「伊藤くん A to E」第2話 あらすじ・ネタバレ!佐々木希がぞんざいに扱われる女に!後編

「伊藤くん A to E」第2話

美しくも哀れな欲望渦巻く震撼恋愛ミステリー

ドラマイズム
『伊藤くん A to E』

主演:木村文乃
共演:佐々木希

TBS系 毎週火曜 深夜1:28~1:58

ライブ会場に来た女は見知らぬ女!
智美は彼女と飲みに行くが…..

「伊藤くん A to E」第2話 のあらすじ・ネタバレを紹介します。
画像出典:http://www.tbs.co.jp

スポンサードリンク

「伊藤くん A to E」第2話 あらすじ

脚本家の矢崎莉桜のもとに恋愛相談に訪れた島原智美(佐々木希)は、

高級革製品店に勤める美人だが、まるで店頭の売れない高級バッグのように、5年間想い続けている伊藤に振り向いてもらえない。

ある日、智美は伊藤に誘われたライブに駆けつけるが、現れたのは伊藤ではなく宮田真樹(山下リオ)と名乗る見知らぬ女だった。

ひどい扱いを受けた智美は伊藤との連絡を絶つが、伊藤は智美の店までやって来て、今度はお金が必要だとほのめかす。

プロデューサーの田村(田中 圭)に新作のネタ出しを迫られている莉桜は、智美を促し伊藤に金を持って行かせるが……Aの女、完結編!

「伊藤くん A to E」第2話 あらすじ・ネタバレ

第1話 前編はこちら↑

前回の後編です。

莉桜(木村文乃)が伊藤くんはオジ様系と想像を膨らませていき、智美の回想シーンでは伊藤くんが田村だったらと仮定してドラマは進行していきます。

【A ぞんざいに扱われる女 島原智美 後編】

惨めすぎる女

智美は田村に誘われたライブに駆けつけるが….現れたのは宮田真樹と名乗る見知らぬ女だった。

「あの~ちょっと待ってください~伊藤君は?」

あいつは来ないよ~と真樹はいい、今日は二人で楽しもうね~と真樹はルンルン気分!

「その人が、伊藤君が言ってた好きな人ですか?」

美人だし個性的だし、自分に自信を持っている事が全身から伝わって来ました~智美はそう言って、その後の話を始める。

ライブを見たあと、二人は居酒屋に行く。

「あら、可愛い靴ね~」

真樹は、智美の靴を見て褒める。

革製品のメーカーに勤めていますと智美がいうと、私は一応スタイリストやってます~と真樹は自分を誇示する。


出典:http://www.mbs.jp

(いいから、早く本題を切り出しなさいよ~)

「あの~伊藤君とはどういう関係なんですか?」

智美が切り出すと、何にもないという。

真樹のルームメイトでシュウちゃんという女の子がいて、その子と伊藤がバイト先(塾の受付)が一緒だという。

「私はその子の代理なの~ほんとはシューちゃんといくつもりだった見たい~」

真樹は淡々と話すが、そのシューちゃんがライブをキャンセルして、そのチケットが真樹に渡り~

そのシューちゃんが来ないことを知った伊藤君は行く気を無くして、智美にいくように仕向けた。

「よくそんな扱い出来ますね~あなたのことをー!」

莉桜は話を聞いてて呆れかえるが、

「彼に取って私が、どれだけ取るに足らない存在なのか~ようやく分かりました~」

昨夜は仕事を早く切り上げて、真っ赤な勝負下着でデートに望んだのに、智美の切ない気持ちは彼には分かってもらえない。

(この女、惨めすぎる~~)

これで、伊藤君とはもう終わったのかと思ったが、話はその先がまだあった。

悪口をいう女

居酒屋を出たあと、二人はダーツバーに行く。

「シュウちゃん、チョー伊藤のこと嫌ってるんだよね~」

「この間なんか、高級そうなグミを貰ってきてさ~それ食べながら、シュウちゃんと一緒にあいつのことをボロカスよ~」

そのグミは智美が伊藤君にあげたもので、彼女はやるせない想いで気持ちが沈んでくる。

私も彼のことはそんな好きじゃないと智美がいうと、真樹は嬉しそうにさらに伊藤君の悪口を言い出す。


出典:http://www.mbs.jp

「あいつはストーカーだよ~捨て犬見たいにまとわり付いてくる~」

「グジグジしててさ~シューちゃん、前はノイローゼになったんだよ~」

伊藤君の悪口言いたい放題の真樹を見て、智美は話を聞いてて嫌気が差してくる。

(グジグジ付きまとうんだって~捨て犬見たいにー!この子から見た伊藤と、伊藤から見たあなたは同じってことよ~)

(なんとしても、恋人を繋ぎとめない彼~魂胆が丸わかりの不憫な彼~それとそっくりなあなた~)

「あなたも悪口いいなよ~私なんか毎晩シューちゃんから聞いてるよ~」

真樹の悪口が止まらないので、ついに智美の怒りが爆発する。

「ちょっと酷すぎるんじゃない~一生懸命好きになってるのに、バカにしてー!」

「そんなのズルいよ~本当に嫌いなら、逃げ回らずに自分の意思を言うべきでしょー」

「中途半端に期待持たせて、優越感に浸ってんじゃないわよーー!!」

智美はテーブルに紙幣を叩きつけて置き、その場をあとにする。

(ほら~泣けば~泣いた方がドラマ的に都合がいいののよ~)

回想シーンに登場する莉桜が、ニコニコしながら言い捨てる。

「泣かずに帰って来たのは、せめてもの抵抗というか……」

そう言うと智美はワーワー泣き出す。

引きずり降ろされた男

その後、捨て犬見たいにまとわり付く智美は、懲りずに田村(伊藤君)と会っていた。

ライブの事はごめんといい、あれほど尽くしたのに、好きだったシューちゃんがバイトを辞めたと彼は嘆いている。

田村は気持ちを入れ替えて、今度はセミナーに通うと言い出す。

それはメンタルを変える講座で、講師には有名人が来るらしいといい、田村はチラシを智美に見せる。

(呆れすぎて、怒りも沸かない)

そこに入るには入会金として20万必要で、何とかならないかな~と智美に相談する。

(お金を渡したら最後~もう永遠に本当の恋人にはならない~)

智美が真剣にそのチラシを見ているのに気づき、田村はウソウソ~冗談だよ~と言うが….

その後、智美は田村のために20万を用意して、再び莉桜の事務所を訪れる。


出典:http://www.mbs.jp

「最後の賭けだとしたら、もしもこの膠着状態に風穴を開けてくれるとしたら、決して高い額ではないわ~」

(この女、ほんとうに救えないわ~自分の意思を肯定して貰いたくて、ここに来たのだろう)

「もし、彼が傷心しているのなら、支えてくれるあなたの元へくるはずです~」

頑張って~莉桜は笑顔でアドバイスする。

そんな中、莉桜に勇気づけられた智美は田村と会うことに。

セミナーのことに智美が触れると、あんな所に行っても意味ないよと人に言われ、あれはもうヤメたんだと彼はいう。

いい加減な田村だったが、智美はバックから20万出して彼に突きつける。


出典:http://www.mbs.jp

「本気にしたの?俺、貸してなんて一言もいってないよー!」

「そういう所が嫌なんだよ~勝手にさ~息苦しいよな…..」

勝手なのは田村の方だった。

お願い使って~と智美は笑顔で田村に告げるが、彼はいらないよ~と拒否する。

「20万くらいすぐ使えるでしょ~返さなくていいから~」

やりたい事とか、旅行とか、欲しいものを買えばいいじゃない~智美はそう言うが。

「無理だよ~使えないー!」

「君はさ~君自身が高級だから、どんな額でも使えるし、いいモノ持ってても平気なんだよ~」

俺は違う~そんな自信がないんだと田村はいう。

伊藤君が、こんなにも小さい男だったんだと気付いた智美は言い放す。

「じゃ~このお金は私自信のために使うわ~お元気でーー!!」

智美は伊藤君に別れを告げて、その場を後にする。

「私は、ただ拘っていただけだったんです~あれだけ頑張って来たんだから、元取らなきゃって~」

「意地になって、必死に好きって言わせようとして、自分の気持ちを疎かにして、どうでもいい事にばかり構ってくれました~」

「しがみついて、無理やり振り向かせようとして価値を押し付けてしまい、彼を引きずり降ろしてしまったのは、私なんです~」

「最後に彼を見たとき、違う人見たいでした~あんな高見から見下ろしていた人が、私を見て怯えて、そうさせてしまったのは私です~」

だからもう、彼とは会いません~智美は最後にそう告げる。

「受け取ると思ったのにな~私がイメージした男は、差し出されたモノは断ったりしない~」

智美の話を元にドラマの脚本を書いていた莉桜は、自分がイメージした男と違うな~とプロデューサーの田村にいう。

「ま~色んな男がいますからね~」田村はそう告げる。

一方、伊藤君と別れた智美は、店で閉店の準備をしていると一人の女性が入ってくる。

「あの~もう閉店ですか~」

「大丈夫ですよ~」


出典:http://www.mbs.jp

その女性は【B】の女~野瀬修子(志田未来)だった。

お気に入りの高級バックを見て、修子は即買いするのであった。

【A ぞんざいに扱われる女 島原智美 完】

スポンサードリンク


スポンサードリンク


「伊藤くん A to E」第2話 感想

真樹の悪口機関銃トーク~ああいうのって、ほんとに嫌ですね。

ああいう子って、何処にもでいます。

何かと言えば、人の悪口ばっかをベラベラ得意になって話す子。

聞いてて本当に嫌になりますよね~

私のママ友にも自慢ばっかする女性がいますが、私はいつも適当に相槌を打っています。

まともに聞いてたら身が持たないので、サラリと交わすのがいいと思います。

それにしても、回想シーンで田村を被せた伊藤君は最悪だわ~

主体性がまるでない男~自分の事しか考えない男~優柔不断な男~見栄っ張りで嘘付く男~

これらに当てはまる男は、付き合いたいとは思わないです。

外見はいいに越した事はないですが、結婚するとなると、経済力がない男も私はパスですね。

みなさん色んな意見があると思いますが、よく相手を見てからお付き合いしましょう!

【A】の女~島原智美は今回で完結で、次回からは【B】の女~志田未来さんが演じる野瀬修子の物語です。

どんなストーリーで、どんな伊藤君が出てくるのか、注目ですね\(^^)/

「伊藤くん A to E」第2話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です