「監獄のお姫さま」第9話 あらすじ・ネタバレ!ついに復讐計画の全貌が明らかに!姫事件の新事実とは…

監獄のお姫さま

火曜ドラマ
「監獄のお姫さま」第9話

主演:小泉今日子

毎週火曜日 よる10:00~10:54
おばさん犯罪エンターテインメント!

復讐計画の全貌が明らかにされる。
そして、アジトではプレ裁判が行われ…

「監獄のお姫さま」第9話の
あらすじ・ネタバレを紹介します。
画像出典:http://www.tbs.co.jp

スポンサードリンク

「監獄のお姫さま」第9話 あらすじ

出所したカヨ (小泉今日子) は、千夏 (菅野美穂) たちと連絡を取るためスマホを購入し、早速メールアドレスを登録。

その後、美容院で働き始める。

一方、自立と再生の女子刑務所では、カヨたちがいなくなった雑居房で、しのぶ (夏帆) はイジメを受けながらも黙々と美容教室で修行していた。

そんなしのぶを見守る中、何とかしてしのぶの息子・勇介 (前田虎徹) と会わせてあげたいという衝動に駆られた 若井 (満島ひかり) は、

しのぶの母・民世 (筒井真理子) に、吾郎 (伊勢谷友介) には内緒で勇介を面会につれてきて欲しいと手紙を送る。

だが、その手紙が、かえってしのぶを追いつめてしまうことになる。

「監獄のお姫さま」第9話 あらすじ・ネタバレ

第8話はこちら↑

時系列

【2015年秋】

自立と再生の女子刑務所を仮出所したカヨ。

カヨの事が好きで、毎月面会に来ていた検事の長谷川(塚本高史)のお迎えはなかった。

スマホを購入して自分のメールアドレスを登録したカヨは、別れた元旦那と会うことになる。

息子の公太郎の事が気になり、息子のメールアドレスを登録しようとすると、旦那は嫌な顔をする。

再婚した嫁はカヨが公太郎と会うことを嫌がっていると、聞かされる。

その後、カヨは1年間は更生施設に入りながら美容院で働き始めることになる。

【2016年7月】

しのぶが収監されて4年と4ヶ月が立ち、息子の勇介は4回目の誕生日を迎えた。刑期は12年で、あと8年は残っていた。

ふたばは、しのぶの母・民世に手紙を送ると、彼女が「自立と再生の女子刑務所」にやってくる。

民世は前に面会に来たとき、娘のしのぶはやっていないと言っていた。

だが、手の平を返したように「娘のあの子は犯した罪を認めようとしない~」真逆の事を言い出す。

遺族への賠償金は吾郎が全部肩代わりしていたので、民世は彼の思うままになっていた。

監獄のお姫さま
出典:http://www.tbs.co.jp

「あんたがすべての元凶だー!」ふたばは手の平を返した民世を見て、激しく罵る。

「厄介な娘を檻の中へ放り込んで解決かよー!」ふざけるな~と激怒するふたばだった。

一方そんな頃、しのぶは面会に来た吾郎と向き合っていた。

しのぶは勇介がいない事に気づくと「こんな刑務所に連れてこれる訳ないだろう~」と吾郎は言い放す。

勇介は私の子供だとしのぶは言い張るが、君が権利を主張する事で、不幸になるのは勇介だと言いまくられてしまう。

「君が、事件を起こしたからだよー!だからここにいるんでしょ~」

吾郎がそう告げると、しのぶは精神的に追い詰められて周りが見えなくなる。

さらに「勇介の為にも、もう関わるのは辞めよう~」と吾郎はダメ押しする。

ふたばが心配して面会室に来ると、吾郎はすでにいなくなっており、しのぶが呆然としていた。

「私がやりました~やっぱり私が犯人ですー!」しのぶは吾郎の誘導尋問で洗脳されていた。

【2017年1月】

カヨは千夏にメールしても、一向に彼女から連絡は来なかった。

監獄のお姫さま
出典:http://www.tbs.co.jp

学校帰りの息子の公平を待ち伏せして、その前に姿を現すと「こういうの困るんだよ~」公平は怪訝な顔していう。

別れた旦那は、カヨが出所した事や美容院で働いていることも公平には伝えていなかった。

店のチラシとスーパーで買った惣菜を渡し「じゃ~ね、元気でねー」余りにも哀しい再会だった。

【2017年4月】

悠里 (猫背椿) が店長を務める美容院に移ったカヨは、店の前でチラシを配っていた。

するとそこに、元刑務官のふたばが現れる。

ふたばが店に入ってくると、悠里とカヨは動揺して慌て出す。

監獄のお姫さま
出典:http://www.tbs.co.jp

「角刈りにしてちょうだい~」ふたばは言い放す。

バリカンがないので、ベリーショートでいいですかと聞くが角刈りがいいという。

結局、角刈りには出来ずベリーショートで納得してもらい、カットを終えるとふたばは帰っていく。

「何しに来たんだろうか?」

ふたばが帰った椅子の下には「復讐ノート」が落ちていた。

ノートの間に入っていた折り紙で作られた手裏剣を開いて見ると、そこにはある場所を来いと指示が…

その場所、アジトへ行くと、千夏、明美(森下愛子)、洋子(坂井真紀)らがいた。

久しぶりの再会に喜ぶカヨらだが、ふたばからこのアジトへ来いとみんな呼び出されていた。

「復讐ノート」をめくると作戦が手直しされており、吾郎ではなく勇介を誘拐しろと指示されていた。

勇介を人質に取って自白させる作戦で、しかもふたばは吾郎の秘書として江戸川ミルクに潜り込んでいた。

千夏に何回もメールしたが返信が来なかった事を聞くと、スマホに登録したメルアドが違っていた事だと分かる。

復讐計画はカヨがいないと出来ないとみんな思っていた。

監獄のお姫さま
出典:http://www.tbs.co.jp

「でも、ほんとにいんですか~捕まったら、今度は長いですよー!」

5年越しの中途半端なお節介じゃないからと、みんなは決意を新たにする。

【2017年12月24日】計画の全貌

ある授賞式に参加した吾郎に、まずは明美が接触して仲良くなる。

さらに、千夏がサイン本を持って接近し、秘書であるふたばが吾郎のスケジュールをカヨらに流す。

彼はテレビのサンデー・ジャポンに出演するので、千夏が強引にその番組に入って吾郎を色仕掛けにする。

勇介を誘拐するのはそのタイミングで、その時、嫁の晴海(乙葉)と勇介はアウトレットのショーを見に行く事を確認する。

検事の長谷川に「爆笑ヨーグルト姫は冤罪です~」とカヨが手紙を送る。

決行はクリスマスなので、晴海が美容院に行く事を知ったふたばは、いい店がありますからと悠里の店を紹介する。

店で晴海がカットしている時、洋子とカヨが勇介を誘拐する。

勇介が誘拐されたと競馬場で明美と一緒にいた吾郎は、ふたばから連絡を受ける。

ふたばが罠を仕掛け、犯人から呼び出された吾郎は、カヨらに拉致されてアジトに運ばれる。

プレ裁判

【2017年12月25日】

アジトでは吾郎がカヨらに拉致されて、6時間が経過していた。

「爆笑ヨーグルト姫の再審請求に先立ち、プレ裁判を開廷しますー!」ふたばが号令をかける。

テレビのニュースでは、秘書のふたばが事件に関与しているとさかんに報じていた。

さらに、千夏、明美、洋子も一般からの情報が警察に入り、事件に関与していると報じていた。

一方、捜査陣は吾郎が拉致されているアジトの特定を急いでいたが、以前として掴めていない。

晴海がアジトにいるが、スマホを会社に置き去りにしていたので、GPSでの追跡も出来なかった。

検事の長谷川がその場を仕切って、プレ裁判が行われていく。

再審請求には、姫が無罪であるという新たな証拠が不可欠だった。

つまり、実行犯プリンスに殺害を指示したのが、江戸川しのぶ受刑者ではなく、板橋吾郎だという証拠が必要という事。

公判記録によると、しのぶが殺害を指示したとされ提出された証拠は、3つある。

それは、メールの履歴、プリンスの供述、音声レコーダーの音源。

メールはしのぶでなくても誰でも送れるので、他の人間が送った可能性も考えられる。

だが、音声レコーダーの音源は、しのぶと実行犯プリンスとの会話を録音したもの。

しのぶに確認すると、その時酔っ払って記憶がなく覚えていないという。

ナイフからプリンスの指紋が検出されて、それが逮捕の決め手になっている。

しのぶは受刑者で刑務所の中、実行犯のプリンスはタイの刑務所に服役中~

「監獄のお姫さま」第9話
出典:http://www.tbs.co.jp

「何も証明出来ないだろうが~!」吾郎は高飛車に出る。

そんな中、千夏は亡くなった横山ユキ(雛形あきこ)の香水を付けて吾郎の前に立ちはだかり、誘導尋問で真実を暴こうとする。

千夏の推測は、吾郎が断崖絶壁の岬の上にユキを呼び出した

吾郎はユキをさんざん利用した挙句、使えなくなったので始末しようと考えていた。

ユキは吾郎を散々罵った挙句、自分から去って行こうとした。

「もう、辞めてくれ~思い出したくないー!」吾郎は嫌な記憶が蘇ってついに白状するかと思われたが…

「罪を認めるんですね?」ふたばが聞くが、

「証拠がないだろ~私がやったという証拠は何処にあるんだよー!」

我に帰った吾郎は、開き直って再び高飛車に言い捨てる。

その時、検事の長谷川が分かった事があると騒ぎ出す。

そして、事件が起きた沖縄に行ってくると言い出してアジトを出て行ってしまう。

「なんなのあいつ~」

みんなは唖然とするが、そこへある人物が現れて、事件は急展開を迎える….

監獄のお姫さま
出典:http://www.tbs.co.jp

千夏らと一緒に仮釈放になった、リン (江井エステファニー) がアジトにやってくる。

そして彼女は、一人の男性を連れて来ていた。

その男はなんと、タイに服役中の実行犯「プリンス」だった!!

【第9話完】

スポンサードリンク


スポンサードリンク


「監獄のお姫さま」第9話 感想

時は、2017年12月25日、ついにリアル世界に戻りました。

プレ裁判で吾郎は罪を認めませんでしたが、

千夏の誘導尋問でフラッシュバックで出てきたシーンは、本当なんでしょうかね~!

吾郎がユキを刺して崖から突き落としたシーンは出てきませんが、プリンスに指示したのは吾郎なのか?

今ひとつ、まだ真相が明らかになっていません。

検事の長谷川は、何に気付いたのか?

それと、エンディングでリンがプリンスを連れてくる衝撃的な展開になりました。

次回はいよいよ最終回です。

すべての謎が明らかにされるはずです~大注目ですね\(^^)/

「監獄のお姫さま」第9話のあらすじ・ネタバレと感想を紹介しました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です