「ドクターX season5」最終回 あらすじ・ネタバレ!未知子に迫り来る病魔…命懸けのラストオペ!

ドクターX season5

あの“失敗しない女”が再び!
「ドクターX season5」最終回

主演:米倉 涼子

テレ朝系 毎週木曜日 よる9:00~9:54

内神田のオペを「東帝大学病院」でする事になる。
そんな時、未知子に病魔が忍び寄っていた…

「ドクターX season5」最終回 の
あらすじ・ネタバレを紹介します。
画像出典:http://www.tv-asahi.co.jp

スポンサードリンク

「ドクターX season5」最終回 あらすじ

失敗することなく、目の前の命を救い続けてきた大門未知子(米倉涼子)が倒れた!

未知子の師匠である神原晶(岸部一徳)も、同志であるフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)もその身を案ずるが…。

その矢先、医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)が食道がんを患い、

「東帝大学病院」で手術を受けることになる。

内神田の病状は深刻で、未知子以外の医者がオペを成功させることは不可能な状態だ。

しかし、内神田は敵視する未知子の執刀を拒否。医局の面々も失敗を恐れ、二の足を踏むばかりで…。

「ドクターX season5」最終回 あらすじ・ネタバレ

第9話はこちら↑

余命3ヶ月

博美との買い物中に倒れた未知子は、すぐさま病院に運ばれた。

定期検診を受けて自己管理は怠っていなかったが、検査するとステージ3の後腹膜肉腫。

後腹膜肉腫とは・・後腹膜領域(腹部後方)に発生した腫瘍の総称で比較的稀な疾患。悪性腫瘍としては、悪性リンパ腫や脂肪肉腫などがあります。

未知子の場合は腹部大動脈に腫瘍が巻きついている悪性腫瘍で、余命3ヶ月だった。

オペするにも神業のようなスキルが必要で、実質日本でそのオペが出来るのは、皮肉にも未知子しかいない。

ドクターX season5
出典:http://www.tv-asahi.co.jp

未知子はMRIの画像を見て「私なら切れるけど~」と哀しそうに呟くが、晶は海外の医者を当たってみると告げる。

その一方「東帝大学病院」で手術を受けることになった内神田は、ステージ4aの食道癌。

もはや手遅れで、外科的切除は難しい症状。こんな癌を切れるのはスーパードクターの未知子しかいない。

だが、内神田は未知子のオペを拒否しているし、しかも名医紹介とは取引停止になっている。

海老名(遠藤憲一)、猪又(陣内孝則)、鳥井(段田安則)ら、3人の外科副部長はそのオペに尻込みする中、一人の男が院長室に現れる。

あの未知子も腕を認める「腹腔鏡の魔術師」こと、外科医・加地秀樹(勝村政信)だった!

内神田のオペが成功したら「東帝大学病院」の外科部長のポストを条件にして、彼がオペを引き受ける事になる。

そんな矢先、自分の影武者になってほしいと、加地は名医紹介所にいる未知子の元を訪れる。

「おまえと一緒なら、完璧なオペが出来る~」

「外科部長になったら、名医紹介所の取引停止も解いてやるよ~」

加地は足元を突いてくるが「致しません~」と未知子は拒否する。

その理由は、晶がボストンの病院と掛け合って未知子のオペの手配をしていたからだった。

翌日、蛭間の院長室に3人の外科副部長と加地の姿がそこにいた。

加地は、内神田のオペは出来ないと蛭間(西田敏行)に申し出る。蛭間は薄々、未知子から断られた事を感づいていた。

そして蛭間が次に打った手は、内神田の息子である新米外科医・西山直之(永山絢斗)を執刀医に指名する。

ドクターX season5
出典:http://www.tv-asahi.co.jp

「若き外科医が父親の命を救おうと、困難なオペに挑戦する~どうよこれー!」

蛭間の作戦は、マスコミ受けする美談を誘うものだった。

しかし、そのオペは出来ませんと西山が断ってくる。蛭間が説得していると、出禁になっている未知子が現れる。

「このオペは、私じゃなきゃ無理よー!」

「昨日は断ったくせに何なんだよ~」加地は激怒するが、未知子は自分が癌に侵されている事を一同に打ち明ける。

未知子の発言に一同は衝撃を受けるが、鎮痛薬を投与して一時的に痛みを抑えれば、オペは出来ると言い放す。

それを聞いた蛭間は「東帝大学病院」の出入り禁止を一時解除し、未知子に内神田のオペを依頼する。

迫り来る病魔の中で

ドクターX season5
出典:http://www.tv-asahi.co.jp

内神田の極秘術前カンファレンスが開かれ、未知子は4時間でこのオペを終わらせると豪語する。

その為には「ハイブリッド人工血管」が必要だという。アメリカで開発された最新の人工血管だったが、まだ日本にはない。

金に糸目は付けるなと蛭間からいわれていたので、輸入して取り寄せる事になる。

その後、内神田の病室に蛭間と3人の外科副部長、そして西山の姿があった。

西山がオペを執刀すると伝えるがそれは表向きの事で、未知子が影武者となって執刀する。

「君が執刀医になったことで、嬉しく思うよ~!」息子と二人きりになると内神田はそういうが、

「嘘だ~ほんとはあなたは、大門先生のような失敗しない医者に切って貰いたい~」

患者になってそう強く思っているのではと、西山は内神田の本心を見透かす。

しかし、内神田の立場がそれを許さなかった。フリーランスの医者のオペを受ければ、大学医局の権威は地に堕ちる。

「あなたは、あなたが築いてきた組織に殺されるんです~!」

図星で何も言えない内神田は「オペの準備をしろ~出て行け」と激怒する。

そんな頃、医局では未知子の病状はみんなに知れ渡っていた。

内神田のMRI画像をじ~っと1時間も見ている未知子に、海老名が声を掛ける。

「内神田会長も大切だが、もう少し自分の体の事も考えろよ~」

しかし、5時になったので未知子と博美は医局を出て行く。

未知子は今まで、どんな患者のどんな病気も治して来たのに、

いざ自分が病気になったら、誰も自分を治してくれるひとがいない~こんな哀しい事はない~

加地は、俺が治してやると名乗りを上げると、海老名や原(鈴木浩介)森本(田中圭)も名乗りを上げるのであった。

そんな頃、何かしておきたい事はないの?と未知子は博美から問いかけられる。

だが、未知子は自分が亡くなるとは思っていないので、何もないと告げる。

それを聞いた博美は居た堪れなくなり、涙が込み上げてくる。

今までどんな難しいオペでも未知子は患者を見捨てた事はなく、今回もそうだった。

ドクターX season5
出典:http://www.tv-asahi.co.jp

「たとえ、患者が私自身でも….」未知子は涙を溢れさせて、哀しそうに呟く。

そんな中、未知子が名医紹介所に戻ると、珍しく晶が酔いつぶれていた。

テーブルの上には飛行機のチケットがあり、晶は今すぐにボストンへ行こうと言い出す。

ボストンでは未知子をオペするスタッフが準備をして待っていると、晶は真剣な表情で告げる。

明日は内神田の大事なオペがあるので、無理だと未知子はいう。

「未知子、あんただって患者なんだよー!」

師匠である晶は自分がオペをしてあげたいが、何年もブランクがあるのでメスを握る事は出来なかった。

「一番大事な時に、一番大事な愛弟子のオペが出来ないなんて….」

自分は何のために医者になったのか、晶は悔しくて涙が止まらない。

「あなたにはもっと生きていてもらいたい~もっと生きなきゃだめだよ~」

お願いだから一緒にボストンに行こうと、晶は泣きながら訴える。

未知子は晶の想いに触れて涙が溢れだし「泣かないで~晶さんー!」彼を優しく抱きしめる。

ラストオペ

翌朝、晶は眠ってしまい、未知子に取って最後のオペとなる「東帝大学病院」に向かう。

だが、突然腹痛が起こり、未知子は橋の上でうずくまってしまう。彼女の体は確実に病魔が蝕んでいた。

一方その頃、オペ室では準備が整い執刀医である未知子を待っていたが、以前として彼女は現れなかった。

携帯に電話しても出ないし、どうしたんだろ~と加地らは気を揉めていた。

そんな中、蛭間の号令の元に西山が執刀医となり、オペが開始される。

開いて見ると、内神田の食道癌は予想以上に進行しており、西山は苦戦を強いられる。

「これ以上は無理だ~インオペにしろー!」

観覧室でオペを見ていた外科副部長らは、口々に叫びだす。

「インオペー!」西山がそう告げた時、ついに大門未知子がオペ室にやって来る。

「閉じるなー!」

ドクターX season5
出典:http://www.tv-asahi.co.jp

未知子がやってくると、遅刻してんじゃねーよと加地は毒づくが内心ほっとする。

未知子は症状を見ると「大動脈合併切除」の術式を施していく。

名医紹介所から未知子がいなくなったので、心配した晶がオペの観覧室にやってくる。

その時だった。今まで順調にオペを処置していた未知子だが、体に異変が起き始めていた。

「痛み止めの薬が切れたのかも知れません~」

察知した晶はマイクで呼びかけるが「私、失敗しないので~」と、未知子はオペを続けていく。

その後、病魔の痛みを必死でこらえ、師匠の晶から教わった事をみんなの前で語りだす。

「一番大事なのは、どんなに厳しいオペでも、決して患者を見捨てない事ー!」

私の大事な師匠が教えてくれた~未知子はそう告げて、オペを最後までやりきる。

だが、無事にオペが終了し、オペ室を出た所で力尽きて倒れてしまう。

みんなが心配して取り囲み、一刻も争う事態となる。未知子は痛みにもがき苦しむ中、西山を執刀医に指名する。

「大丈夫~私、患者でも失敗しないのでー!」

最後にそう告げると未知子は意識を失い、ストレッチャーに乗せられてオペ室に運ばれていく。

まさかの衝撃的な結末

「ドクターX season5」最終回
出典:http://www.tv-asahi.co.jp

一刻も猶予がない緊急オペが必要な時、蛭間がその前に立ちはだかる。

「内神田会長の術後管理を怠って、よってたかって大門未知子のオペか?!」

「それでも「東帝大病院」の医者かー!」蛭間は激怒して吐き捨てる。

「大門未知子を殺したいの?あんたこそ、それでも医者かー!」博美が罵る。

そんな中「内神田会長の術後管理は、我々でキチンとやります~」

猪又が蛭間に申し出て説得し、未知子はオペ室に運ばれていく。

第2オペ室では、西山が執刀医となり、加地と原らがフォローに回る「後腹膜腫瘍切除」のオペが始まる。

開いて見ると、腫瘍が様々な部位に癒着しており、オペは難航を極めた。

「もう、無理ですー!」とても、西山の手には負えないオペだった。

そんな時、観覧室でその様子を見ていた晶がアドバイスする。

「ハイブリッド人工血管を使って置換させるのよ~」晶は、未知子がノートに書いた術式を告げる。

未知子は迫り来る病魔の為に、その術式方法と手順をノートにキチンと残していたのだ。

しかも、自分のオペの為に「ハイブリッド人工血管」まで用意させていた。

すべてのケースを予測して、完璧な準備をする~それが、大門未知子が失敗しない理由だった。

その後、未知子のオペは終わったが….

晶がいつもの様に院長室にやって来る。

週刊誌では、若き息子の医師が「日本医師倶楽部」会長の父親を助けたと、美談を載せていた。

内神田会長も大喜びし「東帝大学病院」の名声も上がって、蛭間は笑いが止まらない。

請求金額は、なんと35億円!!

「エッ~~~!!」蛭間は動揺するが、晶の冗談だった。

正式な請求金額は、5000万!先程よりはリーズナブルだが、それでもボッタくりもいいとこだ。

「それにしても、大門未知子は残念だったね~もっとオペをしたかっただろうに..」

「これも、あの子の運命なら仕方ありません~」

ドクターX season5
出典:http://www.tv-asahi.co.jp

晶は「お世話になりました」と蛭間に握手して去っていく。

3人の外科副部長らの総回診が始まった時、スーツを来た男達が院長室に向かっていく。

彼らは、東京地検特捜部の人間だった。

「人工知能診断システム収賄容疑の件」で、蛭間は連行されていく。

同時刻「日本医師倶楽部」会長の内神田の元にも、東京地検特捜部の人間が押しかけていた。

その後、神原名医紹介所は閉鎖となり、博美は中に入って想いに馳せる。

蛭間と内神田は収賄容疑で逮捕され、晶はそのニュースをキューバの海岸で見ていた。

そんな中、晶は新天地・キューバのクバナカン大学病院で、大勢の医師らに誓約書を配っていた。

ドクターX season5
出典:http://www.tv-asahi.co.jp

そこには大門未知子の姿が!!(未知子は亡くなってなかった見たいです~)

医師免許がなくても出来る仕事は致しません~

未知子はいつものセリフを告げるのであった。

「ドクターX season5」【最終回 完】

スポンサードリンク


スポンサードリンク


「ドクターX season5」最終回 感想

まさかの最終回でした。

未知子は亡くなっていなかったんです。

しかも、蛭間と内神田が収賄容疑で捕まっちゃうとはね~予想外の最終回でした。

それにしても、ネットでは早くも続編を期待する声が上がっています。

エンディングが、あれよ、あれよで進んだのがチョット惜しみなかったですね。

最終回の視聴率は25.3%で、10話の中では最高視聴率でした。勿論、秋の民放ドラマではダントツの一位です。

波乱の幕引きでseason5は終わりました。これだけ視聴率がいいと、局としても続編を作ると思います。

次はどんなストーリーになるか楽しみですね\(^^)/

1月18日からは、木村拓也さん主演の『BG身辺警護人』がスタートします。お楽しみに~

「ドクターX season5」最終回のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です