「相棒 season16」第4話 あらすじ・ネタバレ!謎のメッセージと浮かび上がる複数の容疑者!

事件の真相

その後、右京と亘は中垣教授と講師の服部に会いにいく。

入試問題を解いて見たが、一つだけ解けない問題がありましたと、右京は告げる。

「正確には問題は解けたが、答えの選択肢に正解がなかった~つまり出題ミスがあったということですー!」

右京がそう言うと、まさか、そんな事があるのかと教授らはノートに書かれた問題を見つめる。

当然、健次郎はその事に気づいていた筈だ。彼は殺される直前に、犯人の前でこの問題を解いたと考えられる。

その時、選択肢に正解がないと分かった彼は、パニックに陥った。そしていつもの癖で、手の平に「中」の記号を書いた。

そうすると、この記号の意味は漢字の「中」でもなく、オイラー関数のファイでもゼロスラッシュでもない。

「【空集合】です~当てはまるものがないという意味だったんですー!」

そう考えた時、一人の人物が思い浮かんだと右京はいう。その人物は「中」の写真を見たとき「空集合」だと、即座に応えた。

なぜ他の事も言及しなかったのか?それは、亡くなる直前の健次郎と会い、この記号の意味を知っていたからだ。

相棒 season16
出典:http://www.tv-asahi.co.jp

「その人物とは…..あなたです、服部さんー!」

右京は服部を指さすと、言い掛かりは辞めてくださいと、服部は否定する。

真一郎の銀行口座に、不正入試のブローカーなる男から振り込まれた前金の記録が残っていた。

今、その金が振り込まれた、ATMの防犯カメラの映像を調べている最中で、誰が振り込んだのかは時間の問題だった。

服部は観念すると犯行を認め「そうか~バレてしまった見たいですね~!」と開き直る。

「君は、なぜそんな事をしたんだー!」中垣教授は呆れて質問する。

大学は服部の才能を認めようとせず、彼より若い奴が何人も准教授になっているのに、服部は未だに講師のままだった。

講師の給料が安い事にも腹が立ち、服部は健次郎を利用する事を考えた。

服部は、計画が失敗した事を真一郎から聞くと、健次郎を犯行現場に呼び出した。

健次郎が研究者になるのを自分がサポートするからと説得し、入試問題を書き出せと服部は健次郎に迫った。

しかし、そんな事は出来ないと健次郎が抵抗すると、彼は警察に通報するからと言い出す。服部が指示したという証拠は何処にもない。

「そうなれば、君のお兄さんは犯罪者だー!」

健次郎は思い悩んだが、その場でノートに入試問題を書く事を決意する。そして、手の平に「中」の記号を書いたのだ。

問題を瞬時に解いた健次郎は、一つの問題に選択肢に答えがない事に気づいて服部に告げる。

服部は問題を見て、何処がおかしんだと気づかないでいると、健次郎から何で分からないんだとバカにされる。

「あいつは、俺を嘲笑ったんだー!」

プライドをズタズタにされた服部は殺意が芽生えて、近くにあったボーリングのピンで健次郎の頭を殴りつけた。

「僕は神童と呼ばれていたんだよー!なのに、大学もあいつも僕をバカにしたー!」

自信過剰の服部がそう言い捨てると、亘の怒りが爆発して彼の胸倉を掴むが、右京が止めに入る。

兄のプライド

その後、服部が逮捕された後、二人は事情聴取される前の真一郎に事件の経緯を告げる。

「あなたも、窃盗容疑で事情を聴かれる事になります~」

そんな中、亘は一つだけ分からない事があった。

真一郎の会社は、たしかに4か月前まで火の車だった。しかし、その後大口の顧客が付いて倒産の危機は脱した。

相棒 season16
出典:http://www.tv-asahi.co.jp

「なのになぜ、計画を中止にしなかったのですか?」

それは、弟を認めたくなかったからだ。健次郎は優しいだけが取り柄で、人より優れた所はなにも無かった。

自分は弟の面倒を見る優秀な兄だったが、ある日突然、特殊な能力を持った弟は大学の研究者になると言い出した。

「今度は自分が見下される~冗談じゃないー!あいつを育てたのは俺なんですよー!」

だから、真一郎は健次郎を犯罪に手を染めさせ、さらに彼が好きだった女性の中井小百合も取り上げた。

「あなたのそんな思いが、弟さんが命を落とすキッカケを作りました~」

「その罪を、あなたは一生背負っていかなければなりませんー!」右京はそう告げると、亘とその場を後にする。

犯行現場には、彼が多くの人に愛されていたのか、沢山の花束が供えられていた。

【第4話 完】

スポンサードリンク


スポンサードリンク


「相棒 season16」第4話 感想

第4話も見ごたえ十分でした。

まさか、講師が犯人だったとは~最後まで分かりませんでした。

緻密な構成と謎解き、トリック、人の想いも丁寧に描かれていて、さすが相棒ワールドです。

ドラマで出てきた「サヴァン症候群」ですが、

テレビでそんな事を聞いた事はありますが、実際に私の周りでそういう人を見た事はないです。

瞬時に計算してしまうとか、記憶するとか凄いですね~たしかに超人です。

普通の人と違い、天才的な能力を発揮する人って「サヴァン症候群」かも知れないとテレビで見たけど、そうかも知れませんね。

私はUFOを見てみたいです~\(^^)/

まだ生まれてから一度も見たことないので、インチキじゃない本物を見てみたいですね。

次回の「相棒」はどんな内容で楽しませてくれるのか、楽しみですね。

「相棒 season16」第4話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です