「刑事7人 第3シリーズ」第3話 あらすじ・ネタバレ!奇怪な事件の真相とは!

刑事7人 第3シリーズ

個性的なスペシャリストたち7人が帰ってきた!
『刑事7人 第3シリーズ』

主演:東山紀之

テレビ朝日 毎週水曜 よる9:00~9:54

不気味な吸血鬼事件が起こる~
だが、その裏には2年前のある出来事が…..

「刑事7人 第3シリーズ」第3話 の
あらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。
画像出典:http://www.tv-asahi.co.jp

スポンサードリンク

「刑事7人 第3シリーズ」第3話 あらすじ・ネタバレ

第2話はこちら↑

【第3話 慈愛】

吸血鬼事件

夜の東京、首筋から血を流した女子高生が発見される。

一命は取り留めるが、襲われる被害者は1人、2人と増え続け、ついに4人目の被害者は大量出血により命を落とすはめに。

いずれの被害者も首筋に咬まれたような跡があり、血液を大量に抜かれていた。

世間では【吸血鬼の仕業】だと大騒ぎに・・!

機動捜査隊員・天樹悠(東山紀之)ら「警視庁第11方面本部準備室」のメンバーは、すぐに捜査を開始する。

法医学教室教授・堂本俊太郎(北大路欣也)が司法解剖すると、首の傷はスタンガンによる火傷の跡だと判明する。

どうやら犯人は被害者を拉致し、スタンガンで気絶させた後、注射器で少しずつ血を抜いたらしい。

第1の被害者は、女子高生の小川紗絵、第2が文房具店店長の工藤正彦、第3が塾の講師の岡部省吾。

そして今回が、英語の中学教師、金井真由美。

被害者が拉致された場所はいずれも防犯カメラのない場所、犯行は夜に限定され、犯人はこの3週間で4人を襲っていた。

被害者4人の首筋のヤケド跡から、同じ型のスタンガンが使われていることが分かり、同一犯の犯行。

「刑事7人 第3シリーズ」第3話
出典:http://www.tv-asahi.co.jp

なぜ犯人は、4人目の被害者である中学教師・金井真由美(辻本瑞貴)にだけ殺意を抱いたのか・・・・?!

いまのところ、4人の被害者につながりはない。

天樹らは3人の被害者に会ってつながりがないか聞き込みにいくが、4人ともまったくつながりが無かった。

手掛かりとして、4人目の被害者である金井真由美が、殺される1週間前「50代位の男に尾行されている」と同僚に告白していた事実が浮かび上がる。

そんな中、1週間後に定年を控えた所轄の巡査部長・大友勝正(梨本謙次郎)が、警ら中に行方不明になっている情報が舞い込む。

調べていくと被害者4人が拉致された日、大友は非番だったが、もしこの警察官が犯人だととんでもない展開になる。

マスコミにばれないようにこの大友を追えと、上層部からの命令が下った。

犯行付近の防犯カメラの映像を調べると、大友が女性を尾行している映像を見つけ出し、やはり大友の犯行なのか・・・・?!

繋がった接点

そして、天樹らを嘲笑うかのように、第5の事件が発生する。

そんな中、ネットを中心に、被害者の血液は全員AB型、被害者は献血をした直後に襲われたなど、献血をするのは危険だという風評が広がっていた。

だが、実際は5人の被害者が最近献血をしたという事実もなく、しかも全員がAB型ではなかった。

この風評被害により、手術に必要な輸血用の血液が不足する事態に陥り、北川大臣は、風評に惑わされないようにとテレビで国民に訴えていた。

被害者は都議会議員の西本雅也で、中学教師の真由美と同じように致死量を越える血を抜かれて亡くなっていた。

西本の事務所に聞き込みに行くと、彼は昨夜、架空の介護団体を名乗る人物に電話で呼び出されていた。

掛かってきた電話は遺体発見現場の公衆電話からだと判明し、鑑識が調べると、そこから大友の指紋が検出された。

天樹は、病院に入院している第1の被害者・女子高生の小川紗絵に話を聞きに行ったときの事が気になっていた。

彼女に亡くなった金井真由美の写真を見せると明らかに動揺していたが、何も話そうとしなかった。

彼女は何かを隠しているのか?


出典:http://www.tv-asahi.co.jp

天樹は再び、今度は水田(倉科カナ)を同行させて小川紗絵に話を聞きに行く。

紗絵に大友の写真を見せると、彼女は知っていた。

紗絵が2年前の中学生の時、同級生の佐々木正人が飛び降り自殺し、その原因を大友は調べていた。

第4の被害者の中学教師・金井真由美は、当時、紗絵のクラスの担任だったことが明らかとなり、二人は紗絵がいた国修院学院に裏を取りに行く。

2年前の当時、紗絵と正人は中等部2年生で同じクラスにいて、担任は金井真由美。

その後、正人が投身自殺すると、担任の真由美は学校を変わり紗絵も転校していた。

正人が命を絶った原因は、母親の収入だけでは高等部へ行くことは困難だったので、それを悲観してのものだった。

正人が亡くなった事と、今回の事件とはなにか関連性があるのかも知れない。

第3の被害者である塾の講師・岡部の以前の勤務先は、河江田にある個人塾、第2の被害者の文房具店店長の工藤の店は、国修院学院のすぐ近く。

しかも、その地域は第5の被害者である都議会議員の西本の選挙区でもあり、さらに河江田は、大友がいた管轄地域だ。

5人の被害者はすべて河江田地区と関わりがあり、その中心にあるのは、佐々木正人の投身自殺なのだろうか?

調べていくと、身を投げた正人を最初に発見したのは大友で、その裏にはイジメが原因であることが明らかになる。

クリーニング店で働く正人の母親・佐々木奈月(紺野まひる)に話を聞いたが、彼女はイジメのことには触れていない。

離婚してシングルマザーとなり、生活していくのが大変でとても進学する所ではないので、息子があんなことに~と言っていた。

調べていくと、2年前、大友はイジメが原因だと都の教育委員会にしつこく訴えていたが、当時教育委員だった西本が抑えつけた。

国修院学院は西本を抱き込んで、佐々木正人の自殺の原因を捏造し、担任の金井真由美もそれに加わっていた。

文房具店店長の工藤や塾の講師・岡部も、正人のイジメには気づいていたが、見て見ぬ振りをしていた。

都議会議員の西本と担任の金井は、直接イジメの隠蔽工作をしていたので、殺害された。

イジメが隠蔽された事に憤りを感じた大友が暴走して、今回の事件が発生したと思われる。

大友と同じ思いをしている正人の母親・佐々木奈月にもう一度話を聞きにいくが、すでに彼女は行方をくらましていた。

彼女の前の職業が看護師であった事が判明し、血を抜くのは慣れている~大友と二人で実行したのか…..

最後の勤め

当時、正人と同級生だった紗絵は彼がイジメられている現場を見ていたが、イジメを注意すれば今度は自分がそのターゲットになるので、見て見ぬ振りをしていた。

イジメの主犯は、北川代議士の息子・文也だった。

文也は、父親が国修院学院の名誉理事でもあったことをいいことに、たんに自分より野球が上手いというだけで、正人をイジメていた。

正人のイジメは北川代議士の圧力により隠蔽された。

その事を突き止めた大友は、母親の奈月と共に復讐計画を企てて、今回の犯行に及んだ。

次のターゲットは北川の息子・文也だが、彼は3週間前から心臓の手術を受けるために大学病院に入院している。

入手が困難なRHマイナスAB型の血液で、手術を待っている状態だった。

それは、風評被害により、手術用の血液を不足させて手術をさせないようにするのが、今回の犯人の狙い。

そんな中、病院の近くで大友が姿を現して捜査員に逮捕されたが、拳銃を所持していなかった。

文也のRHマイナスAB型の血液が他の病院で確保されたので、彼はヘリでその病院に搬送されることになる。

ストレッチャーで文也は屋上のヘリポートに運ばれていくが、付き添いの看護師に扮した正人の母親・佐々木奈月の姿がそこに!!

彼女はポケットに、大友から渡された拳銃を所持していた。

「彼女は、警備が手薄になるこの瞬間を待っていたんだー!」

天樹と水田は急いで病院に向かう。

天樹らが屋上に着くと、佐々木奈月が拳銃を握って文也を奪っていた。

「正人はこの男のせいで飛び降りたのよ~」

「正人は誰も助けてくれなかった~それどころか、本当の理由を隠した~」

奈月はそう言って文也の吸入器を外し、銃口を北川に向ける。


出典:http://www.tv-asahi.co.jp

それを見ていた天樹は、銃口の前に立ちはだかり、そっと拳銃に手を掛ける。

文也が確保されて奈月は絶望的になり、屋上から飛び降りようとするのを水田が説得する。

「お母さんは、正人君のためにも生きないといけないんです~」

「あなたが生きないと、正人君の事を大切に想いつづける人がいなくなる~」

「それは、正人君にとって一番悲しいことなんです~生きてください~」

奈月はその場に泣き崩れてしまう。

その後、大友の取り調べが行われていた。

「殺していい道理はないが、北川の圧力に負けて、まともな捜査をしなかった警察はどうなんだー!」

大友は、正義は必ずなされるべきだと信じていたが、結果は違っていた。

母親の奈月を助けたい~大友は定年を控え、それが警察人生最後の勤めだと思っていた。
【第3話 完】

スポンサードリンク


スポンサードリンク


「刑事7人 第3シリーズ」第3話 感想

最初、吸血鬼のような事件だったので、何かな~と思ってました。

その裏にはイジメが隠されていました。

最初はどう繋げていくのかと思っていたけど、

5人の被害者の接点を見つけていくシーンが見ごたえがありました。

それにしても「イジメ」は大きな社会問題となっています。

いまでは、幼稚園でもイジメがある時代です。

ドラマを見ていて、もし自分がその立場だったらと、考えさせられるストーリーでした。

前回組織にさらわれてしまった、山下の行方がどうなったのか、出ませんでした。

凄い気になりますけど、次回はどうなるんでしょうね!

「刑事7人 第3シリーズ」第3話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です