「愛してたって、秘密はある。」第1話 あらすじ・ネタバレと感想!

愛してたって、秘密はある。

新日曜ドラマ
愛の極限が問われる自問自答ラブミステリー!

『愛してたって、秘密はある。』

主演:福士蒼汰 ヒロイン:川口春奈

2017年7月16日(日) スタート

11年間封印されてきた秘密!!
幸せだと思っていた矢先、それは忍び寄って来た……

「愛してたって、秘密はある。」第1話の
あらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。
画像出典:http://www.ntv.co.jp

スポンサードリンク

「愛してたって、秘密はある。」第1話 あらすじ・ネタバレ

【第1話ストーリー】

隠された秘密

愛してたって、秘密はある。
出典:http://www.ntv.co.jp

弁護士を目指す司法修習生の奥森黎(福士蒼汰)は、同期の司法修習生・立花爽(川口春奈)と、3年間交際している。

黎は爽からプロポーズされ、二人は結婚を決意する。

幸せな将来に向けて順風満帆な人生を送っているように見える黎だが、彼には誰にも言えない秘密があった。

11年前、父・皓介(堀部圭亮)が母・晶子(鈴木保奈美)に激しい暴力を振るっているところを、その当時中学生だった黎は目撃する。

母の命の危機を感じた黎は、とっさに皓介を鈍器で殴り殺してしまう。

黎と晶子は皓介の遺体を自宅の庭に埋めて、黎の罪を隠す。皓介は失跡したことにして、その事実を隠したまま11年もの間生きてきた

だが、黎の心には常にこの日の出来事が重くのしかかっていた。

黎は、友人の司法修習生・虎太郎(白洲迅)とともに神奈川地検で検察修習の研修をしている。

司法修習生とは、裁判官・検察官・弁護士になる前の法律家の卵で、起訴された被疑者と実務研修を行うこともある。

自分が人を殺してしまったことから「罪にはそれぞれ理由がある」という信念を持つ黎は、どんな被疑者にも真剣に向き合って事件の真相を探っていく。

そんなある日、結婚の報告をするため爽の実家を訪れた黎は、彼女がずっと隠してきた秘密を知ることとなる。

爽の父親は、黎が検察修習をしている神奈川地検の検事正・立花弘晃(遠藤憲一)。立花はどんな凶悪犯も落としてきた評判の、コワモテ鬼検事で有名だった。

黎は、爽の父・弘晃に向かって、爽さんとお付き合いしていますと、怖々挨拶するが。

弘晃は「娘の恋人は被疑者みたいなもんだ」といい~被疑者の取り調べのように次々にいろんな事を詰問してくる。

そんな中で「父親は4年前に病気で亡くなりました」と思わず嘘をついてしまう。

司法修習が終わったらどうするんだと聞かれ、弁護士になりますと黎が応えると、てっきり検事になると思っていた弘晃はガッカリする。

「愛してたって、秘密はある。」第1話
出典:http://www.ntv.co.jp

「罪にはそれぞれ事情があると思います~」黎は鬼検事に自分の持論を話して聞かせる。

やもうえない状況で、追い詰められて犯罪に手を染めてしまった人を、助けられる弁護士になりたいと告げる。

「道を踏み外してしまった人達の味方になりたいんです~」

「彼らの、人生を生き直そうとする気持ちを応援したいんです~」黎は鬼検事に熱弁を振るうが~

「君の言っていることは、ただの綺麗事だ~どんな事情があれ、罪は罪だ~」

「犯罪に手を染めた人間は、悪人なんだよ~」鬼検事は客観的に黎に言い聞かす。

忍び寄る足跡

黎は自宅に帰るが、鬼検事の言っていた言葉「犯罪に手を染めた人間は、悪人なんだよ~」が頭から離れない。

そんな中、横浜市内の私立女子高生・浦西果凛(吉川愛)が訪れてくる。

彼女は高校受験の際、黎に家庭教師をしてもらっており、黎に片思いしている女の子だった。

勉強を教えた後雑談していると、黎が結婚することを彼女は知っていた。母・晶子が関係者にメールしまくっていたのだ。

相手の父親が検事正では、弁護士を目指している黎は幸せになれないと彼女は言い切る…..

その後、黎は実務研修の中で被疑者を不起訴と判断し、検事正・立花弘晃に決済をしてもらうために検事正室に向かう。

決済終了後、黎が何か言いたそうだったので、立花は屋上に黎を連れて行く。

「何が狙いなんだ~」立花からそう言われて「爽さんと結婚させて下さい~お願いします~」と告白するが、返事は貰えない。

3年前、大学の同じゼミで黎と爽は出会った。そのゼミで、被疑者をテーマにした講義で、黎は自分の持論をいうが。

「追い詰められた人間だって普通は人を殺す前に、踏みとどまるだろう~」ゼミの仲間に反論される。

さらに、そこで踏みとどまれない奴は、生まれつきおかしいよ~黎は自分の事を言われているようでショックを受ける。

「どんな凶悪犯でも、心から反省してやり直す事はできると思う~」黎はそういうが。

でも、そんな場所ないだろ~誰もそんな奴受け入れないよ~そいつが生きていける場所なんてこの世界にないんだよ~

「何をしたって、過去は消せないんだよ~」その一言が黎の心にグサリと刺さり、彼は思い悩んでしまう。

ゼミの終了後、黎の考えに共感した爽はアドバイスする。

愛してたって、秘密はある。
出典:http://www.ntv.co.jp

被告人のやり直せる場所はあると思う~みんなに受け入れて貰えなくても、たった一人笑いかけてくれる人がいれば、そこが居場所になると思う。

「誰かと一緒に生きていけるよ~」そんな言葉で黎を救った爽は、彼の心の支えとなっていく。

爽との出会いを思い出していた黎は、あらためて自分から結婚しようと告白する。

そんな幸せに浸っていた時、黎の携帯に差出人不明の不気味なメールが入る。

「庭のお父さんには彼女を紹介しないの?」

そのメールを見て激しく動揺し、慌てて爽のマンションから実家に戻った黎は、庭を見に行く。

そこには花束が!!

黎が父を殺したこと~父の遺体を庭に埋めたこと~いったい誰が!!

誰かが自分の秘密を知っている….黎はその事実に怯えだし震えが止まらない。

さらに奇妙なことが黎の周りでおこりはじめる。

神奈川地検に行くと、黎が案件を担当して不起訴の決済にしたはずの被疑者・及川が殺人容疑で逮捕される。

被害者は若い女性でひったくり事件の被害者、及川は彼女のストーカーだった。

司法解剖の結果、亡くなった被害者の爪から及川の皮膚辺が検出され、さらに及川は自白までしている。

黎は、エレベーターの中で検事正・立花弘晃に出会う。立花は及川が逮捕されたことを知り黎に言い放す。

「悪事を働けば、必ず報いを受ける」

翌朝、母・晶子の悲鳴が庭の方で聞こえたので、黎は慌てていくと~そこには…..

父・皓介を埋めていた土が掘り起こされ、そこには水が溜まっていた。

【第1話 完】

スポンサードリンク


「愛してたって、秘密はある。」第1話 感想

11年前の秘密が衝撃的な内容でした。

社会的にDVは問題になっています。夫のDVや、親が子供への虐待など、ニュースは尽きないです。

他人事とは思えない、誰にでもおこりえるかんじで怖いですね~

検事正役の遠藤憲一さんが渋いですね~名脇役として、ドラマに緊張感を持たせています。

一体、あの謎のメールは誰なんでしょう?

女子高生の女の子が怪しい気もしますが、まだドラマは始まったばかりなので、分からないです。

最初にドカ~~ンと11年前の秘密を見せて、その後は黎と爽の出会いや、

家族の事、仕事の事などが描かれていて、そんなにサスペンス感はなかったのですが、

最後に一気に視聴者を釘付けにしました。あの不気味なメールは怖かったです。

さらに庭でのシーンがダメ押しでした。盛り上げていく構成が素晴らしいと思います。

次回はどうなるのか、注目したいです。

「愛してたって、秘密はある。」第1話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です