「伊藤くん A to E」第7話 あらすじ・ネタバレ!夏帆・高学歴なヘビー級処女!前編

「伊藤くん A to E」第7話

ドラマイズム
『伊藤くん A to E』第7話 あらすじ・ネタバレ!

主演:木村文乃
共演:夏帆

美しくも哀れな欲望渦巻く震撼恋愛ミステリー

TBS系 毎週火曜 深夜1:28~1:58

伊藤先輩にフラレた実希。
処女を捨てるためにある男とホテルへ…..

「伊藤くん A to E」第7話 のあらすじ・ネタバレを紹介します。
画像出典:http://www.tbs.co.jp

スポンサードリンク

「伊藤くん A to E」第7話 あらすじ・ネタバレ

第6話はこちら↑

【Dの女・ヘビー級処女 神保実希 前編】

ヘビー級処女

矢崎莉桜(木村文乃)の恋愛指南、最後の相談者は神保実希(夏帆)23歳。

実希は、Cの女・聡子(池田エライザ)の親友で、大学の伊藤先輩を一途に想い続けていたが、フラれてしまった。

Aの女・島原智美(佐々木希)と、Bの女・野瀬修子(志田未来)が出会った伊藤は、脚本家志望だった。

やはり、伊藤は全員同じ人物なのか?

【リアル・莉桜の事務所にて】

「伊藤くん A to E」第7話
出典:http://www.mbs.jp

莉桜は、再び実希と向かい会っていた。

「伊藤先輩とは、もう別れたんですか?」

処女は重いから嫌だと、伊藤先輩に振られた事を報告する実希。

「処女を捨てる~でも、相手はどうするんですか?」

処女を一刻も早く捨てたい実希は、大学の知り合いに頼んでいて、相手の男は莉桜と同じ脚本家。

なんと、その相手は莉桜の後輩の売れっ子若手脚本家・クズケンこと久住健太郎(中村倫也)だった!

【回想シーン】

クズケンは「ホテル ニューオータニ」に部屋を取り、実希の処女を奪おうとしていた。

クズケンには彼女はいなく、遊びの女しかいないので気楽に行こうぜと、実希の緊張をほぐしていく。

まずは、レストランで食事を楽しんでいると、バースデーケーキのサプライズが!

伊藤先輩から祝って貰えなかったので、実希は嬉しくなり、二人のムードは最高潮に高まっていく。

そんな中、いよいよ部屋に行こうとすると、俺でいんだよな?とクズケンは確認してくる。

初めての相手は忘れられないもので、これから誰とやっても俺の姿がチラつくかもと、クズケンはいうが。

覚悟を決めて来たので大丈夫と実希は告げ、二人は部屋に入っていく。

「なんで、急に処女を捨てようと思ったの?」

「23にもなって処女だと色々言われるし、早く身軽になりたいから~」

実希は親友だった聡子の話をし、その子は誰とでもすぐ寝るし、多くの男と付き合っても続かない~

そんな子に貴重だよ~って言われても腹が立つだけだと、実希はクズケンに話す。

「私、バカにされたんだよー!」実希はそういうが、

「誰とでも寝るってことは、寂しいってことだよ~その虚しさを知ってるんだよー!」

「その子はもしかしたら、実希の事が羨ましかったんだよ~」

クズケンは、莉桜が考えていた事と同じ解釈をする。

二人はベッドの上で瓶ビールを飲み、実希は酔ってくると伊藤先輩を毒づいて叫び出す。


出典:http://www.mbs.jp

「あんたのせいで私の人生メチャクチャだよ~誕生日に振るなよー!この最低のクズー!」

そんな実希を見て、クズケンはキスをして初めようとするが、実希は怖くなり拒否してしまう。

クズケンは優しく抱擁して、実希をリラックスさせていく。

「おまえは可愛いよ~俺の妄想を掻き立てるくらい、実希は可愛いいよー!」

だからもっと自信を持てと、彼は実希を癒していく。

「こんなふうにイチャイチャしてるだけでも、楽しいじゃん~こんな感じで、朝までにゴール目指そう~」

彼が自信を取り戻させてくれたお陰で、実希は自分が女なんだとホッとしていく。

(誰とでも寝る女って親友の聡子を軽蔑してたけど、伊藤の代わりにクズケンと寝るの?)

三角関係の女

クズケンがバスタブに湯を張っていると、実希はどういう訳か伊藤先輩に電話する。

「今、クズケンと一緒にニューオータニにいるんです~」

「先輩の事なんか、今はもうどうでもいいんです」

実希がそう告げると、伊藤は勝ち誇った様に言い放す。

「俺、今人妻と付き合っているんだ~元教え子の母親なんだけどさ~もう俺にメロメロでね~」

実希はショックを受けて電話を切り、テンションが下がっていく。

クズケンに伊藤が言っていた事を話すと、100%嘘だ~話を盛ってるだけだから気にするなという。

「どうして嘘だと分かるの?」

クズケンは伊藤の事をよく知っており、自分が人妻だとしたら伊藤を選ばない~もっと口が固くて大人の男を選ぶと彼はいう。

処女を嫌がるのは経験が浅い証拠、あいつは童貞だと、クズケンは鋭い指摘をする。

(実際に伊藤は童貞です~そのシーンは第6話です)

バスタブに湯が満たされ、一緒に入ろうよとクズケンはいうが、実希は伊藤先輩の事が頭から離れない。

実希が下着姿になると「もう、いいじゃん~あいつの事なんか忘れちゃえよ~」とクズケンが抱きついてくる。

彼がキスしようとした時、実希の携帯が鳴り出す。

「もう、ほっとけよー!」

クズケンはイライラしてくるが、実希は彼から離れてリビングに置いてある携帯を手に取る。

「伊藤くん A to E」第7話
出典:http://www.mbs.jp

電話は伊藤先輩からで、今からそっちに行くから部屋番号を教えてくれと言い出す。

【矢崎莉桜のプロットには、ヘビー級処女をめぐる三角関係と書かれている】

実希は部屋番号を教えて電話を切ると、服を着出して慌て出す。

「えっーー!なんで今更来るんだよ~意味わかんね~よー!」

伊藤が今からここに来ることを聞いたクズケンは、実希の行動に呆れかえる。

実希が服を着て髪を整え、化粧を直しているのを見て、

「そんなにアイツに来て欲しいのか~アイツに泣かされたんじゃないのかよー!」クズケンは毒づく。

伊藤先輩と上手くいかなったのは、私が重かったからだといい、振られたのは伊藤先輩が悪い訳ではないと言い放す。

「おまえさ~今日何しにここへ来たんだよー!」

「生まれ変わるためだろ~そのために処女捨てるんだろー!?」

クズケンは怒りに満ちてそう言うが、急にしんみりすると、俺じゃダメなのか?と呟く。

その時、ドアのインタフォンが「ピンポン」と鳴る。

ドアノブをガチャガチャさせる音が、部屋中に響いていくのであった。

伊藤の正体

莉桜はプロットを決めて脚本を書いていく中、今まさに伊藤が部屋に乱入していくシーンだった。

そんな時、プロデューサーの田村(田中圭)から電話が入る。

「A・B・C・Dの伊藤は、全員同じ伊藤だー!」

田村はついに伊藤の正体を突き止めたという。

「伊藤がどんな男か分かったよ~君が講義しているドラマ研究会の生徒だよー!」

「えっーーウソでしょー!」

莉桜は、後ろの席にいた伊藤誠二郎(岡田将生)を思い出していた。

【Dの女・ヘビー級処女 神保実希 前編 完】~次回、最終回へ続く~

スポンサードリンク


スポンサードリンク


「伊藤くん A to E」第7話 感想

えっーーウソでしょ~って感じでしたね。

島原智美と野瀬修子が出会った伊藤は、脚本家志望でした。

莉桜が妄想の中で描いていた伊藤はクズケンと読んでいましたが、実は他にいたんですね。

岡田将生さん演じる伊藤誠二郎という人物が最後に正体を現して、びっくりしちゃいました。

今までまったく姿を出していませんでしたが、最後のシーンでバッチリその姿を現しました。

莉桜が講義するドラマ研究会のシーンは、2回位出てきたような気がしますが、伊藤には触れていませんでした。

まさか、まさかの伊藤の正体です。

「伊藤くん A to E」は来年の春に映画公開されますので、ドラマはその布石だと思います。

映画は木村文乃さんと岡田将生さんのW主演です。

ドラマは来週で最終回ですので、映画に繋げていくような感じなのかも知れません。

次回でドラマは最終回ですが、実希と伊藤誠二郎、クズケンの三角関係がどうなるのか、大注目です。

「伊藤くん A to E」第7話 あらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です