「ウチの夫は仕事ができない」第7話 あらすじ・ネタバレと SNSでの評判!

ウチの夫は仕事ができない

『ウチの夫は仕事ができない』

主演:錦戸亮

日本テレビ系列 毎週土曜 よる10:00~10:54

盆踊り大会の責任者を任せられる司
しかし、商店街に挨拶にいくが….

「ウチの夫は仕事ができない」第7話の
あらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。
画像出典:http://www.ntv.co.jp

スポンサードリンク

「ウチの夫は仕事ができない」第7話 あらすじ

司(錦戸亮)と沙也加(松岡茉優)はそろそろ性別が判明するお腹の子に、男女どちらでも嬉しいと想像を膨らませる。

そんな中、突然上京してきた司の父・辰男(升毅)が小林家にしばらく滞在することに。

絶対に男の子の跡継ぎが欲しいと言う辰男は、勝手に男の名前を考え始め、沙也加は困惑。

一方会社では地域の盆踊り大会を盛り上げて欲しいという大手飲料メーカーの依頼を土方(佐藤隆太)が司に任せる。

早速祭りの主催である町内会を訪ねる司だったが、年々客足が遠のいているので今年から開催を見送ろうと思っていると告げられる。

地道な行動が会社人生の将来を決めると土方から喝を入れられた司は町内会の協力を得ようと奔走するが…。

一方マタ友会で、男は女よりも仕事や会社に人生を左右されて生きづらいという話を聞いた沙也加は、

仕事で悩む司の話を聞き、やはり子供は女の子の方がいいのかもと漏らす。

さらに、その様子を見ていた辰男は、男は妻に愚痴や弱音を吐かずに一人で耐えるものだと司を怒るが…。

男の子が生まれても沙也加をがっかりさせたくない司は、男の自分がしっかりしようと仕事に精を出す。

一方、司の仕事ぶりを知ろうと後をつけた辰男は、それまでエリート街道まっしぐらだと思い込んでいた息子の意外な姿を目にする。

さらに、祭りの開催と成功に向けて司をトラブルが待ち構えていて…。

「ウチの夫は仕事ができない」第7話 あらすじ・ネタバレ

第6話はこちら↑

男か女か?

沙也加のお腹も大きくなり、そろそろ性別が分かろうとしていたが、元気なら男でも女でもどちらでもいいよね~と二人は話していた。

そんな矢先、司の父・辰男が、突然上京してきてくる。

さっそく男か女か聞いてくる辰男は、小林家の跡取りのためにも絶対に男の子を生んでくれと沙也加に告げる。

息子を司と名付けたのは、人を司れる人間になるように付けたといい、エリート街道まっしぐらで、名前通りの人生になったと辰男は喜んでいる。

孫にもいい名前付けるからね~辰男は名付け辞典を見ながら、男の子の名前を研究するほど気合が入っていた。

その後、あかり(イモトアヤコ)たちママ友に、沙也加はお腹の赤ちゃんの事を相談する。

「女には人生逆転のチャンスが何度もあるのよ~結婚と出産で仕切り直せるしね~」

凄いお金持ちと結婚すれば、見た目や性格まで変わるし、女は男次第で人生が変わる~

「それに比べて男は、頭も要領もよくないと生きていけない世の中なのよー!」

上司と部下に挟まれ、仕事と家庭に挟まれ、嫁と姑に挟まれ、挟まれまくりだよ~

そんなママ友たちの話を聞いて、男って大変なの?赤ちゃんは女の子がいいのかな~と沙也加は感化されていく。

そんな頃、大手飲料メーカーから地域の盆踊り大会を盛り上げて欲しいという依頼を任された司は、商店街に挨拶にいく

「ウチの夫は仕事ができない」第7話
出典:http://www.ntv.co.jp

「ウチの町内の祭りなんか、誰も来ないよ~」

昔は盛り上がったが、年々人が来なくなったので、今年はやめる予定だと聞かされる。

大企業の出資とか、イベント会社の運営など、むしろ迷惑だからヤメテくれと言われてしまう。

社に戻り、リーダーの土方に商店街の意向を告げて、盆踊りは中止にしたほうがいいです~と報告するが。

「スポンサーから依頼を受けたからには、やらなきゃいけないんだよ~中止という選択肢はないんだー!」

成功させるには何が必要なのか、よく考えろ~と土方から怒られてしまう。

そんな中、もう一度商店街に行ってお願いする司だが、

「やっても無駄だよーどうせ人なんか来やしない~やりたければ勝手にやんなよー!」

冷たく突き放されてしまうが、社に戻ってチラシの作成にかかっていた時、司にいつも毒づく部下の田所(藪宏太)が近づいてくる。

デスクに商店街で買った桃を3箱おいていたので、物欲しそうにする田所に2箱あげる事に…..

自宅に帰って司は【今日の出来事】で、盆踊り大会の責任者になった事を報告すると、沙也加は凄いね~と驚く。

「商店街の人たちが、あんまり乗り気じゃないんだよね~」

地道な行動が、自分の会社人生の将来に繋がっていく~

土方に言われた事も話して頑張るよと司は言うが、男の人は大変ね~やっぱり女の子がいいのかな~沙也加はそんな事を言い出す

そんな時、司の姉・みどり(江口のり子)が桃の箱を持って訪れる。

みどりは最近、司の部下・田所と同棲しているが、司と沙也加はその相手が誰だが知らない。

娘が同棲していると聞き辰男は驚くが、明日、みんなで一緒に食事しよう~と言い残しみどりは帰っていく、

司はその桃の箱を、何処かで見たような気がしていたが….

【今日の出来事】を陰で聞いていた辰男は、ベランダにいる司に言い放す。


出典:http://www.ntv.co.jp

「男が会社で起きた事を、一々嫁さんに報告するとは、どういうことだ~しかも、愚痴と弱音じゃないかー!」

小林家で決めた【今日の出来事】を報告した司だったが、辰男には理解出来ない。

「おまえは男として最悪だよ~男は愚痴も弱音も吐かず、一人で黙々と戦わなきゃアカン~」

辰男からそんな風に咎められてしまう、司だった。

盆踊り大会

商店街の協力もなく、司は一人で町内を回って盆踊り大会のポスターを貼っていた。

そんな中、町内の老人が可愛がっていたトイプードルが逃げ出し、司は一緒に捜すことになる。

公園でそのワンちゃんを見つけてあげると、老人は喜んで司に感謝する~

この事がキッカケで、のちに司を助けてくれることに繋がる…..

その日の夕方、みどりと辰男、沙也加は月島のレストランにいた。

みんなで一緒に食事をしよう~と前にみどりが提案していた事で、司と田所を待っていた。

ついに、司と田所が鉢合わせするのかと思われたが、お互いタクシーで店の前まで来たとき、会社でトラブルが発生して呼び戻される。

その後、司は明け方に帰ってきて、すぐさま会社に向かっていく。

その事を沙也加から聞いた辰男は、息子が何をしているのか心配になり、こっそり会社に行って見る。

立派な会社に驚きながら中に入って行こうとすると、バッタリ司と鉢合わせする。

「父ちゃん、こんな所で何してるんだよ~」

たまたま通りかかっただけだといい、辰男は司の後を付けていく。


出典:http://www.ntv.co.jp

司は拡声器を使って、明日、神社で盆踊り大会が行なわれる事を通行人に告げるが、誰も気にもしない。

チラシを配っても受け取る人は少なく、司はめげずに声を掛けて盆踊り大会をアピールする。

そんな司の姿を、柱の陰に隠れて見ていた辰男は、涙が込み上げてくる。

翌日、司は盆踊り大会が行われる神社で準備をしていた。

来場者に配られるペットボトルのドリンクが運ばれて来たが、唖然とする

メーカーとの打ち合わせでは、夕方に合わせて半凍結状態で納品される約束だったが、常温で冷えていない。

担当者を呼びつけるが、冷えた在庫は無いと言われてしまい、このままでは間に合わない。

ほうぼう連絡するが、冷えた商品はなく万事休すかと思われたが….そこへ、トイプードルの老人が現れる。

氷屋を営んでいる老人は、台車に沢山の氷を積んでいた~商店街の人達もスイカを持って現れる。

盆踊り大会を何としてでも盛り上げようとする司の熱意に打たれ、彼らもやっと心を開いてくれたのだ。


出典:http://www.ntv.co.jp

沙也加と辰男が、浴衣を着て神社を訪れた頃には、盆踊り大会は大勢の人で賑わっていた。

辰男は、司の辛い姿を見たくないので来たくはなかったが、商店街の人達とも打ち解けて多くの人で賑わう会場を見て、安心するのであった。

土方も会場を訪れ「クライアントも喜んでいるよ~よくやったな~」そう言って司を癒してくれる。

盆踊り大会は大成功に終わり、その後、辰男も安心して帰っていく。

やがて、検診結果を待っている沙也加と司に、とっても元気な男の子ですよ~と知らされて大喜びする。

【第7話 完】

スポンサードリンク


「ウチの夫は仕事ができない」第7話 SNSでの評判

みんなの意見

第7話ロケ地

スポンサードリンク


「ウチの夫は仕事ができない」第7話 感想

ツイッターでの感想にもありましたが、司が街頭で一人で盆踊り大会の告知を、通行人に呼びかけるシーン~

私も泣いてしまいましたね~もう、司の姿を見て涙が止まらなかった。

柱の陰で、辰男が涙ぐんでいるシーンもとてもよかったです。

神社で商店街の老人が氷を持ってきてくれた、あのシーンもよかったですね~

このドラマでは、毎回、泣けるシーンがあるので、私はいつもハンドタオルを握りしめて見ています。

次回の第8話からは第2章に突入で、ついに仕事ができるようになった~告知はそれだけで意味深です。

どんなストーリーなのか大注目ですね\(^^)/

「ウチの夫は仕事ができない」第7話のあらすじ・ネタバレと SNSでの評判を書いていきました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です