みをつくし料理帖 ドラマのあらすじ・ネタバレとキャスト!

みをつくし料理帖

土曜時代ドラマ 第1シリーズ
『みをつくし料理帖』

原作は、累計部数330万部を超える人気時代小説『みをつくし料理帖』

主演:黒木 華

2017年5月13日(土)スタート
NHK総合 毎週土曜 夜6:05~

「みをつくし料理帖」の
あらすじ・ネタバレとキャストを紹介します。
画像出典:NHK公式サイト

スポンサードリンク

「みをつくし料理帖」ドラマ基本情報

【放送日】2017年5月13日(土) スタート
【時間】毎週土曜 午後6時5分~<連続8回>
【放送局】NHK総合

【主演】黒木 華
【原作】髙田郁【みをつくし料理帖】

【脚本】藤本有紀(連続テレビ小説『ちりとてちん』大河ドラマ『平清盛』『夏目漱石 最後の恋』他)

【音楽】 清水靖晃(『さや侍』『55歳からのハローライフ』『夏目漱石の妻』他)

【演出】 柴田岳志(『坂の上の雲』『全力離婚相談』『夏目漱石の妻』) 佐藤峰世 (大河ドラマ『篤姫』『吉原裏同心』『かぶき者 慶次』)他

【制作統括】 城谷厚司:NHKエンタープライズ(『ロング・グッドバイ』『戦艦武蔵』)
山本敏彦:NHK(連続テレビ小説『純と愛』『伝七捕物帳』『忠臣蔵の恋』)他

みをつくし料理帖 見所

『みをつくし料理帖』は、大坂で生まれた天涯孤独な少女・澪(みお)が、料理の腕一本を頼りに江戸に行きます。

厳しい修業を積みながら、江戸の人情と笑いを交えて、やがて一流の女料理人になるまでの波乱万丈の物語です。


出典:http://www.nhk.or.jp/

原作は、累計部数300万部を超える人気時代小説『みをつくし料理帖』

主演のヒロインは若手演技派女優の黒木華さんで、NHKでは初主演となります。

脚本には「ちかえもん」で向田邦子賞を受賞した藤本有紀さんが書きますから、かなり期待できるのではないでしょうか

『みをつくし料理帖」は、過去にもドラマ化されているんです。2012年にパート1、2014年にパート2がテレビ朝日系列で、北川景子さん主演でドラマ化されています。

時代劇初挑戦を見事にこなした北川景子さんは高評価で、視聴率は、2012年が12.6%、2014年が10.6%で話題になりました。

原作の『みをつくし料理帖』ですが、10巻も出ているんですよ!

1.八朔の雪 「みをつくし料理帖」
2.花散らしの雨 「みをつくし料理帖」
3.想い雲 「みをつくし料理帖」
4.今朝の春 「みをつくし料理帖」
5.小夜しぐれ 「みをつくし料理帖」
6.心星ひとつ 「みをつくし料理帖」
7.夏天の虹 「みをつくし料理帖」
8.残月 「みをつくし料理帖」
9.美雪晴れ 「みをつくし料理帖」
10.天の梯 「みをつくし料理帖」

2012年のパート1の原作は「八朔の雪」と「花散らしの雨」で、パート2は未発表でした。

今回の『みをつくし料理帖』は、公式サイトのあらすじやキャストの役柄とかを見る限りでは、1~10まで全巻という感じがします。

単発ドラマではなく連続ドラマなので、ストーリーも進んでいくのではないでしょうか。

原作大ヒットの『みをつくし料理帖』を連続ドラマとしてNHKが作ったら、どんなドラマになるのかが楽しみですね。

黒木華さんが、澪(みお)をどんな風に演じていくのか、また、個性ある役者さんも多数出演しますので、見ごたえある作品になると思います。

一番の見所は、毎回登場する澪(みお)の創作江戸料理ですね。

原作では、その巻末にレシピが紹介されていますが、ドラマオリジナルの創作料理という事も考えられますね。

ドラマ見ながら、レシピを…φ(。。;)メモメモ!!

ドラマを見終わった後、詳細なあらすじを書いていく予定です。

みをつくし料理帖 あらすじ

1802年(享和2年)大坂・淀川の水害で両親を亡くし、幼なじみの野江とも生き別れ、一人ぼっちになった8歳の澪(みお)。

たまたま出会った料理屋・天満一兆庵の女将・芳(よし)に助けられ、女料理人として修業をはじめた。

板場がまだ女人禁制の時代に、天性の味覚を見込まれたのだ。

しかし、天満一兆庵が火事で焼失してしまい、澪と芳は主人の嘉兵衛とともに江戸へ出立。

不思議な縁で、蕎麦屋「つる家」の主人・種市から店で働かないかと誘われる。

上方と江戸の味付けの違いに戸惑い、ライバル店の激しい妨害に遭い、武士・小松原との身分違いの恋に悩みながらも、澪は一人前の女料理人としての道を懸命に貫いていく。

澪は“雲外蒼天(うんがいそうてん)”・・・誰も見たことのない青い空を見ることができるのか?

澪に淡い思いを寄せる医者の源斉、澪の料理の辛口ご意見番・清右衛門、気風がよくて世話好きのおりょう、

吉原一の花魁(おいらん)あさひ太夫など個性豊かな面々の厳しさと優しさに助けられながら、

ヒロイン澪は才を磨き、自分だけの“心星(しんぼし)”を探して、今日も明日も料理の腕をふるうのだった。

NHK公式サイトより

スポンサードリンク


みをつくし料理帖 キャスト(登場人物)

澪(みお) 役・・黒木 華

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

大坂生まれの女料理人。

水害で両親を亡くした後、料理屋「天満一兆庵」の女将・芳に助けられ、奉公することになる。

女料理人に抜擢されてからは、厳しい修業を積みながら、波乱に満ちた人生を歩み「つる家」で腕をふるう。

【黒木 華・経歴】
1990年3月生まれ(27歳)

高校は演劇部に所属し1年生から主役を務め、その後、京都造形芸術大学・俳優コースに進学して演技を学ぶ。

2009年、野田秀樹の演劇ワークショップに参加してオーディションに合格し、NODA公演に出演してデビューする。

2011年『東京オアシス』で映画初出演、2013年連続テレビ小説『純と愛』や『リーガルハイ』にレギュラー出演し、知名度と人気が上がっていく。

2014年『小さいおうち』で「ベルリン国際映画祭・最優秀女優賞」「日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞」も受賞し、さらに「エランドール賞新人賞」も受賞し、大ブレークする。

人物像として「昭和的・純日本的」なイメージであると評されたり「文学的な香りがする女優」とも言われている。

その他の出演作は、連続テレビ小説『花子とアン』大河『真田丸』『天皇の料理番』『重版出来!』他

小松原(こまつばら) 役・・森山未來

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

澪が料理人をつとめる「つる家」の常連客の武士。

澪の料理に対して本質をついた批評をし、澪の料理人としての生き方にも道筋を与えていく。
浪人風情だが、その正体は謎に包まれている。

【森山未來・経歴】
1984年8月生まれ (32歳)

1999年、舞台『BOYS TIME』で役者として本格デビューし、2001年『TEAM 2』でドラマ初出演。

2003年、ドラマ『WATER BOYS』にレギュラー出演し、一気にブレークする。2011年、主演映画『モテキ』が大ヒットし「毎日映画コンクール男優主演賞」などを受賞し、再び人気が上昇。

2013年、映画『苦役列車』『北のカナリアたち』で日本アカデミー賞「優秀主演男優賞・優秀助演男優賞」を受賞。

「エランドール賞新人賞」も受賞し、俳優としての演技力を高く評価される。

主な出演作は『世界の中心で、愛をさけぶ』『危険なアネキ』『僕たちの戦争』『夫婦善哉』他

永田源斉(ながたげんさい) 役・・永山絢斗

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

町医者だが、父は御典医(将軍家や大名に仕える医師)

医者の立場から、澪の料理に的確な助言を与えて励ましていく。そのうちに、澪に対して一途な思いを抱くようになる。

【永山絢斗・経歴】
1989年3月生まれ (28歳)

2007年、ドラマ『おじいさん先生』で俳優デビュー、2010年『ソフトボーイ』で映画初主演し「日本アカデミー賞新人俳優賞」を受賞

主な出演作『パズル』連続テレビ小説『おひさま』『べっぴんさん』『64(ロクヨン)』『重版出来!』他

芳(よし) 役・・安田成美

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

大坂の料理屋「天満一兆庵」の元女将。

水害で路頭に迷っていた澪を助けて以来、母親以上の愛情で澪を育てた。江戸では澪と二人で長屋暮らしで、澪からは「ご寮さん」と呼ばれている。

行方不明の佐兵衛を探し「天満一兆庵」の江戸出店を再開させたいと願っている。

【安田成美・経歴】
1966年11月生まれ (50歳)

1981年、花王ビオレのCMでデビュー、その後『ホーム・スイート・ホーム』でドラマ初出演する。

1989年、ドラマ『同級生』で主演、その後トレンディードラマブームに乗り、主演ドラマが相次いでヒットする。

1994年、映画『そろばんずく』で共演した、とんねるずの木梨憲武と結婚翌年に長男、その後二男を出産。

主な出演作は『素顔のままで』連続テレビ小説『春よ、来い』『赤と黒のゲキジョー』『朝が来る』他

嘉平衛(かへえ) 役・・国広富之

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

大坂・天満一兆庵の主人。

幼い澪の料理の才能を見抜き、女料理人として澪を育てる。

店が焼けた後、澪・芳と一緒に江戸に行くが、佐兵衛が行方不明になった事を気に病んで倒れてしまう。

【国広富之・経歴】
1953年4月生まれ(64歳)

1976年、大学卒業後、松浦竹夫演劇研究所に入所。翌年、ドラマ『岸辺のアルバム』でデビューする。

演技力と甘いルックスで話題になり、アイドル的な人気を得てブレークする。

その後『赤い絆』や『噂の刑事トミーとマツ』などがヒットして、人気ドラマで活躍して知名度が上がる。

主な出演作は、大河ドラマ『草燃える』『ふぞろいの林檎たち』『流星の絆』『島の先生』『夏目漱石の妻』他

佐兵衛(さへえ) 役・・柳下 大

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

大坂・天満一兆庵の一人息子

江戸出店を託された料理人で、まじめで腕も良かったがある時から行方不明となる。

【柳下 大・経歴】
1988年6月生まれ (28歳)

2006年、第3回D-BOYSオーディショングランプリを受賞、D-BOYSに加入してミュージカルに出演してデビュー。

多数の舞台に出演し、2012年の『タンブリング vol.3』で主演、2013年、舞台『真田十勇士』にて猿飛佐助役で出演。

主な出演ドラマは『赤い糸』『タンブリング』『花ざかりの君たちへ2011』『花咲くあした』他

種市(たねいち) 役・・小日向文世

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

澪がつとめる料理屋「つる家」の主人。

江戸の味付けに慣れない澪を長い目で暖かく見守り、応援している。

【小日向文世・経歴】
1954年1月生まれ(63歳)

1977年、23歳のとき「オンシアター自由劇場」に入団し、1996年の解散まで19年間在籍する。その後は映画・テレビなどで活躍するが端役が多かった。

2001年、47歳のとき、三谷幸喜演出の舞台『オケピ!』に出演していたところ、フジテレビの『HERO』のプロデューサーの目に止まり、メインキャストの1人として起用される。

ドラマは、全話視聴率30%超えを記録する大ヒットとなり、それを機に仕事が途切れなく入るようになる。

主な出演作は『僕の生きる道』『ダブルフェイス』『MOZU 』連続テレビ小説『まれ』NHK大河『真田丸』他

ふき 役・・蒔田彩珠

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

口入れ屋の紹介でつる家で働くようになった、まだ幼い13歳。

澪を姉のように慕っており、元は江戸の料理屋「登龍楼」で下働きをしていたが、深い訳があった。

【蒔田彩珠・経歴】
2002年8月生まれ (14歳)

7才で子役デビュー。2012年ドラマ『ゴーイング マイ ホーム』では、監督から演技を高く評価される。

主な出演は『ちびまる子ちゃん』『血の轍』『昨夜のカレー、明日のパン』『富士ファミリー2017』他

おりょう 役・・麻生祐未

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

澪と芳が住む江戸・金沢町の長屋の住人。

持ち前の気風のよさで澪と芳を助け、つる家を手伝うようになる。両親を亡くした太一を、実の息子のように大切にしている。

【麻生祐未・経歴】
1963年8月生まれ (53歳)

青山学院大学在学中、1983年映画『あいつとララバイ』でデビュー。その後、グラビア活動し1985年「カネボウ水着キャンペーンガール」に選ばれて話題になりブレークする。

ドラマ『男女7人秋物語』などにも出演し、1988年にはトレンディドラマ『君が嘘をついた』でヒロインを務める。

主な出演作は『JIN-仁-』連続テレビ小説『カーネーション』『天皇の料理番』『わたしを離さないで』他

伊佐三(いさぞう) 役・・小林正寛

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

おりょうの夫で、寡黙で心優しい巨漢の大工職人。

つる家を手伝ったり、落ち込む澪を励ましたりと、いざというときに男気を発揮する。

【小林正寛・経歴】
1971年5月生まれ(45歳)

1995年、劇団青年座に入団。1998年『聖者の行進』『青の時代』『GTO』と立て続けに出演して注目を集める。

2003年に出演した『白い巨塔』で、演技力を評価されて役者としての地位を確立する。

その他の出演作は『ハゲタカ』NHK大河『功名が辻』『美しい隣人』『癒し屋キリコの約束』他

あさひ太夫(たゆう) 役・・成海璃子

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

吉原・翁屋の花魁。

吉原一の美貌だが、表には姿をあらわさないため幻の花魁とも言われている。

【成海璃子・経歴】
1992年8月生まれ(24歳)

1997年にセントラル子供劇団に入団する。2000年『TRICK』で仲間由紀恵が演じる主人公の少女時代役を演じて、ドラマデビュー。

2005年『瑠璃の島』でドラマ初主演、2007年『神童』で映画初主演する。

他の主な出演作は『1リットルの涙』『ハチミツとクローバー』『咲くやこの花』『平清盛』『黒い十人の女』他

又次(またじ) 役・・萩原聖人

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

吉原・翁屋の料理番。

あさひ太夫を、自分の命さえ厭わないほど大切に思っている。

【萩原聖人・経歴】
1971年8月生まれ (45歳)

母親が経営する店を手伝っていたときに、客として来ていたドラマ『あぶない刑事』のキャスティングスタッフたちの目に留まり、スカウトされる。

そして、1987年『あぶない刑事』の第32話で、少年の役でデビュー1990年、ドラマ『はいすくーる落書2』の役が好評で、一気にブレークする。

大の麻雀好きで、女流プロ雀士を相手に大差で勝利したこともあるほどのレベル。

主な出演作は『学校へ行こう!』『華麗なる一族』大河『江〜姫たちの戦国〜』『64(ロクヨン)』他

菊乃(きくの) 役・・柳生みゆ

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

吉原・翁屋の新造。

客とのトラブルに巻き込まれ、あさひ太夫に助けられて以来、彼女を心から慕っている。

【柳生みゆ・経歴】
1990年10月生まれ (26歳)

1999年『いのちの現場から6』で子役としてデビュー、10歳の時『風の絨毯』のオーディションに合格し主演を務める。

2011年、連続テレビ小説『カーネーション』へ出演し、尾野真千子演じるヒロインの妹を演じて注目を集める。

主な出演作は、映画『STAY』『臍帯』『おみやさん』NHK連続テレビ小説『あさが来た』他

清右衛門(せいえもん) 役・・木村祐一

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

つる家にたびたび足を運ぶ、売れっ子の戯作者。

わがままで怒りっぽく、澪の料理を厳しく批評する辛口のご意見番。

【木村祐一・経歴】
1963年2月生まれ(54歳)

吉本の養成所NSC出身、1991年にスタートした『ダウンタウンのごっつええ感じ』で構成作家としてもデビュー。

役者としても活動し、映画『ゆれる』での役が北野武に評価され、東スポ映画大賞・第16回の新人賞に選ばれる。

料理の腕前はプロ級で、2008年、自身初の飲食店「屋台居酒屋 きむら庵」を愛知県名古屋市にオープンさせる。

主なドラマ出演は『ハチミツとクローバー』『新参者』『砂の塔〜知りすぎた隣人』大河『おんな城主 直虎』他

坂村堂嘉久(さかむらどうかきゅう) 役・・村杉蝉之介

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

神田永富町の版元「坂村堂」の店主。

自分の版元で売れる戯作を書いてもらうため、美食家の清右衛門につる家のおいしい料理を食べさせて画策する。

【村杉蝉之介・経歴】
1965年9月生まれ(51歳)

『NHKのど自慢』や『笑っていいとも!』に物まねでの出演経験があり、その後役者の道へ。

2005年の『NHK紅白歌合戦』に、パンクコントバンド「グループ魂」で出演している。

主な出演作は『流星の絆』『リーガルハイ』連続テレビ小説『あまちゃん』『グッドパートナー』他

末松(すえまつ) 役・・毎熊克哉

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

毎年、料理番付で最高位をとる「登龍楼」の料理長。

腕はいいが、澪の作る料理が評判になると、その料理とそっくり同じ献立を店に出す。

【毎熊克哉・経歴】
1987年3月生まれ(30歳)

高校を卒業後、映画監督を志して上京し、専門学校の映画監督科コースに進学する。専門学校卒業後、俳優に転身して芸能事務所に所属して活動を開始。

2010年、舞台『TIC-TAC』で初舞台にして初主演を務める。映画『ケンとカズ』に主演しその演技が評価され、毎日映画コンクール新人賞や、その他の各賞を次々に受賞して一気に注目を集める。

主な出演作は、NHK『坂の上の雲』『戦力外通告』映画『はやぶさ 遥かなる帰還』『ろくでなし』他

釆女宗馬(うねめそうま) 役・・松尾スズキ

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

料理番付けでは、最高位の座に君臨する料理屋「登龍楼」の主人。

その地位を脅かすものには対抗心を燃やし、その火の粉は「つる家」にも降りかかることになる。

【松尾スズキ・経歴】
1962年12月生まれ (54歳)

俳優・劇作家・演出家・脚本家・映画監督・コラムニストなど、多彩な分野で活躍しています。

2004年公開の映画監督デビュー作『恋の門』は、ヴェネツィア国際映画祭に出品されました。

俳優としての主な出演作は、映画『カイジシリーズ』『あまちゃん』『ちかえもん』『シン・ゴジラ』他

伝右衛門(でんえもん) 役・・伊武雅刀

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

吉原でも格式の高い「翁屋」の楼主。

吉原随一の美貌をもつ花魁・あさひ太夫を抱えている。

【伊武雅刀・経歴】
1949年3月生まれ(68歳)

ドラマ『高校生時代』のオーディションを受け、俳優デビューし、本格的に俳優を志すため「劇団雲」に入団

1976年、ラジオで知り合った小林克也からラジオ番組への出演を持ちかけられる。これがラジオ大阪のプロデュース番組「スネークマンショー」。この番組のコントが話題になり、一気に知名度が上がりブレークする。

声優としては、渋く響くバリトンで『宇宙戦艦ヤマトシリーズ』のデスラー総統役が有名。

その後は、ドラマ・映画・ナレーション・声優と、数々の役をこなして活動する。

主な出演作は、NHK大河『秀吉』『軍師官兵衛』『ひらり』『白い巨塔』『ドクターX~第3期』『火の粉』他

富三(とみぞう) 役・・大倉孝二

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

大坂・天満一兆庵の元料理人。

ふとした縁で「つる家」に現れ、かつての女将・芳と再会する。佐兵衛の元・同僚として、失踪の秘密を語り始める

【大倉孝二・経歴】
1974年7月生まれ (42歳)

劇団「ナイロン100℃」の役者オーディションに合格し、役者の道に入る。

ドラマや映画の役柄として、優柔不断な青年・コミカルな役・ひねくれ者の役など、クセとインパクトのある役柄を演じることが多い。

主な出演作は、映画『ピンポン』大河『新選組!』『西遊記』『ゲゲゲの女房』『火の粉』『グッドパートナー』他

駒澤弥三郎(こまざわやさぶろう) 役・・波岡一喜

]みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

小松原の妹・早帆の夫。

小松原の義理の弟であり、竹馬の友でもある。

【波岡一喜・経歴】
1978年8月生まれ (38歳)

2004年、映画『パッチギ!』の役で注目を集め、2006年『ライオン丸G』で、ドラマ初主演。

主な出演作は、映画『ドロップ』『探偵はBARにいる』テレビ小説『ちりとてちん』『遺留捜査』『火花』他

早帆(さほ) 役・・佐藤めぐみ

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

小松原の三歳年下の妹で、駒澤弥三郎の妻。

気丈で情に厚く、なかなか結婚しようとしない兄のことを心から心配している。

【佐藤めぐみ・経歴】
1984年11月生まれ (32歳)

中学生の時にスカウトされ事務所に入り、女優デビューは2001年から放送された『3年B組金八先生』(第6シリーズ)

2004年、映画『銀のエンゼル』で準主役、翌年初の舞台『世界の中心で、愛をさけぶ』で、ヒロイン役を演じる。

主な出演作は『花より男子』 『砂時計』テレビ小説『ちりとてちん』『妻は、くノ一』『花咲くあした』他

坂梨志摩守(さかなししまのかみ) 役・・山崎 一

みをつくし料理帖
出典:http://www.nhk.or.jp/j

「御膳奉行」を支配する若年寄。

将軍に供する食事や、菓子の管轄を司る。

【山崎 一・経歴】
1957年9月生まれ(59歳)

早稲田小劇場を経てフリーになり、1995年に出演したNOVAのCMキャラクター「鈴木さん」で知名度が上がる。

主な出演は、大河『龍馬伝』テレビ小説『花子とアン』『南極大陸』『踊る大捜査線シリーズ』『事件救命医2』他

まとめ

やっと書き終わりました。なんとか、放映日までに間に合いました\(^o^)/

見所でも書きましたが、とにかく登場人物が多いです。

しかも、個性派揃いの役者さんが多数いますので、どんな演技で、化学反応をみせてくれるのか楽しみです。

『みをつくし料理帖』のあらすじ・ネタバレ、キャストを紹介しました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です