「残酷な観客達」第5話 あらすじ・ネタバレと一発ギャグ集!

「残酷な観客達」第5話

目を覚ますと、テーブルにはご飯が!!
しかし、新たな指令が下され、生徒たちはウンザリ~

ゆずきだけは、絶対食ってやると意気込むが……..

『残酷な観客達』
私たちに「いいね!」をください~!

欅坂46 総出演の本格ミステリー

「残酷な観客達」第5話 のあらすじ・ネタバレと一発ギャグ集を紹介します。
画像出典:https://www.happyon.jp

スポンサードリンク

「残酷な観客達」第5話 あらすじ・ネタバレ

第4話見てない人は↑

【第5話 ストーリー】

19個の食事

食事を求めてカフェテリアに集まった生徒達だが、突如睡魔に襲われる。

出席番号17番・葉山ゆずき(平手友梨奈)が匂いに釣られて目を覚ます。そこには、念願の食事が置かれていた。

「みんな起きて~~!!」

ゆずきに起こされた他の生徒たちは、ご飯を見て歓喜する。


出典:https://www.happyon.jp

ご飯は、オレンジジュース・おにぎり2個・卵焼き・魚・おひたし・スープだ。

しかし、タブレットには一人2万「いいね!」獲得しないと食事ができない指令が!!

「またかよ~」と生徒達ががっかりする中、食欲旺盛なゆずきは俄然やる気を出す。

生徒たちはご飯を前にして眺めているが、誰も食事には手を付けない。(食べちゃえ~と思うけど、そこはルールだからよん~)

そんな中、ゆずきが重要な事に気づく。よくみると食事は一人分足りなかった。

ここにいるのは、20人。(2番・岩本エレナ(今泉佑唯)は脱落しましたが、一体何処にいってしまったんでしょうね( ゚Д゚))

だが、食事は19人分しかなく、残りの一つはオレンジジュースだけだった。

「エッ~~~ウソでしょ~」ドボンはわずかに一個、熾烈な戦いが始まるのである。

17番・ゆずきは、お腹が空き過ぎて凶暴になり、ドアをガチャガチャ引っ張りながら~「早く飯出せ~ご飯、ご飯、ご飯ーーーーーー!!」

そんなゆずきの姿を見て、18番・望月琴(守屋茜)が奮い立つ。

「こうなったらやってやろうじゃないの~」望月はタブレットの前に立つ。

彼女は、過去の苦い思い出がフラッシュバックされ思い出していた。それは、3年前のテニスの試合だった。

打ち返したボールはラインの内側に入っていたのに、なせか審判はアウトを宣告。

審判に食ってかかるが、認められない。(なぜか、よく見ると、審判はお笑い芸人の永野さんです)

争奪戦

ムカついた嫌な思い出を振り切り、望月はギャグをはじめる。

「ウィ~~~~ン、合唱団」「安心してください~はいてますよ~」などなど、

望月のギャグがあまりにも寒すぎて、カフェテリア内は静まり返って息がつまりそうだ。

「なるほど~そうきたか~」ゆずきだけは、一人納得していた。

観客たちの「いいね!」の数は~【 640 】あまりにも可哀そうな無残な数字が表示される。

「私がんばったのに~どうして~ありえないよ~~~~!!!」

当の本人は納得できないが、コメントは大炎上!「ウザい~~」「さむい~」「ひくよ~」「見たくね~よ、完全にアウト」

そんなコメントを望月は見て「アウトなんかじゃないよ~」またまた、先ほどのテニスの判定を思い出していた。

「なんでフォローしてくれないんですか~」コーチに噛みつく自分の姿。

「審判がアウトって言ったら、アウトなんだよ~お前みたいな奴がいると、クラブの和が乱れるんだよ~」

望月がチクショ~~と悔しがっていると、ゆずきが大丈夫?と駆け寄っていく。

「熱くなり過ぎだよ~お腹減ってるのは分かるけどさ~」ゆずきはそう言うが。

「それはあんたでしょ~私はお腹が減って熱くなったんじゃなくて、こういう性格なのよ~」

望月は逆ギレして、ふてくされて言い捨てる。

そんな凍りつくようなカフェテリアでは、ご飯にはありつけない。17番・ゆずきがタブレットの前に立つ。

「うんちょこちょこちょこ~~ぴー」と、分けのわからない一発ギャクを披露。

その後、次々に一発ギャクが披露されていく。(内容は恥ずかしいので書きません”(-“”-)”)下にあるツイッターをご覧ください)

11・8・4・7・15・9・10・16・21・そして14番・永嶺みこ(長濱ねる)、10人がクリアー。(名前書くの大変なので、省略しま~す)

ゆずきを筆頭に、不合格者は10人。

彼女らは、クリアしてご飯を食べている合格者を、ただただ眺めているだけだ。


出典:https://www.happyon.jp

14番・みこは「美味しいわ~これ~」ゆずきが見つめる中、彼女に見せつけるようにご飯を食べる。

「私は、永遠にゆずきの傍にいたいのよ~」と言っていたみこの気持ちは、何処かに吹き飛んでいた。

そんなみこを見て、ゆずきは心の中で叫ぶ~(私はあなたから卒業します~食べ物の恨みは忘れません~)

一方、18番・望月はコーチの言葉を思い出していた。

「周りに合わしたほうが楽なんだよ~だが、今のお前じゃ、友達は誰も手を差し伸べてくれないぞ~」

彼女は「だったら、友達なんかいらないです~」とコーチに罵声を浴びせてしまう。

天国と地獄の状況の中、ゆずきは不合格者9人を集める。「真剣勝負だから、最後に残ってご飯食べられなくても、恨みっこなしだよ~」といい伝えるが…..

合格者がご飯を食べながら、余裕ぶっこんでムカつく中~

不合格者たち10人は、再び「2万いいね!」を獲得するために、一発ギャグをやりはじめる。

17番ゆずきからはじめ、1・13・6・12・20・3・19・5・18と、次々に分けのわからないギャグのオンパレード!!

気合が入ったのか次々に合格していくが、17番・ゆずきと18番・望月が脱落する。


出典:https://www.happyon.jp

二人は合格者たちがご飯を食べるのを、悲しい表情で眺めている。

新たな指令

残るご飯は2つで、しかも1つはジュースだけだ~果たして、どっちがドボンを引くのか???

望月が最後の勝負に出ようとすると、ゆずきに腕を掴まれる。

「もし、18番がクリアーしたらご飯を半分ちょうだい~」「仲間だよね~クラスメートでしょ~」

さっき不合格者を集めて、恨みっこなしだよ~とみんなに言ったのは何だったんでしょうね。

ゆずきにとっては、もうプライドなんかどうでもいいのだ~とにかくご飯が食べたい、野生の本能丸出しだった。

ゆずきが腕に縋りつくのを振り切り、望月がやったギャグは「コマネチ~」!!

すると、勝利の女神は望月に微笑み、まさかのドボンはゆずきだった。

ゆずきにとっては、悪夢のようなどん底状態。もう、なりふり構ってられないゆずきは、ご飯を食べている望月の前で正座して呟く

「ご飯を半分下さい~同情するなら、半分ちょうだい~」と寂しそうに言うと。

望月は、ツナマヨ嫌いだからあげるね~とおにぎり1個を差し出してくれる。

天使のような望月から、おにぎりを貰って食べているゆずきを見て~「先にご飯食べちゃって、ゴメンね~」みこが声をかける。

ゆずきは、気にしてないよ~と表情に出さないが(絶対に許さない~)と心に刻み込む。

生徒たちの食事が終えると、新たな指示がタブレットに!「体育館へ移動せよ~」再び新たな戦いが始まろうとしていた。

カフェテリアのドアのロックが解除され、生徒たちは体育館へ移動する。


出典:https://www.happyon.jp

体育館の扉を開けて中に入ると、タブレットの向こうに男の姿が。

「ギャ~~~~~~!!!!」

血まみれの男が、透明な容器に入れられ囚われていた。よく見ると、その男は担任の先生(原田龍二)だった。

第5話 完 つづく~

 

スポンサードリンク


「残酷な観客達」第5話 一発ギャグ集

さてさて、一発ギャグはご覧になりましたか?

見ているこっちが恥ずかしくなっちゃいますね。

可愛い子がやるからまだ見れるけど、あれを不細工の子がやったら、大炎上だわね。

ドボンは予想通りにゆずきで、お腹空くとテンション下がるから、お裾分けあってよかったですね。

物語は、やっとご飯が食べられて、次回はいざ決戦へって感じです。

この先がどうなるのか、よく分からないです。黒幕の正体もまだ明らかにされていません。

物語は秋元さんが企画・原作なので、この先どんでもないことが起こりそうな気がします。

次回の第6話が注目です。

「残酷な観客達」第5話のあらすじ・ネタバレ、SNSを紹介しました。

ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です