「ソースさんの恋」第2話 あらすじ・ネタバレと感想!

「ソースさんの恋」第2話

恋愛&ミステリーサスペンスが交差する、青春恋愛ドラマ!

NHKBSプレミアム
『ソースさんの恋』

主演:ミムラ

ミカを家まで送った正直は、帰り際、ミカに玄関で抱きつかれて驚く…….!

「ソースさんの恋」第2話 のあらすじ・ネタバレ、感想を書いていきます。
画像出典:http://www.nhk.or.jp

スポンサードリンク

「ソースさんの恋」第2話 あらすじ・ネタバレ

第1話はこちら↑

第2話「僕が助けます」

デッサンへの想い

ソースさん(ミムラ)を家まで送った正直(千葉雄大)は帰ろうとすると、

「寂しいから帰らないで~」玄関で後ろから抱きつかれて、彼は驚く。

彼女は背中越しに「会いたかったわ~しーちゃん」と呟く。

え~??ソースさんは正直を誰かと間違えているようだ。

「僕はしーちゃんじゃありません」正直が帰ろうとすると、ソースさんは具合が悪くなりその場に倒れてしまう。

そんなソースさんを放って帰れないので、正直は部屋に連れていき、水を飲ませる。

目眩がして倒れたソースさんは、具合がよくなり落ち着きを取り戻す。

「もう大丈夫だわ~ありがとう~」

お互い自己紹介し、ソースさんが後藤ミカという名前であることを知る。

ミカは4年前の事故の後遺症で、時おり記憶が混乱しパニックになる。

昼間はいいが、夜になると意識がぼ~~として、自分でも何をしているのか分からなくなることがある。

それを聞いた正直は、そうだったのか~だから毎日同じソースを買いにきていたんだと思い当たる。

ミカは病院で治療を受けてはいるが、4年前から時が止まっているようでもどかしかった。

すでに終電はないので、歩いて帰ろうとする正直だったが。

「今夜は一人でいるのがこわいのよ~泊まっていきなさい~」とミカはいう。

エッ~~これってひょっとして恋???正直は胸が熱くなり舞い上がってしまう。

父が使っていた部屋に通されると、そこには油絵が飾ってあった。その絵は母とミカと犬をモデルに、ミカの父が描いたものだった。


出典:http://www.nhk.or.jp

「素晴らしい絵ですね~僕も美術大で油絵を勉強しているんです~」正直は告げる。

だから、この絵の温かみがわかるのね~とミカは笑顔で応える。

ミカが部屋から出ると、正直は一人で勝手に想像しはじめる。

「やっぱり、ミカさんには太陽のような笑顔のほうが似合う」

ミカさんの心の裏に隠された、不安や悩み・辛さを僕がなんとかしてあげられたら…..

そんな想いを抱きながら、正直はミカをモデルとしてデッサンを描いていく。

いつのまにかソファーで眠ってしまうと、朝だった。階下のダイニングへ行くと、ミカが朝食の用意をしていた。

それを見た正直はウキウキしてしまうが~

「あなたに自分の事を話し過ぎちゃって、気にしないでね~」とミカはいう。

なんだ~僕に心を開いたんじゃなかったのか~正直はやっと気づき、急に熱が醒めてくる。

朝食は結構ですからと断り、正直は逃げるようにミカの前から姿を消す。

スケッチブック

駅に向かっていると、コンビニのバイト仲間・安本文也(栩原楽人)から電話が入る。

「昨日はどうなったんだよ~」と安本は気になって聞いてくるが~なんにもないよ~と正直は怒り任せに言い放す。

大学につくと、正直に片思いする佐々木由紀(萩原みのり)に声をかけられる。

「面接の準備は出来てるの~?」由紀は聞くが、正直は上の空だ。

明日に迫っていた教授面接は、今まで提出した油絵と、これから描く作品の構図を見て評価される。

大丈夫だよ~とバックを見ると、スケッチブックがなかった。

「しまった…!」

正直は、ミカの家にスケッチブックを忘れたことに気づく。電話やメアドも聞いてなく、どうすればいんだよ~正直は落ち込んでしまう。

一方、ミカはデザイン会社に勤めていた。

仕事場の仲間・吉田朝子(岩崎ひろみ)から「そろそろ恋でもした方がいいわよ~」と言われるが戸惑う……

その頃、正直は大学でデッサンを描きなおしていた。

「しーちゃん」って一体誰なんだよ~その事が頭から離れず、気が散ってまったく描けない。

その日の夜、正直はコンビニのバイトにいく。


出典:http://www.nhk.or.jp

安本が、早速昨夜の事をきいてくる中~「僕を泊めたのはボディーガードで深い意味はないんだよ~」

正直の報告を聞いて、俺にもまだ可能性はあるな~と彼はニヤニヤし出す。

時計の針は、8時ちょっと前を指していた。

今夜は来るかな~安本は嬉しそうに言うが、正直にとっては来てもらわないと困るのだ。

来ないとミカの自宅まで行って、スケッチブックを取りにいく事になる。

そんな時だった。

全身黒で身をまとい、シックな服を着こなすミカがやってきた。今夜のミカは月で、笑顔もなく放心状態のようだった。

いつもの様に、いつものソースを手に取った時、正直は声をかける。

「ミカさん、昨夜泊めてもらった正直です~」「スケッチブックを部屋に忘れたので、今から一緒に行ってもいいですか?」

そう言うと、ミカはぼ~~っとしていたが、コックリ頷いて了解する。

二人が歩いてミカの自宅に向かう中、遠くで雷が鳴っていた。

夜の雷って嫌いなのよ~なんだか不安になって….「今夜もエスコートしてくれてありがとう~」ミカはお礼を言う。

「スケッチブックには何が描いてあるの?」ミカが質問したその時だった。

激しく雷が鳴り響き、救急車のサイレンがけたたましく鳴ると、ミカは急に具合が悪くなって頭を抱えだす。

4年前の事故のトラウマが、彼女を襲ってくる。

正直はミカの異変にオロオロするが、ここへ連れてってと、彼女から病院の診察券を渡される。

タクシーでその病院に行き、ミカは安静のため1日入院することになる。

正直が帰ろうとすると、白鳥クリニックの次男で、クリニック事務長・白鳥新二(松田悟志)が現れる。

彼の父がミカの主治医で、ミカを連れてきてくれてありがとう~と新二はお礼をいう。

病院を後にした正直は考え込んでしまう。

「新二か~~え~~まてよ~!」「しーちゃん?」あの人がしーちゃんだったんだと、彼は気づく。

正直は溜息ばかり出て、気持ちが沈んでくる。

面接

正直はアパートに戻ると、デッサンを仕上げていく。描きながら「僕の力でミカさんを助けて上げたい~~~」頭の中はミカのことしかない。

一方、ミカも病院のベッドで安静にしながら、正直の事を考えていた。正直の優しい言葉に触れ、彼に想いを抱きはじめていた。

しかし「こんなに弱い体じゃ、まだ恋なんて無理だわ~」とミカは感じていた。

翌日~

正直は教授面接を受けていた。スケッチブックにはミカをモデルにした、デッサンが描かれていた。


出典:http://www.nhk.or.jp

「塗りまで仕上げて提出して欲しかったね~あなたがこの女性を描くテーマはなんですか?」

教授から質問されると「愛です~僕の彼女への愛です~!!!」

正直は今の自分の気持ちを、こんな場違いな場所で叫んでしまい、教授たちはドン引きする。

彼はその夜のバイトで「大失敗だったよ~これで奨学金の夢も消えたよ~」と安本に呟く。

そんな中、元気になったミカが店にやってくる。

正直に話したい事があると、彼女はいう。慌てて、店のバックヤードにミカを連れていくと。

ミカは正直のスケッチブックを開いて、デッサンを見せる。

「これは、一体どういうことかしら?」ミカは聞いてくるが…..

第2話「僕が助けます」完

スポンサードリンク


「ソースさんの恋」第2話 感想

ミカの秘密が徐々に明らかになってきます。

4年前の事故とは、第1話の冒頭でワンシーンだけちょっこと出てきました。

ミカが彼氏とバイクに載って、それで事故を起こしたって感じだと思います。

たぶんその彼氏が、白鳥新二だったと思うけど、特に説明はなかったので、なんとも言えません。

次回の予告を見ると、正直と白鳥新二がミカを巡って、恋のバトルで戦っていくようです。

ミカは正直に少しだけ心が動いていますので、今後の展開が楽しみですね!(^^)!

「ソースさんの恋」第2話のあらすじ・ネタバレを紹介しました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です