「ごめん、愛してる」ドラマ あらすじ・キャスト!長瀬智也 ×吉岡里帆×坂口健太郎

ごめん、愛してる

この夏、一番切ないラブストーリー!!

日曜劇場『ごめん、愛してる』

主演:長瀬智也

2017年7月9日(日) TBS系スタート
毎週日曜日 よる9:00~9:54(初回25分拡大)

韓国で大ブームとなった究極のラブストーリー~
2017年に舞台を移して日本人キャストでの物語!

「ごめん、愛してる」ドラマ のあらすじや見どころ、キャストを紹介します。
画像出典:http://www.tbs.co.jp

スポンサードリンク

「ごめん、愛してる」ドラマ 基本情報

【放送日】2017年7月9日(日)スタート
【時間】毎週日曜日 よる9:00~9:54
【放送局】TBSテレビ

【主演】長瀬智也

【原 作】韓国KBSドラマ「ごめん、愛してる」(脚本・イ・ギョンヒ)

【脚 本】浅野妙子(『イノセント・ラヴ』『カレ、夫、男友達』『美しき罠』)

【音 楽】吉俣 良(『救命病棟24時』『江~姫たちの戦国』『忠臣蔵の恋』)

【演 出】石井康晴(『新参者』『S 最後の警官』『逃げるは恥だが役に立つ』)水田成英(『救命病棟24時』『医龍』『不毛地帯』)植田 尚(『チーム・バチスタ』『サキ』『ホテルコンシェルジュ』)

【編 成】磯山 晶(『流星の絆』『空飛ぶ広報室』『重版出来!』)辻 有一(映画『予告犯』『図書館戦争』)

【プロデューサー】清水真由美(『特命係長 只野仁』『Wの悲劇』『お義父さんと呼ばせて』)

【製 作】MMJ・TBS

「ごめん、愛してる」ドラマ あらすじ

幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律(長瀬智也)。底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。

そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性・三田凛華(吉岡里帆)を助ける。

後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる…。

ある日、律は事件に巻き込まれ頭に致命的なけがを負い、命がいつ尽きるかわからない状態に。

せめて最期に親孝行がしたいと実母を探し始めた律は情報を掴み、母親・日向麗子(大竹しのぶ)を探し当てる。

しかし律が目にしたのは、貧しさゆえに自分を捨てたと思っていた母親が息子のサトル(坂口健太郎)に溢れんばかりの愛情を注ぐ姿。

裕福で幸せそうな二人の様子に愕然とした律は、母親への思慕と憎しみに葛藤する。そんな時、律は凛華と再会する。

凛華は幼馴染みであるサトルに思いを寄せていたが、その想いは届かず寂しさを抱えていた…。

これまで誰にも愛されなかった悲運を呪い、それゆえに、愛を求める律。

彼が内側に秘める孤独と人としての温かさに触れ、だんだん律に惹かれていく凛華。

母の愛を一身に受け陽の当たる道を歩み、律の苦悩を知らずに屈託なく生きるサトル。

そして、かつて自分が産んだ子供がそばにいることに気づかずサトルを溺愛する麗子……

公式サイトより

「ごめん、愛してる」ドラマ 見どころ

ドラマは、韓国KBSテレビで制作され、最高視聴率29.2%を記録した韓国ドラマ「ごめん、愛してる」のリメイク。

当時韓国で大ブームとなった究極のラブストーリーを、2017年に舞台を移し日本人キャストで紡いでいくというものです。

幼い頃、母親に捨てられ、その母親に復讐を誓う主人公・岡崎律を演じるのは、長瀬智也さん。

長瀬さんは「ラブとエロス」以来の20年振りとなるラブストーリーで、愛を求め様々な感情が重なりあう律の心のうちをどのように表現するのか、注目されています。

律を捨てた母親・日向麗子を演じるのは大竹しのぶさんで、坂口健太郎さんが演じる息子のサトルを溺愛しています。

この3人の三角関係の歯車がどのように揺れ動いていくのかが、一番の見どころです。

そして、愛情深い幼なじみのサトルに想いを寄せる凛華を演じるのは、連ドラ初ヒロインを務める吉岡里帆さん。

律と麗子とサトル、もう一つは律と凛華とサトル、2つの三角関係が物語の軸になっています。

サトルが夢中になる天才サックス奏者・古沢塔子役の大西礼芳さんや、

ドラマでは重要な存在となる若菜を演じる池脇千鶴さんが、どんな演技を見せてくれるのかも期待が高まります。

「ごめん、愛してる」ドラマ キャスト(登場人物)

岡崎 律(35)・・・長瀬 智也

ごめん、愛してる
出典:http://www.tbs.co.jp

カジノの用心棒

幼い頃母親に捨てられ、児童養護施設で育った。

血の気が多くケンカも強いが、人間的な温かみも持つ。

【長瀬智也・略歴】
1978年 神奈川県生まれ(38歳)

1994年、TOKIOのメンバーとなって『LOVE YOU ONLY』でCDデビュー。

歌手活動をしながら、1993年に『ツインズ教師』でドラマ初出演、1995年『カケオチのススメ』でドラマ初主演。

それ以降は『池袋ウエストゲートパーク』『タイガー&ドラゴン』など、宮藤官九郎 脚本作品に多く出演する。

2016年に放送された主演連続ドラマ『フラジャイル』での演技は注目され、高い評価を得る。

【その他の出演】
『ムコ殿』『歌姫』『華麗なるスパイ』『うぬぼれ刑事』『泣くな、はらちゃん』『クロコーチ』ほか

三田 凜華(24)・・・吉岡 里帆

ごめん、愛してる
出典:http://www.tbs.co.jp

スタイリスト

幼なじみのサトルに思いを寄せるが、相手にされない。

他人のために自己犠牲をいとわない、純粋で愛情深い女性。

【吉岡里帆・略歴】
1993年 京都府生まれ(24歳)

父や母・祖母の影響を受けて、幼さない頃から映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。

18歳の時、小劇場の舞台に立ち唐十郎の『吸血姫』で主人公を演じたのをキッカケに、演劇へとのめり込む。

芸能プロダクションに入り2013年より女優として活動を開始し、翌年『週刊プレイボーイ』で初めてグラビアに出る。

テレビ小説『あさが来た』のヒロインオーディションでは落選するが、印象に残り途中からレギュラー出演する。

丸メガネがトレードマークの「のぶちゃん」をコミカルに演じて一躍注目を集め、人気上昇で大ブレーク。

【主な出演】
『ゆとりですがなにか』『レディ・ダ・ヴィンチの診断』『カルテット』映画『ハッピーウエディング』ほか

日向 サトル(24)・・・坂口 健太郎

ごめん、愛してる
出典:http://www.tbs.co.jp

ピアニスト

母親から英才教育を受け、卓越した演奏技術を持つ。

甘いルックスで女性に絶大な人気があるが、塔子に夢中。

【坂口健太郎・略歴】
1991年 東京都生まれ (25歳)

2010年19歳の時、第25回『MEN’S NON-NO モデルオーディション』に合格しモデルデビュー。

塩顔男子ブームの火付け役として注目され、2014年の映画『シャンティデイズ 365日 幸せな呼吸』で俳優デビュー。

2015年、映画『俺物語!!』で映画初主演し、TBS金曜ドラマ『コウノドリ』で連続ドラマ初出演する。

2017年、映画『64-ロクヨン- 前編/後編』で、第40回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞する。

【その他の主な出演】
『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『重版出来!』『とと姉ちゃん』映画『君と100回目の恋』ほか

古沢 塔子(27)・・・大西 礼芳

ごめん、愛してる
出典:http://www.tbs.co.jp

天才サックス奏者

自分の思うままに生きる女性で、恋愛に対しても自由奔放。

【大西礼芳・略歴】
1990年 三重県生まれ(26歳)

京都造形芸術大学 映画学科俳優コース在学中、同学科の映画『MADE IN JAPAN 〜こらッ!〜』でヒロインを演じる。

特技が多彩で、日本舞踊、英会話、映像編集、サックス、ピアノ、水泳、剣道、英検2級、書道7段など。

【主な出演】
テレビ小説『花子とアン・べっぴんさん』大河『花燃ゆ・真田丸』『はじめまして、愛しています』ほか

加賀美 修平(48)・・・六角 精児

六角 精児
出典:http://www.tbs.co.jp

ゴシップ記者

麗子を憎んでおり、彼女を不幸にしたいと律に近づく。

【六角精児・略歴】
1962年 兵庫県生まれ(55歳)

1982年、高校演劇界から仲間内で「劇団扉座」を旗揚げし、大学在学中にインパクトある名前「六角精児」と芸名。

2006年、ドラマ『電車男』に出演してから知名度が上がっていき、1クール内で3本のドラマにレギュラー出演する。

ドラマ『相棒』の米沢守 役を長年演じて知名度が広がり、人気も上昇していく。

【その他の出演】
『美男ですね』『ルーズヴェルト・ゲーム』『民王』テレビ小説『まれ』『不機嫌な果実』映画『相棒シリーズ』ほか

河合 若菜(32)・・・池脇 千鶴

池脇 千鶴
出典:http://www.tbs.co.jp

律の幼なじみ

律と同じ施設で育ち、子どもの頃に事故に遭い高次脳機能障害。

事故のときと同じ、7歳程度の知能で止まってしまっている。

【池脇千鶴・略歴】
1981年 大阪府生まれ (35歳)

1997年、「三井のリハウス」オーディションで合格し、第8代リハウスガールとして芸能界デビュー。

1999年『大阪物語』で映画デビューし、毎日映画コンクールやキネマ旬報で新人賞を受賞する。

2001年、NHK連続テレビ小説『ほんまもん』に主演して全国的に知名度が広がり、人気が上昇していく。

2014年、映画『そこのみにて光輝く』で「日本アカデミー賞」優秀主演女優賞など、数多くの国内映画賞を受賞。

【主な出演】
テレビ小説『ほんまもん』『火消し屋小町』『タイトロープの女』映画『神様のカルテ2』『はぶらし/女友だち』ほか

三田 恒夫(60)・・・中村 梅雀

「ごめん、愛してる」ドラマ
出典:http://www.tbs.co.jp

凜華の父

麗子のマネージャーで、彼女のためならなんでもする。

【中村梅雀・略歴】
1955年 東京都生まれ(61歳)

前進座で歌舞伎・演劇の世界を学び「二代目梅雀」として活動し、2007年退団。その後は、映画・ドラマに活動の場を移す。

ドラマ『信濃のコロンボ事件ファイル』や、映画『釣りバカ日誌』の出演が当たり役となり、知名度が上がる。

【主な出演】
大河『八代将軍吉宗・平清盛』『赤かぶ検事シリーズ』『アリスの棘』『BARレモン・ハート』『伝七捕物帳』ほか

日向 麗子(58)・・・大竹 しのぶ

ごめん、愛してる
出典:http://www.tbs.co.jp

元ピアニスト

律を捨てた母親。サトルには自分のすべての愛情を注ぎ、甘やかしている。

世界で活躍するほどの一流ピアニストだったが、その後に挫折を経験。

【大竹しのぶ・略歴】
1957年 東京都生まれ (59歳)

1973年、テレビドラマ『ボクは女学生』のヒロインオーディションで選ばれ、芸能界デビュー。

1988年、芸人の明石家さんまと結婚し長女IMALUを生んだが、子供の親権を大竹が持つことで1992年離婚。

2011年、秋の褒章において紫綬褒章を受章し、日本を代表する女優の一人である。

女優として、撮影時に瞬時に涙を流すことができたと言われ、憑依型女優で女の深い闇を演じるのは天才的な女優。

【主な出演】
『大河 江』『男女7人夏物語』『それでも、生きてゆく』映画『鉄道員 ぽっぽや』『海街diary』『後妻業の女』ほか

その他の出演

河合 魚 役・・大智、黒川 龍臣 役・・山路和弘 、立花 さと子 役・・草村礼子

スポンサードリンク


「ごめん、愛してる」ドラマ 主題歌

「ごめん、愛してる」ドラマの主題歌は、


出典:http://www.tbs.co.jp

宇多田ヒカル 『Forevermore』7月28日~配信リリース~

宇多田ヒカルさんといえば、EPICレコードジャパンにレーベル移籍しましたが、

『Forevermore』は移籍後第2弾の曲になり、宇多田さんがドラマのために書き下ろした新曲です。

移籍後第1弾の曲は『大空で抱きしめて』7月10日~配信リリース~

こちらは、サントリー天然水のタイアップ曲で、現在テレビCMで流れていますね。

まとめ

長瀬智也さん主演のドラマで思い出すのは、私は「クロコーチ」が好きでした。

あの悪びれた主人公がかっこよくて、コミカルの部分もあって面白かったですね。

あとは「フラジャイル」もいいですね~自分の信念を曲げず、医療に取り組む姿はよかったです~

「ごめんね、愛してる」は究極のラブストーリーです。

先ほどの作品とは全く違いますので、長瀬さんがどんな感じで演じてくれるのか、注目したいです。

長瀬さんもこのドラマで、役の幅が広がっていくのではないでしょうか!

さらに、主題歌が宇多田ヒカルさんなのがいいですね~

ドラマの主題歌って、曲とドラマがリンクするのでその曲を聴くとドラマを思い出します。

放送が楽しみですね~\(^^)/

「ごめん、愛してる」ドラマ のあらすじ・見どころ、キャストや主題歌を紹介しました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です