「刑事7人 第3シリーズ」第9話 あらすじ・ネタバレ!牙を剥く臨海エリアの闇!

「刑事7人 第3シリーズ」第9話

『刑事7人 第3シリーズ』第9話 あらすじ・ネタバレ!

主演:東山紀之

個性的なスペシャリストたち7人が帰ってきた!

テレビ朝日 毎週水曜 よる9:00~9:54

臨海地区に新たな勢力が現れる。
天樹はMという男から手紙を貰うが….

「刑事7人 第3シリーズ」第9話 の
あらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。
画像出典:http://www.tv-asahi.co.jp

スポンサードリンク

「刑事7人 第3シリーズ」第9話 あらすじ・ネタバレ

第8話はこちら↑

新勢力

「第11方面本部準備室」のメンバー・山下巧(片岡愛之助)が拉致され、行方不明となって数週間が経過していた。

臨海エリアを裏で牛耳り、莫大な権力を持つ大地主・馬久根恒義(山本學)が、山下の拉致にも関与していると思われる。

そんな中、室長・片桐正敏(吉田鋼太郎)の独断での指揮のもと、天樹悠(東山紀之)ら「第11方面本部」のメンバーは、管轄する臨海エリアの薬物カルテルを摘発。

だが、馬久根が事件に関与している証拠は何もなかった。

この動きを察知した警視庁内部監察官・島村唄子(久世星佳)は、以前こっそり偵察を命じておいた刑事・水田環(倉科カナ)に再び接触する。

片桐の不透明な動きを暴こうと暗躍するが、まだ報告出来ないと水田は告げる。


出典:http://www.tv-asahi.co.jp

刑事・青山新(塚本高史)は、彼の情報屋でもある昔のワル仲間・久喜鉄平(米村亮太朗)の元を訪れる。

久喜の裏情報のお陰で薬物カルテルを摘発出来たが、妻が妊娠したので店を畳んで近々脚を洗うといい、情報屋として最後のネタがあるという。

馬久根の所の裏組織を操っている男がいて、そいつは事件師・ロク(川口力哉)という男で、馬久根の汚れ仕事をすべて請け負っている。

この情報は、臨海エリアを裏で牛耳る馬久根の利権を狙っている新勢力の一つ【御厨(みくりや)】からで、その男は元傭兵で片腕がなく、通称・片腕のクマと呼ばれている。

その矢先、馬久根が報復に動き出す手下のロク(川口力哉)を使って情報屋の久喜とその妻を惨殺したのだ!

現場についた青山は、居た堪れない気持ちになり怒りが込み上げてくる。

「俺らが行う、馬久根浄化作戦の見せしめということか?」

沙村康介(髙嶋政宏)は顔を歪めるが、馬久根に繋がる証拠は何ひとつ見つかっていない。

一方、天樹はホームレスから【M】と名乗る人物の手紙を受け取る。ホームレスがいうには、体がデカくて片腕が無かったという。


出典:http://www.tv-asahi.co.jp

その手紙には、謎のURLとログインパスワードが記されており、アクセスすると馬久根が投資している企業の会計データだった。

海外の金融機関を利用した「マネーロンダリング(裏金資金洗浄)」の完結と、それを裏付けるデータの一部と思われる。

「これは、馬久根が直接犯罪に関与した、初めての証拠になるかも知れません~」

青山が【M】という人物は御厨だと思いますと告げるが、この情報には意図がある可能性があり、罠かも知れない。

「どんな手段を使っても、馬久根を倒す~それだけだー!」片桐はメンバー全員にそう告げる。

そんな時、不測の緊急事態が発生する。

天樹らの仲間だった刑事・永沢圭太(鈴木浩介)を殺した丸藤遼平(音尾琢真)が、東京拘置所から脱走する。

(この事件は、第2シリーズの第4話第5話です~リンクをクリックするとmadosotoに飛びます)

「なぜ、いま、このタイミングでー!」馬久根の件は片桐が探り、天樹らは丸藤の行方を追っていくことに。

因縁の場所

丸藤は東京拘置所に収監されていたが、所内で集団食中毒が発生し、特に症状の重かった丸藤は病院に搬送され、そこを狙って脱走した。

丸藤が脱走した防犯カメラの映像を見ると、裏組織の人間が映っているその中には、馬久根の手下ロクの姿もあった。

食中毒は馬久根の裏組織が起こしたもので、丸藤を使って天樹らを挑発しているのだろうか….

12係メンバーの家族の安全を確保するため、各自に警察官の護衛が付くように手配される。

天樹は妻と子を失っていたが、亡き妻・清の父である法医学教室の教授で司法解剖の担当でもある、堂本俊太郎(北大路欣也)にも護衛がついた。

「私にも護衛がつくのか~まるで戦争だなー!だが、忘れるなよ~君たちは兵隊じゃないー!」

堂本は、真実を追求する刑事であることを忘れないように、天樹に忠告する。

その頃、沙村の携帯に拘束された女性の画像がメールで届く。

その女性は、沙村がほのかに好意を寄せるスポーツジムのスタッフ・宮本あかり(ハマカワフミエ)。

同時に、逃亡している丸藤から連絡が入り、一人で来ないと女性の命はないといい、その場所は刑事・永沢圭太が突き落とされたビルの屋上だった。

一方、天樹らは沙村と連絡が取れない事を悟ると、沙村の一番近しい人物である宮本あかりの自宅に急行する。

アパートのドアは開いており、すでに彼女はいなかった。


出典:http://www.tv-asahi.co.jp

丸藤は、当時沙村に締め落とされて逮捕され、その事が屈辱だったのでもう一度勝負したいと言い出す。

沙村は、銃や警棒を捨てて素手で丸藤と勝負していくが、首を羽交い締めにされて万事休すかと思われた。

その時、拘束から逃れたあかりが鉄パイプで丸藤を殴りつけて沙村は助けられる。

その隙に、丸藤を背後から締め落として形勢逆転した沙村は、彼を逮捕する。

丸藤を取り調べて、ロクがいる裏組織の事が知りたかったが、彼は黙秘して何も話さない。

そんな状況だが、天樹には引っかかる事があった。

宮本あかりは自宅に帰って来た時拉致されたが、靴を履いていたので玄関で襲われたものだと思われる。

しかし、天樹らが彼女の家を訪れた時、玄関が荒らされた形跡はなかった。

それと、拘束されていた彼女は自力で縄を解いたが、犯罪のプロである丸藤が簡単に解ける結び方をするのは不自然だった。

宮本あかりと丸藤はグルだったのか…..?

あかりを取り調べると、やはり丸藤からお金を貰っていた事が明らかになり、演出だった。

「なぜ、俺を助けたんだー!」

計画を聞いた時、沙村が自分を助けに来てくれるとは思っていなかったが、来てくれたので嬉しくなり彼を助けたという。

過程はどうであれ、あかりに助けられなければ沙村は命を落としていたので、沙村は礼をいう。

反撃開始

宮本あかりのスマホ通信記録を洗うと、気になる記録が見つかる。

臨海商工出版という会社の代表者は黒石健次という男で、しかもそのビルのオーナーは馬久根だ。

「ついに見つけたぞー!」その黒石健次は、馬久根の手下のロクだった。

12係のメンバーはその会社に乗り込んでいくが、追い詰められたロクは毒を飲んで命を絶ってしまう。

「あいつの目的は、俺たちを闇に落とす事だったのかも知れない~」

天樹らは、馬久根に繋がる唯一の証人を失い八方塞がりとなる。

そんな時、ロクの会社から押収したパソコンから、山下が拉致されている映像が出てくる。

拉致現場を特定し、天樹と青山がそこに乗り込んでいくと、拘束されている山下を発見して彼の救出に成功する。

その後、山下が12係に復帰し、ロクの会社から押収したパソコンからは馬久根に関する情報は一切出てきていない。

「ジジイは、パソコン使わないからな~」片桐はそう言うと興味深い事を告げる。

「馬久根家では代々、日記帳に関係者とのやり取りを書き込んでいるらしい~」

それが悪事の証拠になるかも知れない~だが、それを手に入れるためには、何らかの事件で【ガサ入れ】する必要がある。

そんな折、再びホームレスを通して御厨からの手紙を受け取った天樹は、その中に入っていたUSBメモリーを一同に見せる

それは、馬久根が「マネーロンダリング」をしている証拠で、重要参考人として馬久根を引っ張る事が可能なものだった。

馬久根が犯罪に関与している証拠は、そのUSBメモリーしかなく、今が勝負所だった。


出典:http://www.tv-asahi.co.jp

彼は明日、臨海タワービルの落成式に出席する~「よし~全員揃ったー!反撃開始だー!」片桐は鼓舞する。

翌日、馬久根恒義を脱税の容疑で逮捕するため、12係のメンバーは臨海タワービルの落成式会場に向かう。

タワービルの駐車場で待ち伏せしていると、馬久根を乗せた車が来て彼を降ろす。

「馬久根恒義さん、脱税の重要参考人としてお話を伺いたい~」

天樹がそう言うと、警視庁第一方面本部長・岩下が立ちはだかる。

片桐が根回しをしているはずだが、何もきいてないぞ~と睨み付ける。

馬久根は逃げも隠れもしないので、落成式が終わった後、話を聞ききますから~と天樹らに告げる。

その時だった~車椅子に乗った男が現れて、いきなり天樹らに発砲してくる。

天樹は左肩を撃ち抜かれて負傷し、沙村が拳銃で男を撃って応戦する中、メンバーは拳銃を構えて緊張が走っていく。

【第9話 完】~次回、最終回へつづく~

スポンサードリンク


スポンサードリンク


「刑事7人 第3シリーズ」第9話 感想

新勢力の【M】が何者なのか、気になりますね。熊野ような片腕の男~天樹らの味方なのでしょうか?

今日の時点では、まだその正体は掴めていません。

でも、山下が無事に帰ってきてよかったです。私はずっと気にしてましたので、ホットしました。

物語はついに、馬久根との最終決戦が始まりました。

大臣や警察上層部も動かす、強大な権力を持つ馬久根ですが、果たして逮捕出来るのか?

次回は寂しいですが、いよいよ最終回です。どんな結末が待ち受けているのか、大注目です。

馬久根がどうなってしまうのか?

臨海地区に平和は訪れるのか?興味はつきませんね~\(^^)/

「刑事7人 第3シリーズ」第9話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です