「フリンジマン」第10話 あらすじ・ネタバレ!板野友美がお嬢様役で愛人候補に!

フリンジマン

土曜ドラマ24
「フリンジマン」第10話

主演:板尾創路

テレ東系 毎週土曜 深夜0時20分~0時50分

前代未聞の不倫 HowToドラマ!

教授がカラ出張中に田斉らは行動を起こす。
料理教室に潜り込んだ3人は….

「フリンジマン」第10話 の
あらすじ・ネタバレを紹介します。
画像出典:http://www.tv-tokyo.co.jp

スポンサードリンク

「フリンジマン」第10話 あらすじ

井伏真澄(板尾創路)が不在の愛人同盟たちに、

雀荘の常連客・夏美(MEGUMI)が料理教室は愛人が作りやすいと勧めてくる。

出会いを求めて入会する女性が多いという料理教室には、美しい女性ばかり…。

思わずニヤける3人の前に、もうひとりの男性生徒・江戸川雷人(東幹久)が現れる。

実は江戸川は麻雀にも来たことがあり…。

井伏の教えを実践し、女性を口説く3人と、彼らを見つめる江戸川。波乱の最終章が幕をあける。

「フリンジマン」第10話 愛人の原石

桐野夏美・・MEGUMI

フリンジマン
出典:http://www.tv-tokyo.co.jp

麻雀がやたら強い謎の美女

夏美は江戸川雷人の指示で愛人同盟の動向を探っている。

【主な出演】
『オンナミチ』『朝が来る』『刑事7人 第2シリーズ 第2話』『家売るオンナ 第9話』『不機嫌な果実スペシャル』ほか

阿川久利栖・・板野友美

フリンジマン
出典:http://www.tv-tokyo.co.jp

料理教室に通うお嬢様

田斉・満島・安吾が愛人探しで訪れた料理教室で出会ったお嬢様。

【主な出演】
『マジすか学園1.2』『桜からの手紙』『BAD BOYS J』『コック警部の晩餐会』『映画 のぞきめ』ほか

「フリンジマン」第10話 あらすじ・ネタバレ

第9話はこちら↑

料理教室への誘い

教授は表向きは出張中という事だが、カラ出張で愛人の原石探しの旅に出ていた。

田斉治(大東駿介)・満島(淵上泰史)・坂田(森田甘路)の3人は、いつも集まる「雀荘北」でグダグダしていた。

そんな時、メンツに入れてくださいと常連客の夏美(MEGUMI)が声を掛けてくる。

夏美(MEGUMI)は江戸川雷人(東幹久)の女で、愛人同盟の彼らを監視しているとも知らずに…

フリンジマン
出典:http://www.tv-tokyo.co.jp

4人で麻雀を囲むと、夏美はとんでもない強さで田斉らはカモにされてしまう。

「どうして、こんなに強いんですか~」

「あなたたち見たいに不倫の話ばっかしてないで、ちゃんと麻雀打ってますから~」

田斉らは愛人のことがバレバレで動揺するが「そんなに愛人が欲しいなら、これなんかどうかしら」と夏美はチラシを見せる。

それは料理教室の生徒募集の案内チラシで、出会いを求めて入会する女性が多いという。

田斉は、教授が帰ってきてからだと尻込みするが「俺たちだけでもやれるよ~」他の二人に感化されてしまう。

様々な法則の実習

翌日、3人は料理教室に申し込みに行くと、そこには美しい女性ばかりがいてまさに楽園だった。

そして、唯一の男性生徒である江戸川雷人と初対面する。

「よかった~男一人で心細かったんですよー!みんなに紹介しますね~」

3人は紹介されると、さっそく【ネクタイの法則】で様子を見る。(このストーリーは第5話です)

フリンジマン
出典:http://www.tv-tokyo.co.jp

【ネクタイの法則】・・・不自然でないギリギリの角度でネクタイを曲げて、ターゲットに会いにいき、相手の出方を見る方法。

男性のネクタイが曲がっているのを見た場合、たいていの女性は教えてくれる。

曲がっているネクタイを直接直しに来る女性は“愛人の原石”で、その愛人成立率は27%。

料理教室の先生に紹介されたが、誰もネクタイを直しにこないので失敗に終わる。

今日は料理ではなく、ワインのテイスティングの授業という事で、3人の歓迎も兼ねてみんなで乾杯する。

「よし、次はあれだ~」

飲み会などで乾杯をする時、あえて女性陣とグラスが当たらない位置に席を取る。

決して自分から乾杯をしに行ってはいけない~中には、グラスが当たるまであなたのグラスを追いかけてくる女性がいる。

その女性は愛人の原石となりうる。

【乾杯の法則】・・・乾杯時にグラスがぶつかるまで近づけてくる女性は、愛人の原石である。

乾杯の法則は効果が出て、3人の女性が田斉らに近づいてきてグラスをぶつけてくる。

阿川久利栖(板野友美)26歳~身につけている服などを見るとかなりのお嬢様だ。

湊谷かなえ(濱野りれ)29歳は、ナース。そして最後は、田辺恵子(華子)30歳~インテリアデザイナーで知的美人。

「ここからは個人戦だ~お互い正々堂々と戦おうぜー!」

愛人の原石が見つかったら、必ず二人きりでその女性と世間話をする。

僅かな時間でも、そのシチュエーションによって【擬似不倫体験】を作り出す事が出来る。

【擬似不倫体験】・・・二人きりの空間で世間話をし、相手と良好な雰囲気になる。(このストーリーは第1話です)

フリンジマン
出典:http://www.tv-tokyo.co.jp

坂田は、ナースの湊谷かなえをターゲットに選ぶ。満島はインテリアデザイナーの田辺恵子。

フリンジマン
出典:http://www.tv-tokyo.co.jp

会話では、まずターゲットのツボを押さえたキーワードを用意する。

ワイン通なら「マリアージュ」、観劇マニアならケレン味たっぷりなものなどを口にする。

それっぽい言葉を投げかけておけば、後はターゲットが一人で勝手に喋っていく。後は赤ベコの如く頷いているだけでいい。

【赤ベコの法則】・・・ツボを押さえたキーワードを投げかけ、赤ベコの如く頷き続ける事で玄人味を醸し出す。(このストーリーは第8話です)

フリンジマン
出典:http://www.tv-tokyo.co.jp

田斉は、一人でぽつんとしているワインが苦手なお嬢様の、阿川久利栖を選ぶ。

そんな彼女のために、田斉はシェーカーを振ってカクテルを作って上げる。

「凄い~カクテル作れるんですね~!」

久利栖(クリス)は大喜びするが、実は田斉が作れるカクテルはこの1種類だけだった。

【張り子のサーベルタイガーテクニック】・・・様々な分野の一部分を習得して披露する。愛人作りにおける逆境を一気に打破出来る高等技術。(このストーリーは第8話です)

そんな彼ら3人を見て、江戸川雷人が不敵に笑っていた。

教授の裏の顔

その後、田斉がルンルン気分で自宅に戻ると、妻の美知子(渡辺舞)が外出する所だった。

こんな時間に、しかも着飾って化粧もバッチリしていた。帰りは何時になるか分からないと言い残し、美和子は外出する。

「それ、絶対不倫してるよー!」

翌日、愛人同盟の満島らにそう言われて「まさか~美和子に限って…」田斉は疑心暗鬼に陥る。

教授に相談したいが、まだカラ出張中で帰ってこない。でも、カラ出張してどうして会社に怒られないのか?

満島は教授と同じ会社にいて、教授の事はよく知っていた。

「教授は会社では、全然仕事が出来きないんだよー!」

出来ないというか仕事をしないので、新入社員よりもひどく、よくポカをやって会社に損失を出しているという。

教授の会話術や作戦術は桁外れているのに、それを仕事に活かす事はせず、愛人作りに活かしているからだった。

会社を首にならないのは、女社長が教授の愛人ではないかと噂されている。

「嫁が不倫しているんだったら、好都合だよ~堂々と不倫すればいいだろー!」

坂田と満島は言い放し、田斉も開き直って愛人作りに集中する事にする。

フリンジマン
出典:http://www.tv-tokyo.co.jp

そんな中、夏美は麻雀をしながら彼らの会話を盗み聞きして、江戸川雷人に報告する。

教授がまだ出張中でいない事、田斉が妻の不倫を疑っている事~江戸川雷人は一体、何を企んでいるのだろうか?

ご褒美に夏美が大好きな「ハチミツ」を口にかけてもらい、彼女は甘美な世界に浸っていく。

【後半は~下から2ページヘ】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です