであった。

~公式サイトより~

【第1話を見終わったら、詳しいあらすじを書いていきます】

スポンサードリンク


「神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~」 キャスト(登場人物)

佐倉凉平 役・・小出恵介

神様からひと言
出典:http://www.nhk.or.jp

珠川食品『お客様相談室』担当

曲がったことが大嫌いな熱血漢だが、KYで損をすることが、しばしば。望まない部署だが、新しい自分に生まれ変わろうと奮闘する。

【小出恵介・経歴】
1984年生まれ(33歳)

『月刊De-View』の誌上オーディションに応募し、写真が掲載された。それを見た現在の事務所「アミューズ」から声が掛かり、芸能界入りする。

2005年、映画『パッチギ!』に出演し話題を集め、知名度が広がる。2008年、甲子園をテーマにした野球ドラマ『ROOKIES』が大ヒットして、一気にブレークする。

主な出演作は『ごくせん』『のだめカンタービレ』『JIN-仁-』『吉原裏同心』映画『十字架』他

宍戸由里 役・・岸井ゆきの

神様からひと言
出典:http://www.nhk.or.jp

珠川食品・元社長秘書

社長の秘密を握っており、あることをキッカケに『お客様相談室』へ移動

【岸井ゆきの・経歴】
1992年生まれ(25歳)

2009年、ドラマ『小公女セイラ』でデビューし、その後は映画・舞台にも出演活動していく。

2017年、映画『おじいちゃん、しんじゃったって。』で映画初主演

主な出演作は『Q10』大河ドラマ『真田丸』『99.9 -刑事専門弁護士-』『突然ですが、明日結婚します』他

本間吾郎 役・・三宅弘城

神様からひと言
出典:http://www.nhk.or.jp

『お客様相談室』の室長

ことなかれ主義で会社に従順し「俺は責任取らないぞ!」が口癖

【三宅弘城・経歴】
1968年生まれ(49歳)

1988年、劇団「健康」のオーディションに合格し、俳優の道を歩む。その後、劇団「ナイロン100℃」の旗揚げメンバーに入る。

ドラマ初出演は『しおり伝説〜スター誕生〜』、映画では『シコふんじゃった』に出演。

主な出演作は、大河ドラマ『新選組!』『怪物くん』『 吉原裏同心』『 あさが来た』『世界一難しい恋』他

山内 豊 役・・吉沢 悠

神様からひと言
出典:http://www.nhk.or.jp

珠川食品剣道部の元主将

『お客様相談室』ではお荷物的な存在だが、やがてその本性が現れる

【吉沢 悠・経歴】
1978年生まれ(38歳)

1997年、夢カラオケオーディションで準グランプリを受賞し、芸能界デビュー。

ドラマ初出演は『青の時代』、2003年『星に願いを』で、映画初主演を務める。

主な出演作は『動物のお医者さん』『南極大陸』大河ドラマ『平清盛』『道〜白磁の人〜』『ちょき』他

玉山政彰 役・・小泉孝太郎

神様からひと言
出典:http://www.nhk.or.jp

珠川食品の若き二代目社長

旧態依然とした会社に、新しい風を吹かせたいと意気込んでいる

【小泉孝太郎・経歴】
1978年生まれ (38歳)

実父は、元内閣総理大臣・小泉純一郎、実弟は自民党・小泉進次郎。

父が内閣総理大臣になると、芸能人志望であった孝太郎を芸能事務所が獲得に動き、イザワオフィスと契約する。

2002年『初体験』で、テレビドラマ初出演、映画『踊る大捜査線シリーズ』で知名度を上げていく。

主な出演作は、大河『義経』『炎の警備隊長』『悪党〜重犯罪捜査班』『夜行観覧車』『下町ロケット』他

佐倉君代 役・・市毛良枝

神様からひと言
出典:http://www.nhk.or.jp

凉平の母

母一人子一人で凉平を育て上げ、いつも息子を気遣う。

【市毛良枝・経歴】
1950年生まれ (66歳)

高校卒業後、文学座や俳優小劇場の養成所に入り、女優人生をスタート。

1971年『冬の華』でテレビに初出演し、1977年からのライオン奥様劇場の『嫁姑シリーズ』がお茶の間で話題になる。

このシリーズで演じた新妻のイメージから「お嫁さんにしたい女優ナンバー1」などとも呼ばれ、ブレークする。

キリマンジャロ登頂など登山経験が豊富で、日本トレッキング協会理事もしている。

主な出演作は、大河『独眼竜政宗』『官僚たちの夏』『ブルドクター』、サスペンスドラマ多数 他

吉野美津 役・・草笛光子

神様からひと言
出典:http://www.nhk.or.jp

元芸者で、先代社長のおめかけだった。

先代に知恵もお金も貸して、会社を大きくした立役者。会社の大株主で「最強のクレーマー」でもある。

【草笛光子・経歴】
1933年生まれ (83歳)

小学生からバレエを始め、1950年に松竹歌劇団に5期生として入団し、松竹映画『純潔革命』でデビューする。

華やかな貴婦人から、うらぶれた婦人まで多彩な役柄を演じ、東宝喜劇に多数出演して人気を博す。

市川崑作品の『金田一耕助シリーズ』では『犬神家の一族』を始め、すべての作品に出演し存在感を示す。

その後、1999年に紫綬褒章、2005年には旭日小綬章を受賞し、日本を代表する女優の一人となる。

主な出演作は『ありがとう』『熱中時代』『渡る世間は鬼ばかり』テレビ小説『まれ』大河『真田丸』他

篠崎 薫 役・・段田安則

神様からひと言
出典:http://www.nhk.or.jp

『お客様相談室』の凉平の教師でもあり、反面教師

遅刻魔でギャンブル好き、無責任で能天気。人として尊敬できないが、クレーム処理には天才的な才能を発揮する。

【段田安則・経歴】
1957年生まれ(60歳)

青年座附属の青年座研究所に入所し、1981年に卒業、その後劇団「夢の遊眠社」へ入団し、多くの舞台に出演する。

ドラマでは温和な役柄や迫真の悪役ぶり、シリアスもコミカルも巧みにこなす、マルチ俳優として活動している。

主な出演作は大河『秀吉』『真田丸』テレビ小説『オードリー』『不毛地帯』『ドクターX』『64(ロクヨン)』他

まとめ

ドラマのテーマが「クレーム」とういうことで、普通のドラマとは少し違う感じです。

以前、デパートを舞台にしたドラマで、クレーム処理がテーマになっているドラマを見たことがあります。

神対応か塩対応かで、お客様の満足度はガラリと変わります。

私もOL時代クレーム対応の経験から、私だったら、ああしないな~とか、そんな感じでそのドラマを見ていた記憶があります。

クレームは即、すぐに対応していかないと、お客様の怒りはドンドン増幅していきます。

このドラマでは、どんな神対応をするのか、興味津々で楽しみです。

『神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~』のあらすじ・見所、キャストを紹介しました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です