「伊藤くん A to E」第6話 あらすじ・ネタバレ!池田エライザ・偽リア充小悪魔系女!後編

「伊藤くん A to E」第6話

ドラマイズム
『伊藤くん A to E』第6話 あらすじ・ネタバレ!

主演:木村文乃
共演:池田エライザ・夏帆

美しくも哀れな欲望渦巻く震撼恋愛ミステリー

TBS系 毎週火曜 深夜1:28~1:58

聡子は小悪魔スマイルで伊藤を誘惑
ホテルまでいくが……

「伊藤くん A to E」第6話 のあらすじ・ネタバレを紹介します。
画像出典:http://www.tbs.co.jp

スポンサードリンク

「伊藤くん A to E」第6話 あらすじ・ネタバレ

第5話 前編はこちら↑

掠め取る女

「いつでも、相談に乗りますよ~」

親友の実希(夏帆)のバースデーケーキの予約に来た伊藤に、小悪魔系スマイルで誘惑する聡子(池田エライザ)。

伊藤先輩が誤解して私と変なふうになったらと聡子は心配する。

「誤解してなびくようじゃ、真面目な実希さんの相手には相応しくないです」

「そこは、親友として見極めないと~初めて出来た彼氏なので、せめて親友には幸せに過ごして欲しいですよね~」

莉桜(木村文乃)はアドバイスするが、

内心では(自分がどんなに男と寝ても、辿り着けなかった幸せを、彼女はあっさり手にするのよ~)

【回想シーン】

聡子と伊藤は、ジャズバーのカウンターで会話を楽しんでいる。

「伊藤くん A to E」第6話
出典:http://www.mbs.jp

(ジャズバーのカウンターで聡子は勝ち誇った顔をした~男を手玉に取るのは、自分の方が数段上だと思っている~)

今日二人で会った事は、実希には言わないねでと伊藤がいうと「いいませんよ~」聡子は潤う目で伊藤を見つめる。

その後、二人はホテルに行き部屋に入るなりキスをする。

「大切な彼女がいるのに、こんな事しちゃダメですよ~」

「まだ、彼女と決まった訳じゃないので…」伊藤はそう告げると、再び激しくキスを求めてくる。

聡子は伊藤と寝てしまい、童貞の伊藤は経験豊富な聡子にメロメロとなる。

(これであなたはよかったのよね~自分と彼女を比べて落ち込むたび、立ち直る何かが欲しかった~それがこの男ね!)

実希とさ、1回だけやりそうになったんだけど、あいつ自分から服脱ぎだしてさ~お願いしますだって~困るよな~

私、初めてじゃないです~本当ですなんてムキになってさ……その後も延々と伊藤は実希の悪口を言い続ける。

(3年間、彼女は伊藤を一途に思って来た~それを掠め取ったのよ、あなたは!このくだらない男を!)

(証明したかったんでしょ~そんなの簡単だって!)

キモ男

「まさか、伊藤が童貞だったとはね~先生、引き続き取材の方をお願いしますねー!」

プロデューサーの田村(田中圭)からそう言われた莉桜は、まずは全体のプロットを彼に見せる。

その後、実希の誕生日の日が来ても、伊藤はバースデーケーキを取りに来ない。

聡子はどうしたんだろ~と思っていたが、実希から連絡が入る。

「もしもし聡子ちゃん、あのね、伊藤先輩が来ないの~」

実希が涙声で言うので心配になり、聡子は彼女のアパートに飛んでいく。

「やっぱ、あたしじゃダメなのかな~伊藤先輩、あたしの事なんか好きじゃないんだよー!」

「でも好きなの~あの人以外いいと思える人はいない~」実希は涙をボロボロこぼしながら聡子に話す。

「私は変だから嫌われたんだよ~」実希はワーワー泣き出す。

変じゃないよ~私だって本当に好きな人とは出会ってない~本当に好きになって貰った事も1回もないよ~

聡子は自分もそうなのよと、共感させるために実希に告げる。

「伊藤くん A to E」第6話
出典:http://www.mbs.jp

「ジャズバーとかも、二人でオシャレして一緒に行こう~伊藤先輩なんかといるより楽しいから~」

聡子は自分の存在をアピールする。

翌日、伊藤から聡子に連絡が入る。

実希とは別れたから、また会えないかと伊藤は誘ってくるが….

「実希がキスが上手いって言ってたから、どんなセックスするのかと思ったら、28にもなって童貞なんだもんー!」

気持ち悪いのよ~いつも逃げてばっかでしょ~どんなに傷ついても、実希見たいに人を好きになった事なんかないんでしょ~

「マジキモイんだよー!バーカー!」

聡子は毒づいて、くだらない伊藤に別れを告げる。

愛を知らない女

聡子は、実希の大好きなチェリータルトを持って彼女のアパートを訪れる。

聡子が合コンによく行くので、誰か紹介して欲しいと実希にお願いされる。

実希は、あのまま伊藤先輩と付き合ってても、幸せになれなかったような気がすると言う。

格好良くなくても、優しい人なら誰でもいい~男友達を沢山作りたいと実希はいう。

「伊藤くん A to E」第6話
出典:http://www.mbs.jp

「あんまり安売りしないほうがいいよ~まだ、別れたばっかだし、もっと自分を大事にしたほうがいいとゆうか…」

「貴重な事だよ~23まで誰とも付き合わずに自分を守るってさー!」

聡子は実希のために言ったつもりだったが、彼女を怒らせてしまう。

「なにそれ!バカにしてんのー?」

経験豊富だからって、一緒にしないでよ~私とあなたは全然違うのよー!

「聡子ちゃん見たいな人って有り得ないよ~男にだらしなくてさ~安売りしてんのはそっちじゃんー!」

聡子は実希を怒らしてしまい、床の上に落ちたチェリータルトが潰れていた。

その夜、聡子は莉桜の事務所に駆け込んでくる。

私は実希見たいになりたかったんです~実希は中学の時から頭がよくて綺麗で、いつも完璧で~

「私は実希に比べて、全然価値のない人間です~」聡子は涙を流しながら語るが、

「価値って、誰が決めるのかしらね~」莉桜は覚めた口調で言い放す。

数日後、実希から連絡が来て、彼女はアパートを引き払って実家に帰ると告げてくる。

明日にでも有給取って手伝いにいくよと聡子はいうが、母親が手伝いに来ているし、引越し業者も来ているからと、冷たく言い放される。

(親友が好きだったチェリータルト、聡子はそこで働く事に何の価値も見出せない)

聡子は実希のアパートに行くが、彼女は既にもう行った後で、誰もいない部屋に入っていく。

実希と一緒に入ったバスタブに入り、彼女との想い出に浸りながら、聡子は嗚咽をこらえて止めどもなく涙を流していく。

プロデューサーの田村から、プロットはまだですか?と莉桜にメールが入る。

そんな時、売れっ子若手脚本家・久住健太郎(中村倫也)が事務所を訪れる。

「新作ですか~?」久住は何気なく莉桜の机の上を見て、Dの女・神保実希の写真に目が止まると動揺する。

【Cの女・相田聡子~偽リア充女 完】

スポンサードリンク


スポンサードリンク


「伊藤くん A to E」第6話 感想

聡子見たいな、誰とでも寝ちゃう女って~OL時代にいましたね。

5股6股は当たり前っていう子で、同性からはめっちゃ嫌われてました。

聡子をもっと派手にした感じで、小悪魔系女子力高レベル飾り気派手オーラ全開女でした。

プライドが高く、負けず嫌い~人がいいバックとか持ってると、

さらにその上のバックを買って優越感に浸る女!

さらに、人の彼氏を奪う女~いろいろありすぎて書ききれないわヽ(・∀・)ノ

私がOL辞めてからは会っていないので、今は何してるか知りませんけどね。

聡子を演じた池田エライザさんは、小悪魔系な感じがよく表現されていてよかったと思います。

次回からは、Dの女:高学歴の鉄壁女・実希がメインになります。

今回も夏帆さんは出てましたが、次回からの2話はメインなので、どんなストーリーになるのか楽しみですね。

「伊藤くん A to E」第6話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です