「わにとかげぎす」第2話 あらすじ・ネタバレと感想!

最強に最弱な男の恋の物語
テッペン!水ドラ!!

『わにとかげぎす』

主演:有田哲平 ヒロイン:本田 翼

毎週水曜日 よる11:56~0:26

部屋にいたヤバイ男たちは取り立て屋だった
富岡はオヤジを助ける事が出来るのか……

「わにとかげぎす」第2話 の
あらすじ・ネタバレを書いていきます。
画像出典:http://www.tbs.co.jp

スポンサードリンク

「わにとかげぎす」第2話 あらすじ・ネタバレ

第1話はこちら↑

オヤジの借金

「わにとかげぎす」第2話
出典:http://www.tbs.co.jp

富岡(有田哲平)は仕事からの帰宅途中、車に乗った怪しげな義眼の男・島田(DOTAMA)に声をかけられる。

その義眼の男は、

「この辺で、チェンソーを売っている所を知ってるよね~」

男の分けのわからない質問に、富岡は恐怖を感じてくる。

アパートに帰宅すると、ヤバイ男・川上(福山翔大)がいて、彼はタンクトップで、あちこちに刺青を入れている。

部屋の奥では、初めてできた友だちのオヤジ(光石研)の悲鳴が聞こえる。

奥にいくとオヤジは縄で拘束され、堀田(ACE)が彼を痛めつけていた。

堀田はオヤジの傷口にコショウを振りかけて、彼を弄んでいる。

「俺たちさ~こいつの取り立て屋なんだよね~」

オヤジの借金は288万ほどあり、ここに来れば金があると彼らに吹いていたのだ。

オヤジは昨夜、富岡の通帳に300万あるのをこっそり見て金があるのを知っていた。

このまま金を払わないと、奇跡が起こらない限り、オヤジの命は亡くなると川上は告げる。

隣でその様子を一部始終聞いていた隣人・羽田(本田翼)は、部屋から飛び出すと偶然に富岡と会う。

「ヤバイことになってるんでしょー!」

羽田は言うが、何でもないですよ~と富岡はシラを切る。

「怒鳴り声がしてましたけど~?」

富岡は動揺して震えながら、

「カッとなってね~やりあってしまったんです~」

朝飯を食べにいくんです~といい、彼はその場を後にし、銀行に行って288万を引き出してくる。

わにとかげぎす
出典:http://www.tbs.co.jp

その後、お金の入った分厚い封筒を羽田に見られ、何ですかそれは~と突っ込まれる。

羽田が警察に連絡しようとすると、彼はそれは制して告げる

「僕はあのオヤジを、この金で買うことにしたんです~」

「そんなー!あんな友達でもないオヤジのためにですか?」

羽田は呆れてそう言うが。フッレッシュではないが、友達といえないこともないと彼はいう。

羽田の想い

その後、富岡が借金を払いオヤジは解放される。20万オマケしてもらったが、貯金をほとんど使ってしまった。

「兄さん、俺、一生あんたに尽くす~何でもするよーー!!」

オヤジは土下座するが、別にいいよ~と断る。

さらにオヤジは、妙な手紙を渡した人間のことは知らないんだよ~と白状する。

もう富岡にとっては、踏んだり蹴ったりで最悪だった。

わにとかげぎす
出典:http://www.tbs.co.jp

「あんた元コックなんだからさ~何処かで住み込みで働けばなんとかなるよ~」

そう言ってオヤジに1万渡す。

涙を流しながら、この恩は一生忘れません~オヤジが叫ぶ中、富岡はその場を去っていく。

富岡はアパートの扉の前でしゃがみ込み、疲れきって寝てしまう。

ここ最近、余りにもいろんことがありすぎて、友達が欲しい~と星に願ったことを彼は諦めていた。

羽田は、富岡を部屋の中に入れてあげてベッドに寝かせてあげる。

一方、富岡に命を助けられたオヤジは、1万を手にしてパチンコ屋にいた。

「兄さんから預かったこの命、今燃やすしかないー!」

ギャンブル狂のオヤジはそんな言い訳をするが、先日、富岡の財布から抜いた金でパチンコをして、負けたばかりなのに…

羽田は富岡を寝かせて、じーと寝顔を見ている。

羽田が初めて異性に心ときめいたのは、トランプのジョーカー。

そして今、目の前にいるのは、見た目も存在もジョーカーそのものの富岡がいる。

普通の女の子とは違う、エキセントリックな羽田は、富岡の寝顔をジロジロ見つめて興奮する。

羽田が富岡に覆いかぶさり、キスをしようとしたその時だった。

兄さん~とオヤジが戻ってくる。

「あんた誰ーー??」

オヤジは羽田を見て言い放す。

オヤジは恩返しするために戻ってきたと羽田に告げる。

「ハッー?あんた、何にもできないでしょーー!!」

羽田は呆れるが、オヤジは体で返すといい、富岡のことをゲイじゃないかと思っている。

男ヤモメなのに、エロ本の1冊もないことがその理由だと、オヤジも羽田と同じ分類で分けがわからない。

その後、夕方6時の時計のアラームで富岡は目を覚まし、玄関に行くと、またいつもの手紙が投げ込まれている。

とうとう、妙な手紙の脅迫状の主は家にまで入って来たのか?

犯人現る

富岡は、手紙の犯人を撃退するために、金属バットを持って警備の仕事に向かう。

店の前でダンボールの中に隠れて犯人を待ち伏せしていると、誰かがこちらに向かってやって来る。

ついに来たか~と思ったが、隣人の羽田だった。

あなたが犯人だったとは~富岡はそう言って襲いかかろうとするが。

わにとかげぎす
出典:http://www.tbs.co.jp

ちょっと待って下さい~羽田は妙な手紙を富岡に突きつて、富岡が誰かに脅されていた事を確認する。

羽田がなぜ、脅迫状の手紙を持っていたのか?

彼女は、富岡が落とした脅迫状を拾っていたのだ。

富岡が再びダンボールに隠れると、羽田も一緒に中に入ってくる。

密閉されたダンボールの中で、羽田のいい匂いがして、彼はドキドキしてしまう。

「僕は人の命を助けた人間です~見返りを求める事は合っても、脅される筋合いはないですよ~」

「見返りって、それって身体ですかーー??」

羽田は、オヤジがゲイに違いないという言葉を思い出して質問する。

「はぁ?身体?」

「富岡さん、私は…▽×□××▽○○×あ~どうしよう….」

羽田はしどろもどろで、なに言っているのか分からない。

「私は、富岡さんがゲイであろうと……!!」

「エッーー??僕がゲイですか~~違いますよー!」

羽田は富岡がゲイではないことが分かり、ひとまず安心する。

そんな時だった。

男(吉村界人)がやって来て、スーパーの入口に手紙を挟んでいる姿を目撃する。

「こいつが犯人だったのかーー!!なんか弱そうだな~~」

犯人を見て、こいつなら勝てると富岡は自信に満ちる。

富岡はダンボールから飛び出し、

「おいおまえ~それはどういうつもりだよーー!!」

その男はいきなり走り出して逃げていく。

富岡は、犯人の男に追いついて捕まえるが、泥を目にかけられ逃げられてしまう。

あの女のためだったら、何だってするんだ~男はそう言って逃げて行った。

「あの女って……?」

富岡は、走り去る犯人の男に呆然としていた。

【第2話 完】~つづく~

スポンサードリンク


「わにとかげぎす」第2話 感想

オヤジはギャンブル狂なんですね~1万貰って、また懲りずにパチンコ屋にいっちゃうんですからね。

そんな人に一生尽くすと言われても困りますね。

羽田のエキセントリックな性格が描かれていました。トランプのジョーカーに心をときめくとは、凄すぎます。

ちょっと、そんな人は聞いたことがないです。

本田翼さんも、体当たりでいい演技をしていると思います。彼女もこのドラマで、役の幅が広がるのではないでしょうか!

有田さんのとぼけた感じも、いい感じで溶け込んでいる感じです。

それにしても、犯人の意図はなんなんでしょうね。これからその謎が明らかにされてくると思います。

次回に注目したいです~\(^^)/

「わにとかげぎす」第2話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です