「ハロー張りネズミ」第7話 あらすじ・ネタバレ!橋本マナミが魔性の女に!

「ハロー張りネズミ」第7話

変幻自在な探偵ドラマ!!

金曜ドラマ
『ハロー張りネズミ』

主演:瑛太
共演:深田恭子

毎週金曜日 よる10:00~10:54

ある女性を調べて欲しいと依頼を受ける。
だが、その女性を調べていくとトンデモない事実が….

「ハロー張りネズミ」第7話の
あらすじ・ネタバレを書いていきます。
画像出典:http://www.tbs.co.jp

スポンサードリンク

「ハロー張りネズミ」第7話 あらすじ

ある日、「あかつか探偵事務所」の近所にある八百屋の店員・星野(宇野祥平)が訪ねてくると、

ある女性について調べてほしいと調査の依頼をする。

その女性は時々、閉店間際にやってきては必ずネギを買って帰るという。

「その彼女を調べてどうしたいのか?」と蘭子(深田恭子)が聞くと、「デートに誘いたい」と答える星野。

その女性の写真を見せられたゴロー(瑛太)とグレ(森田剛)は、星野の願いは叶わないと確信するも、かほる(山口智子)は依頼を承諾。

カップルを装って調査する方が都合がいいだろうと、ゴローと蘭子を担当に当てる。

ほどなく、調査対象の女性は外資系企業でOLをしている中村七菜子(橋本マナミ)だと判明。

また、複数の男性と交際し、デートを繰り返しては身体の関係を持ち、貢がせていることを突き止める。

そんな七菜子に苛立ちを覚えるゴローだが、一方の蘭子は……。

「ハロー張りネズミ」第7話 あらすじ・ネタバレ

第6話のネタバレはこちら↑

OL系魔性女


出典:http://www.tbs.co.jp

月曜日~木曜日まで、毎日男を替えてデートする七菜子に腹が立つゴローは、彼女が何股しているのか調べていくことにする。

そして金曜日、七菜子を尾行するとまたしても別の男で、これで5股になる。

その男は焦っていたのか、いきなりホテルに行こうとすると、七菜子に張り手で殴られてフラれてしまう。

よく見ると、その男は「サンライズ出版」社長の南(リリー・フランキー)だった。

南が七菜子と知り合ったのは、パパ活という出会い系サイトで、彼女は愛人希望のメッセージを出していた。

今までの男たちとは、ここで出会っていたのか~

あの子は、顔は愛人顔しているが、ほんとは心が純朴な子なんだよ~南はそういうが……

その後、依頼主の星野に写真付きの調査報告書を見せると、

「エッ~五股なのー!」

星野が驚いて動揺していると、ゴローは忠告する。

「星野さんの手に負える女じゃないです~」

「男をクレジットカードとしか思っていないし、身ぐるみ剥がされるのが落ちですよ~」

深入りする前に、彼女の本性が分かって良かったですね~とゴローはいうが、

「沢山知れてよかったです~今の所、土日はまだ空いているんですよね~?」

星野はそう言い放し、まだ七菜子を諦めようとしない。

何人もの男を手玉に取る、ろくな女じゃないんです~とゴローが説得するが、星野は諦めようとしない。

「でも、本命の彼氏がいないってことですよね~?」

これでデートに誘えます~ニコニコしながらお礼を言って事務所を後にするが、星野は外に出るとワーワー大泣きしだす。

ネギの花言葉

調査した事実をすべて報告するのが、探偵の仕事だとゴローはいうが、蘭子は疑問が残る。

「でも、ほんとにすべてを調査したんでしょうか?」

彼女は何人もの男性とお金を貰って交際していた~その男性たちと身体の関係も持っていた~

七菜子はお金を持っている筈なのに、家賃の安いアパートに住み、服装も高価な服ではなく、毎日お弁当を作って昼食代を節約していた。

「たぶん、男から巻き上げた金を貯金しているんだよ~」

ゴローはそういうが、蘭子は何か別の事情があるのではないかと思っている。

「自分がそうだったから、そう思っているんじゃないの~?」

ゴローがズバッと言うと、蘭子は怒り出してゴローを殴りつけ、事務所を出て行ってしまう。

七菜子には、どんな事情があるのか?

蘭子は七菜子のアパートに行き、話を聞いてみることにする。


出典:http://www.tbs.co.jp

「ある人から頼まれて、あなたのことを調べました」

守秘義務で誰だかは言えないが、どんな事情があるのか話して欲しいと蘭子はいう。

七菜子の実家はネギを作っている農家で、借金して設備投資したが、父親が身体を壊してその返済が出来なくなった。

その返済のために男性と愛人契約し、貰ったものは現金化して、そのお金を仕送りに回していたのだ。

美味しいモノを食べたり、いい思いもして自分も楽しんでいたが、結局、男は身体目的の付き合い。

この間、いきなりホテルに誘われて、急に自分がやっている事のすべてが嫌になり、愛人契約していた男とは関係を断ち切った。

会社も辞めて実家の農家を手伝う事にしたと、七菜子はいう。

「でも、一つだけ心残りがあるのよ~」

好きに成りかけていた人がいると、彼女は告げる。

その男性は、七菜子がいつもネギを買いに行く八百屋の店員、星野だった。

星野はいつも笑顔で働いて、それを見ると自分も笑顔になり、気持ちが安らんで癒されていた。

彼女が初めて星野の八百屋に行ったとき、七菜子の地元産のネギを勧めて、ここのが一番美味しいネギだと褒めてくれた。

星野に好感を持った七菜子は、いつもネギを買って彼の笑顔から元気を貰っていた。

彼と話たくてわざと閉店間際に言って、自分の気持ちを伝えたかったが、七菜子は出来なかった。

「あの人に、好かれるしかくがある女じゃないけど~私の気持ちに気付いて欲しかったな~」

七菜子は切ない気持ちでそう呟く。

ネギにも花言葉があって、それは笑顔と…….

くじけない心

蘭子から七菜子の話を聞いたゴローは、星野の店へ向かう。

七菜子も星野のことが好きだった事を伝え、いますぐに彼女の元へいくべきだとゴローはいう。

「行かなきゃダメだ~いますぐ、七菜子さんの所へ行こうー!」

「ネギの花言葉には、もう一つ花言葉あるんです~それは、くじけない心ですー!」

星野はそれを聞いて、引っ越して田舎に戻った七菜子に会いにいく。

畑仕事をしている七菜子を見つけ、二人は再会する。


出典:http://www.tbs.co.jp

「どうして、ここに?」

七菜子は驚くが、探偵に依頼したのは自分ですと星野は正直にいう。

「七菜子さんの事は、すべて探偵さんから聞きましたー!」

「僕は金もないし、美味しいレストランも知らないし~仕事はたんなる八百屋です~」

あなたと一緒にいたら笑われるようなこんな顔ですが、でも、僕はくじけないネギのような男です~

「七菜子さんの笑顔を僕に下さい~」

星野が告白すると、七菜子は彼の気持ちを受け入れて、二人は抱きしめ合う。

そんな二人を遠くで見守っていたゴローと蘭子。

「俺~あのーー蘭子さんが好きですー!」

ゴローはついに蘭子に告白すると、蘭子も好きです~といい、二人はキスをする。

「じゃ~行こうか、この辺のラブホテルへ~」

「はぁ~?」

俺のネギ坊主がさ~ゴローがそう言うと、また蘭子に殴られる。

【第7話 完】

スポンサードリンク


スポンサードリンク


「ハロー張りネズミ」第7話 感想

切ない話でしたが、七菜子ような女性は実際にいると思います。

借金返済のためかどうかは分かりませんが、愛人クラブに登録している女性はいますよね~

私のママ友にも、愛人契約ではないですが、出会い系サイトのサクラをやっている人がいます。

サクラなので、まず会うことはないみたいです。

そこのサイトは、男性はポイントを買って、メールしたり電話で会話したりするそうです。

サクラの女性は、相手の男性にポイントを使わせるために、焦らしメールしたり、会話を長引かせたりと色々大変見たいです。

頑張れば~けっこうお金になる見たいですよ。

私は、ドラマサイトで記事を書いたり、パートもしているので、そんな暇はないのでやりません。

旦那さんに知れるのもマズイですよね~

ドラマを見ていて、そんなことを思い出しちゃいました。

次回は、どんなストーリーなのか注目したいです。

「ハロー張りネズミ」第7話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です