「刑事7人 第3シリーズ」第7話 あらすじ・ネタバレ!ペンダントに綴られた娘への想い!

「刑事7人 第3シリーズ」第7話

個性的なスペシャリストたち7人が帰ってきた!
『刑事7人 第3シリーズ』

主演:東山紀之

テレビ朝日 毎週水曜 よる9:00~9:54

7年前の事件の隠された秘密とは?
ペンダントの持ち主を調べると…..

「刑事7人 第3シリーズ」第7話の
あらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。
画像出典:http://www.tv-asahi.co.jp

スポンサードリンク

「刑事7人 第3シリーズ」第7話 あらすじ

大地主・馬久根恒義(山本學)が強大な力を持つ臨海エリアでは、マンション投資会社が“新たな勢力”として台頭。

その会社が所有する空き地で、女性の白骨死体が見つかった。

当初、被害者は頭頂部を殴打されて即死したとみられていたが、法医学教室教授・堂本俊太郎(北大路欣也)の見立ては違った。

なんと、被害者は土に埋められた後、一度蘇生していたというのだ!

天樹悠(東山紀之)ら「第11方面本部準備室」の面々はさっそく捜査を開始。

公開捜査用に遺留品の写真を撮った水田環(倉科カナ)は、服装にそぐわない“子供っぽいペンダント”に違和感を覚える。

まもなく、被害者はすでに死亡扱いとなっている富樫弘美(菅井玲)だと判明する。

弘美は7年前に失踪。

富士の樹海近くに遺書が残されていたが、遺体はとうとう見つからず、この春に失踪宣告がなされていた…。

天樹はすぐさま弘美の実家を訪問。

弘美は女優を目指し、オーディションを受け続けていたが、ついに夢は叶わなかったことを知る。

しかしその直後、当時の交際相手・笹本豊(比留間由哲)から矛盾する証言が飛び出す。

天樹らは笹本が怪しいとにらみ、捜査を続けるが、“予想外の事態”が発生し…!

そんな折、女優・泉千穂(青山倫子)が所属する芸能プロダクションに、笹本が電話をかけていたことが発覚する。

なんと、千穂と弘美の間には“浅からぬ接点”があった!

天樹は聞き込み対象を広げ、捜査を続行。

どういうわけか、川添雄二(北見敏之)という工場勤務の男性にただならぬ興味を示し…!?

「刑事7人 第3シリーズ」第7話 あらすじ・ネタバレ

第6話はこちら↑

7年前の事件の謎

被害者の富樫弘美は7年前に失踪し、富士の樹海近くで車と遺書が発見される。遺書には「生きていくのに疲れました」と書かれており、自殺と断定された。

弘美は女優を目指してオーディションを受け続けていたが、夢が叶わなかったことが原因だと思われた。

調べていくと、弘美が失踪する1週間前に大きな舞台のオーディションに合格していた事が判明し、なぜ、その後失踪したのか?

オーディションに合格した頃、弘美は友達に笹本豊という男に付きまとわれていると相談している。


出典:http://www.tv-asahi.co.jp

当時二人は交際していたらしいが、笹本が弘美にストーカーまがいのことをしていたとしたら….

7年前、弘美が最後に会ったのが笹本だとしたら、遺書は偽造で、彼に殺人の動機が発生する。

笹本の足取りを調べていくと、辰川不動産に勤めており、昨日から金になる物件を見つけたといい残し、会社を休んでいる。

天樹と青山が自宅に行くと、被害者・弘美の事件の新聞記事がいくつも見つかり、笹本で当たりじゃないですか~青山はそう呟く。

だが、その記事には奇妙な文字が書かれていた~「2023KC5」これは何を意味するのか?!

当時のオーディションを行った芸能プロダクションに聞き込みにいくと、弘美はオーディションに受かった後、これで親孝行が出来ると言っていた。

母親に報告する前に失踪し、その後、自殺するとはどう見ても考えられない。笹本の写真を見せると、弘美に付きまとっていた男だと確証を得る。

弘美が失踪したあと、その代わりに女優・泉千穂がその舞台の主演をしていた事が明らかになる。

そんな時、笹本が殺されたと連絡が入る。

現場は高円寺にある小劇場で、凶器はバールのようなもので、被害者の携帯が持ち去られていた。

被害者と犯人は、鍵の掛かっていない裏口から入っており、舞台関係者が絡んでいるのか?

笹本の部屋で見つかった謎の文字が解明され、20は日にちで、23が時間、Kが場所で高円寺、Cが地図上の場所を表していた。

20日の23時、高円寺の小劇場と解読され、笹本は犯人と待ち合わせし、その日にちや時間、場所をメモしたものだった。

天樹の推理だと、7年前、笹本は富樫弘美を殺したのではなく、彼女の白骨が見つかった新聞記事を見て、真犯人に思い当たった。

そして、真犯人にあの小劇場に呼び出され、彼は強請るつもりで行ったが逆に返り討ちにあってしまった。

笹本の携帯着信記録から、最後に掛けたのは、泉千穂が所属する芸能プロダクションであったことが発覚する。

水田が服装にそぐわない「子供っぽいペンダント」に違和感を覚えていたが、それが犯人のものだとすると….

犯人は富樫弘美を埋める時に、ペンダントを落としてしまい、それが泉千穂のモノだとしたら?

ペンダント


出典:http://www.tv-asahi.co.jp

水田はペンダントを販売した店舗を見つけ出し、下村秋絵という女性が購入したことを突き止める。

富樫弘美と泉千穂は、昔からの親友だったことが判明し、さらに泉千穂の本名が下村秋絵だということが明らかになる。

笹本が亡くなった犯行時刻に、小劇場の近くで泉千穂の目撃証言が上がり、彼女の犯行は濃厚とされていた。

富樫弘美がいなくなれば、自分が舞台の主役を掴むことができると思った彼女は、弘美を始末した。

弘美の車を富士の樹海の傍に乗り捨て、その後、臨海エリアの空き地に埋めた~その時、ペンダントを落としたが気づかなかった。

そのペンダントを、公開されている写真で見た笹本は、それが泉千穂のものだと思い出した。

笹本は弘美に付きまとっていた時、親友の泉千穂のペンダントを見ていたのかも知れない。

笹本は泉千穂の所属する芸能プロダクションに電話し、折り返し彼女は公衆電話で笹本の携帯に連絡して、高円寺の小劇場に呼び出す。

強請れば金が手に入ると思った笹本はそこへいくが、逆にやられてしまう。

だが、泉千穂は富樫弘美にどうやって遺書を書かせたのか~?

天樹は疑問が残る。鑑定では富樫弘美が書いたことに間違いなかった。泉千穂を徹底して調べれば分かることだろう~と沙村はメンバーに告げる。

下村秋絵は幼少期の頃、父親のDVが原因で両親は離婚しており、母親の手で彼女は育てられた。

天樹と青山は、別れた父親・川添雄二という男に会いにいくが、オーディションに行ったらしく不在だった。

川添は工場勤務で、その社宅の部屋を見せて貰うと、娘の子供の頃の写真や絵が飾られていた。

後悔ばかりの愚かな人生だと管理人には零していたらしく、今でも娘のことは忘れられない存在になっている。

秋絵のスクラップはブックにして保存してあり、天樹はその中に、富樫弘美の新聞記事を見つける…..

アデュー

笹本を殺したのは、泉千穂の父親・川添雄二だと天樹はいう。

司法解剖の結果、笹本の後頭部の傷は15cm以上も背の低い泉千穂では難しいと判断されていたが、父親の川添雄二の身長から割り出すと一致する可能性が高い。

さらに、笹本が殺された日、現場近くの防犯カメラに川添雄二の姿が映っていた。

川添雄二は、富樫弘美の白骨が発見されたニュースを知り、娘の泉千穂が事件に関係していると思った。

彼は、父親として娘を守りたかった。

そんな中、富樫弘美が亡くなる前に書いた遺書「生きていくのに疲れました」その謎が解明される。

彼女が主演を掴んだ舞台の台本に同じ内容の文が見つかり、富樫弘美は練習のために何度も台本通りの遺書を書き、持ち歩いていたのだ。

それを笹本が利用して富樫弘美を殺し、笹本は川添雄二にやられた~そう天樹は推測する。

事件のあった夜、高円寺の小劇場で笹本と泉千穂は会った。

泉千穂のペンダントは主演を手にした富樫弘美にあげたもので、笹本は弘美を始末した後、そのペンダントも地中に埋めた。

泉千穂の父親は過去に傷害で刑務所に入っていたこともあり、その事をマスコミに密告したらどうなるかな~?笹本は脅しにかかる。

「せっかくここまで来たのに、そんな事知られたくないよな~」

5千万で黙っててやるよ~笹本は泉千穂を恐喝し、絶望感で目の前が真っ暗になった彼女はその場を去っていく。

娘の後を付けてその場を見ていた川添雄二は、娘を守るために、後ろから笹本に近づきバールで殴りつけて絶命させる。

その頃、川添雄二は、泉千穂が主演を勤める舞台のオーディション会場にいた。

娘の泉千穂が見守る中、彼はオーディションの中で、自分が後悔してきたことを告白していた。


出典:http://www.tv-asahi.co.jp

「あなたの存在は誰も苦しめてなんかいない~娘さんは、もうとっくに許しているはずですよ~」

泉千穂は、川添雄二にそう告げる。

「ねっーお父さん~!」

彼女は川添雄二が、自分の父親だということに気付いていた。

川添雄二は娘に頭を下げて、その場を去っていき、舞台の袖にいた沙村らに連行されていく。

泉千穂はその様子を泣きながら見ていたが、天樹がペンダントを差し出す。

「生きてさえいれば、いつか、また逢えますよ~」

そのペンダントの裏には「アデュー」(長いお別れ)と刻まれており、彼女はペンダントを胸に抱きしめて、涙が止まらなかった。

【第7話 完】

スポンサードリンク


スポンサードリンク


「刑事7人 第3シリーズ」第7話 感想

とても切ないストーリーでした。

父親は過去の自分を後悔していたが、娘のことも忘れることが出来なかったのですね~

こういうストーリーって、ほんとに切なくて胸が熱くなります。

ワンシーンだけ山下のことが出てきましたが、ドラマの中ではすでに1ヶ月経過していました。

拉致されてどうなったのか、全く行方が掴めていません。でも、最終回までには解明されると思います。

過去のシリーズを見ると、ドラマの最終回はいずれも第9話です。

とゆう事は、あと2話でこのドラマも終わりということになります。

あくまでも予想ですが、今後に注目していきましょう!

「刑事7人 第3シリーズ」第7話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です