NHKドラマ「植木等とのぼせもん」あらすじ・キャスト!山本耕史 主演で志尊淳と師弟コンビ!

「植木等とのぼせもん」ドラマ

植木等・小松政夫~
最強師弟コンビが時代を駆け抜けてゆく!

土曜ドラマ
『植木等とのぼせもん』

主演:山本耕史

2017年9月2日(土)スタート<連続8回>
NHK総合 毎週土曜 よる8:15~8:43

当時のテレビバラエティーや、映画の撮影風景を交えながら描く笑いと涙のドラマ!

「植木等とのぼせもん」ドラマ のあらすじ・キャストを紹介します。
画像出典:http://www6.nhk.or.jp

スポンサードリンク

「植木等とのぼせもん」ドラマ 基本情報

【放送日】2017年9月2日(土)スタート

【時 間】毎週土曜日 20:15~20:43分

【放送局】NHK総合

【主 演】山本耕史

【原 案】小松政夫「のぼせもんやけん」

【脚 本】向井康介(『深夜食堂3』『愚行録』『聖の青春』)

【音 楽】林ゆうき(『フラジャイル』『緊急取調室』『愛してたって、秘密はある』

【演 出】NHKエンタープライズ:西谷真一(『あさが来た』『陽炎の辻』)榎戸崇泰(『まんまこと』『夏目漱石の妻』)

【制作統括】NHKエンタープライズ:佐野元彦(『吉原裏同心』『あさが来た』)須崎岳(『花子とアン』『4号警備』)

NHKドラマ番組部: 中村高志(『夏目漱石の妻』『ツバキ文具店』)

「植木等とのぼせもん」ドラマ あらすじ

昭和37年。植木等(山本耕史)は半信半疑だった。自身が歌う『スーダラ節』が、空前の大ヒットとなったのだ。

植木とクレイジーキャッツはテレビや映画に引っ張りダコとなり、一躍スターに。

それと同時に超過密スケジュールとなった植木に、付き人兼運転手がつくことになった。

やって来たのは、博多から上京してきた松崎雅臣(志尊淳)というめっぽう元気な青年だった。

撮影現場に同行した松崎は、植木やリーダーのハナ肇(山内圭哉)、アイデアマンの谷啓(浜野謙太)ら、

クレイジーキャッツのエネルギッシュな仕事ぶりに圧倒される。

彼らは、コントではとことん馬鹿馬鹿しく、音楽ではとことんカッコ良く、“面白いって、なんだ?”を追求していた。

一方、根が真面目な植木は「こんなふざけた仕事ばかりやっていて、人様の役に立つのか?」と自問自答する。

そんな植木を、少年時代に父を亡くした松崎はいつしか「親父さん」と呼ぶようになり、

植木や妻・登美子(優香)、父・徹誠(伊東四朗)も、松崎を家族のように受け入れる。

一人前のタレントを目指して、仕事に、恋に熱中する松崎。

その姿はまさに“のぼせもん”。植木と松崎、最強の師弟コンビが、時代を駆け抜けてゆく――

公式サイトより

「植木等とのぼせもん」ドラマ 見どころ

日本のテレビ史・映画史にさん然と輝くスターの中でも、まさに「明るい昭和」を象徴する男~

時代の寵児といわれる、植木等さんの活躍を描くドラマが「植木等とのぼせもん」です。

植木等を演じるのは演技派の山本耕史さん、彼の付き人兼運転手として働き、植木を「親父さん」と慕い、

後に俳優・コメディアンとして活躍する「のぼせもん」小松政夫を演じるのは、若手俳優の志尊淳さん。

植木さんと小松さんの師弟愛の物語で、笑いと涙のドラマです。

一番の見せ場は、昭和30年代に人気絶頂のバラエティー番組「シャボン玉ホリデー」の再現シーンです。

クレイジーキャッツ メンバー


出典:http://www.nhk.or.jp

植木等(山本耕史)・ハナ肇(山内圭哉)・谷啓(浜野謙太)・犬塚弘(深水元基)・安田伸(西村ヒロチョ)・石橋エータロー(パーマ大佐)・桜井センリ(小畑貴裕)

クレイジーキャッツのメンバーは、実際にバンド演奏を披露してライブ感を出します。

園 まり・・山本 彩(第5話から登場予定)


出典:http://www.nhk.or.jp

園まりさん役を、山本彩さんが演じて「逢いたくて逢いたくて」を披露します。

伊東ゆかり・・中川翔子(第2話から登場予定)


出典:http://www.nhk.or.jp

伊東ゆかりさん役には、中川翔子さんで「小指の想い出」を熱唱。

奥村チヨ・・鈴木愛理(第2話から登場予定)


出典:http://www.nhk.or.jp

奥村チヨさん役を、鈴木愛理さんが演じて「ごめんネ…ジロー」を披露します。

ザ・ピーナッツ・・鈴木みな・まりあ(第1話から登場)


出典:http://www.nhk.or.jp

ザ・ピーナッツさん役には、ドラマ初出演の双子の姉妹~鈴木みな・まりあさんが「ふりむかないで」を歌います。

スポンサードリンク


「植木等とのぼせもん」ドラマ キャスト

植木  等・・山本 耕史


出典:http://www.nhk.or.jp

クレージーキャッツの看板コメディアン

スターとなってからも「こんなふざけた仕事をしていていいのだろうか」と自問自答する。

家族思いで、付き人となった松崎を温かく迎え入れる。

【山本耕史・略歴】
1976年 東京都生まれ (40歳)

0歳の頃から乳児モデルとして活動し、10歳の時に日本初演の『レ・ミゼラブル』で舞台デビュー。

16歳の時、連続ドラマ『ひとつ屋根の下』で車椅子の少年を演じて話題になり、知名度があがる。

2004年、NHK大河ドラマ『新選組!』に出演し土方歳三を演じて、人気がブレークする。妻は女優の堀北真希。

【主な出演】
『華麗なる一族』『陽炎の辻シリーズ』『薄桜記』『ナポレオンの村』『大河 真田丸』『OUR HOUSE』『スリル!』ほか

松崎 雅臣・・志尊  淳


出典:http://www.nhk.or.jp

植木の運転手兼付き人(のちの小松政夫)

植木等の人生を間近で見ながら、自らもコメディアンを目指す。

【志尊淳・略歴】
1995年 東京都生まれ (22歳)

2011年「ワタナベエンターテイメントスクール」を卒業し、男性俳優集団D2に加入。舞台『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』で俳優デビュー。

2014年『烈車戦隊トッキュウジャー』で主演を務め、2017年『春のめざめ』で舞台初主演をする。

【主な出演】
『表参道高校合唱部!』『5→9〜私に恋したお坊さん〜』『そして、誰もいなくなった』『きみはペット』ほか

ハナ 肇・・山内 圭哉


出典:http://www.nhk.or.jp

クレージーキャッツのリーダー

短気な一面はあるが、なにかとメンバーたちの世話を焼く。

【山内圭哉・略歴】
1971年 大阪府生まれ (45歳)

幼少期からアカデミー児童劇団で、役者としてのキャリアをスタートさせて活動。

テレビ小説『あさが来た』では、異常に強い眼力がひときわ視聴者の印象に残り注目され、知名度があがる。

【主な出演】
『大河 新選組!』『テレビ小説 あさが来た』『民王』『奇跡の人』『HOPE〜』『フランケンシュタインの恋』ほか

谷 啓・・浜野 謙太


出典:http://www.nhk.or.jp

クレージーキャッツで、コントを考えるアイデアマン

東京五輪に感動し、グループを脱退しようかと悩む。

【浜野謙太・略歴】
1981年 神奈川県生まれ (36歳)

高校卒業後、インストゥルメンタルバンド『SAKEROCK』に加入し、トロンボーンとスキャットを担当する。

2005年「スペースシャワーTV」の『STUDIO GROWN』にレギュラー出演してから知名度が上がり、映画『ハチミツとクローバー』の出演をキッカケに、俳優活動もしていく。

【主な出演】
『僕にはまだ友だちがいない』『仮面ライダードライブ』『テレビ小説 とと姉ちゃん』『好きな人がいること』ほか

鎌田 みよ子・・武田 玲奈


出典:http://www.nhk.or.jp

植木家の近くの理髪店理容師

髪を切りに来た松崎に、アパートの部屋を紹介する。

【武田玲奈・略歴】
1997年 福島県生まれ(20歳)

2013年「第2のくみっきー!発掘オーディション」でグランプリを受賞、翌年『Popteen』のモデルとしてデビュー。

2015年『週刊ヤングジャンプ』にて初表紙、初水着で青年誌グラビアデビューし、映画『暗殺教室』で女優デビュー。

2016年、雑誌『Popteen』のモデルを卒業し『non-no』6月号からnon-noの専属モデルとなる。

【主な出演】
『監獄学園』『THE LAST COP』『100万円の女たち』『マジで航海してます』『映画 ポエトリーエンジェル』ほか

久野 征四郎・・中島  歩


出典:http://www.nhk.or.jp

映画会社所属の若手二枚目俳優

松崎とはタイプが違うが、ひょんなことから意気投合する。

【中島歩・略歴】
1988年 宮城県生まれ(28歳)

大学在学中にモデル活動し、その後『舞台 黒蜥蜴』のオーディションに合格し、2013年同舞台で俳優デビュー。

【主な出演】
『連続テレビ小説 花子とアン』『すべてがFになる』『映画 グッド・ストライプス』『返還交渉人』ほか

鎌田  巌・・でんでん


出典:http://www.nhk.or.jp

理髪店の店主でみよ子のおじ

松崎がみよ子に手を出すのではないかと、にらみを利かせる。

【でんでん・略歴】
1950年 福岡県生まれ(67歳)

30歳の時に素人として『お笑いスター誕生』へ出演して8週勝ち抜き、芸能界デビュー。

その後、ピン芸人として活動していく中、1981年、映画『の・ようなもの』で俳優デビュー。それ以後は多数の映画・ドラマに脇役として出演していく。

2010年に出演した映画『冷たい熱帯魚』で「日本アカデミー賞」最優秀助演男優賞などを受賞し、高い評価を得る。

【主な出演】
『テレビ小説 あまちゃん』『緊急取調室』『64(ロクヨン)』『ゆとりですがなにか』『大河 女城主直虎』ほか

ツル子ママ・・坂井 真紀


出典:http://www.nhk.or.jp

松崎が通うスナックのママ

松崎やみよ子、若者らの相談相手になる。

【坂井真紀・略歴】
1970年 東京都生まれ(47歳)

1992年にデビューし、その後数々のテレビドラマ・映画に出演し歌手としても活動する。三井のリハウスガールの4代目に選ばれる。

【主な出演】
『テレビ小説 ウェルかめ』『サイレント・プア』『破裂』『偽装の夫婦』『はじめまして、愛しています』ほか

松崎 ハツエ・・富田 靖子


出典:http://www.nhk.or.jp

博多に住む松崎の母

植木に挨拶をしようと思い、上京して来る。

【富田靖子・略歴】
1969年 神奈川県生まれ (48歳)

1983年、中学在学中に映画『アイコ十六歳』のオーディションを受けてヒロインに選ばれ、同映画でデビュー。

1985年の映画『さびしんぼう』で主演を務め、1987年映画『BU・SU』に主演して「横浜映画祭」主演女優賞を受賞。

大河ドラマ『毛利元就』で元就の正室・美伊の方を演じて注目され、話題になる。

【その他の主な出演】
『大河 江~姫たちの戦国~』『テレビ小説 あさが来た』『受験のシンデレラ』『逃げるは恥だが役に立つ』ほか

古澤 憲吾・・勝村 政信


出典:http://www.nhk.or.jp

映画監督

植木の代表作となる映画を数多く手がける。

【勝村政信・略歴】
1963年 埼玉県生まれ(54歳)

演劇を志して演出家・蜷川幸雄の下で2年修行し、その後、観劇に来た鴻上尚史に招かれ劇団「第三舞台」に入る。

観劇に来た『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』のプロデューサーの眼に留まり、オファー出演。その番組をきっかけにブレークし、人気が出る。

【主な出演】
『HERO』『大河 義経』『コード・ブルー』『ドクターX』『大岡越前シリーズ』『嫌な女』『屋根裏の恋人』ほか

植木 登美子・・優  香


出典:http://www.nhk.or.jp

植木の妻で、四児の母

超多忙の植木を支えつづけ、松崎の母親代わりでもある。

【優香・略歴】
1980年 東京都生まれ (37歳)

1997年、池袋駅近くのパルコ前でスカウトされ、グラビアアイドルとしてデビュー。

1999年、ジョージアのCMでブレイクし、癒しブームの先駆けとなる。その後は、バラエティ番組やCM中心の活動へシフトする。

ドラマ『青の時代』で女優デビューし、2004年、大河ドラマ『新選組』でヒロイン役に抜擢されて話題になり、知名度が上がる。

【主な出演】
『本日は大安なり』『大河ドラマ 花燃ゆ』『映画 ギャラクシー街道』『臨床犯罪学者 火村英生の推理』『火の粉』ほか

植木 徹誠・・伊東 四朗


出典:http://www.nhk.or.jp

植木の父で、元僧侶

植木や松崎が悩んでいる時、哲学的な物言いでヒントを与えたりする。

【伊東四朗・略歴】
1937年 東京都生まれ (80歳)

1962年、お笑いトリオ・「てんぷくトリオ」として、テレビや一般の舞台へと進出。

1977年、ドラマ『ムー』に出演して話題になり、1983年、連続テレビ小説『おしん』の父親役に抜擢され、ドラマは大ヒットし、知名度が一気に上がる。

それ以後は、活動の中心は俳優業となり活躍の場を大きく広げていく。

【主な出演】
『大河 平清盛』『十津川警部シリーズ』『不毛地帯』『おかしな刑事シリーズ』『ドクターX』『黒革の手帖』ほか

スポンサードリンク


まとめ

1961年から放映された「シャボン玉ホリデー」は、当時、22歳のザ・ピーナッツが司会進行役の音楽番組です。

1972年まで番組は続き、ザ・ピーナッツやハナ肇とクレージーキャッツは、この番組から大きくブレークしています。

当時、私はまだ生まれてないので、父からいろいろと聞きました。

当時は、1964年の「東京オリンピック」に向かって、日本は高度経済成長の真っ只中にいました。

フジテレビ系列の「ザ・ヒット・パレード」、日本テレビ系列の「シャボン玉ホリデー」、NHKの「夢であいましょう」

父がいうには、この3つが人気番組だったとの事です。

YouTubeで聴きましたが「シャボン玉ホリデー」のエンディング曲で流れる『スターダスト』という曲が素晴らしい曲ですね。

ジャズピアニストのホーギー・カーマイケルが作った『スターダスト」を、ザ・ピーナッツがカヴァーして有名になりました。

ドラマでは「シャボン玉ホリデー」の再現シーンがあるとのことなので、楽しみですね~

それと、山本耕史さんがどんな風に植木等さんを演じるのか、小松政夫さんを演じる志尊淳さんとの師弟愛も注目したいです。

「植木等とのぼせもん」ドラマ のあらすじ・キャスト、見どころを紹介しました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です